人気ブログランキング |

<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カブ70・マフラー修理&交換

Junz06さんのC70DX('98)が、先日のカブツーの際にマフラーが破損し、応急処置の状態で入庫して来ました。




a0279883_23360862.jpg
この車両は元々私がお譲りし、マフラーについても純正マフラーが破損したため、中古の社外製スラッシュカットマフラーを組み込んでおりました。



a0279883_23361509.jpg
今回の破損個所は…なんと3ヶ所!



a0279883_23362456.jpg
まずはヘッド取り付け部のカラーの溶接個所。キレイに剥がれております(^^;)


a0279883_23363724.jpg
続いてエキパイのヒートガードの取り付けナットの溶接部。
ここが剥がれたのは初めて見ました…。



a0279883_23364549.jpg
最後にマフラーステー、亀裂が2ヶ所走っています。
金属疲労と言うより、何か無理な力が加わっているのかな…。




Junz06さんと相談した結果、全て新品とする方向でまとまりました。

…しかし、幾多のカブツーを共に戦ってきたマフラーです、社外製のコピー品といえど鉄くずにしてしまうのは忍びなく…。
Junz06さんには内緒で修理することにしました。



a0279883_23371896.jpg
懇意にしている板金屋さんに持ち込み、見た目は気にしないのでガッチりと溶接してもらいました。


a0279883_23372329.jpg
a0279883_23372830.jpg
a0279883_23374801.jpg
こんな感じに仕上げてもらいました。
マフラーステーも1千円くらいしますので、直せるなら再利用がベターと思います。




a0279883_23500334.jpg
溶接の肉盛りが厚かったので少し均してみました。




a0279883_23513337.jpg
新品マフラー(似たような社外品:送料込み4,000円)は購入したので、今回補修したマフラーはスペアとして保管しておきます。


新旧マフラーの各部を比較してみます。



a0279883_23514362.jpg
エンジン側の内径は明らかに新品が細いです。
新:17mm
旧:19mm



a0279883_23514802.jpg
エキパイの外径は、新旧共に22mmでした。
という事は新品はエキパイが厚みのある構造であることが分かりました。



a0279883_23515849.jpg
テールエンドです、こちらは明らかに新品マフラーの方が広い!
新:19mm
旧:14mm
抜けは良さそうですが、音量に一抹の不安が残ります。



a0279883_23520489.jpg
その他、仕上げは新旧互角といったところ、新品(上)のほうが溶接個所が多かったです。



材料が整ったので、Junz06さんに再度入庫してもらいました。


a0279883_00241825.jpg
予備で取って置いた純正マフラーを仮に付けておいたので外します。

※こちらも以前に溶接補修したものなので、強度的な不安が残るためあくまでもエマージェンシー用です




a0279883_00053653.jpg
新品マフラーを装着し、私のリトルと2台で試走行、道の駅つちゆへ到着!
やはりこの方にお会いしました、HAYABUSAでお越しのyoshidonさん
これからタイヤ交換との事でした。




a0279883_00054202.jpg
さて、新品の社外マフラーは干渉箇所もなく、ほぼポン付けで装着が可能でした。
ただ、私的に残念な事は音量が結構大きく(野太い重低音)なってしまい、ジェントルさが薄れてしまったことです。



a0279883_00054734.jpg
しかし、純正マフラーが1万円超えという事を考えると、コストパフォーマンスを考えるとありかなと思います。
これにつきましてもJunz06さん、実証データをよろしくです(^^)




にほんブログ村
by love_cub | 2018-09-30 00:31 | カブメンテ | Comments(1)

YMCF Cubサミット

9月16日(日)、福島市の摺上川ダム梨平公園にて開催された、「YMCF Cubサミット」へ参加しました。

当日は雨天の心配がされましたが、開会直前に快晴となる絶好の秋晴れとなりました。
場所は一本道なので迷うことなく到着できました。ダム管理センターの駐車場と間違えないよう、ポスターの掲示があったり、R399からの入口~会場まで数名の誘導係を配置し、駐車場所までキチンと誘導される親切対応、きめ細やかな対応がありがたかったです。


a0279883_01010521.jpg
参加料は無料、受付をすますと番号札を受け取り、車両に括り付けます。
私の番号は108番、「煩悩の数」と同じでとても気に入りました(^^)

誘導頂いたスタッフさんにだいぶ詳しい方がおられました、誘導しながら私の車両を見るなり「2005年式リトルカブSpecialですね」
凄い!かなりマイナーなモデルにもかかわらず正確な判別! タダモノではない雰囲気が。
身支度を整えているとマー☆SANに挨拶頂きました、先日の筑波山ツーではお世話になりました。
周りを見回すと、カブミーの常連さん達の顔も続々お見かけしました。



a0279883_01030547.jpg
開会の時刻になると、主催されているヤナギモーターサイクルファクトリーさんよりご挨拶が


a0279883_01031254.jpg
協賛されている各地のカブクラブさんからもご挨拶がありました。
この後集合写真を撮影し、開会と相成りました

a0279883_01033559.jpg
ドローンによる空撮もされるなど、撮影の機材関係は本格的なものでした!



a0279883_01032052.jpg
こちらは主催者さんの関係車両と思われます、かなりハードなカスタム車両もありました。


a0279883_01364361.jpg
かなりの台数のカブが集まりました。


a0279883_01365089.jpg
すぐ隣がダム湖と撮影するにもロケーションが良く、静かな環境はカブ談義にも集中できます。
会場には200台くらいのバイク集まったと思います、カブ以外の車両は外環スペースが割り当てられておりました。



さて…、久しぶりのカブミーティングを満喫すべく、私は個人的趣味の車両観察を…(^^)



a0279883_01455303.jpg
初期のC50行灯、年式('69?)を考えるとキレイ過ぎる!グッドコンディションです!
レッグシールドのつぎはぎ具合が良いアジを出しています。



a0279883_01460340.jpg
'86頃のC50、一見サビサビのローダウン仕様に見えますが、クランクケースだけピッカピカ!
こういった楽しみ方もカブならでは(^^)



a0279883_01460836.jpg
ゆーぱぱさんのWave125i
カブに比べるとスタイリッシュなデザイン、強力な動力性能が魅力、でもれっきとしたカブの仲間です。



a0279883_01464750.jpg
CL系のフロント周りを流用してテレスコ化したヨッシさんのカブ90DX
写真では確認できませんが、リヤキャリアは跳ね上げ式でライセンスプレートのステーも兼ねる質の高いもの。EgはCD90用




a0279883_01471762.jpg
きてぃさんのリトルカブ
本人のコスプレが話題をさらってしまい、車両についてはキティ仕様のイロモノと思われがちですが、実は考え抜かれたカスタムが随所に見られるロングツーリング仕様です。レッグシールドはリトル用ではなく、あえて長めのDX系のものを装着。補助灯も装備しあらゆる天候に対応!



a0279883_01474700.jpg
これは希少なCM90!
それもグッドコンディション、幻のカブを大切に乗られていますね。


a0279883_01481743.jpg
ホイールやエンジンがピカピカのC100
サブタンクの仕上げが美しい!


a0279883_01484746.jpg
このC100は初見ですが、極限まで骨組みに近い超スパルタン仕様、…カッコ良過ぎる。
手動クラッチ、それもラージケース?ポン付けはできないはずですが…
誰か詳しい方教えて下さい(^^;)



a0279883_01513540.jpg
こちらはC90カスタム三連星、統一感がありカッコ良かったです
Fブレーキは全車ビッグドラム!



a0279883_18291735.jpg
TRAIL110('86)
豪州仕様のCT110が最近まで販売していたのに対し、「TRAIL110」のペットネームで人気を博した北米仕様のこのモデルは'86で生産を終了します。
特徴として、折りたたみ式ハンドルやチャコールキャニスター、オープンタイプのチェンケース、リフレクタやテールランプが異なります。
サイドカバーやフレームカバーのロゴなど、豪州仕様とはまた違った味わいがあります。



a0279883_18292566.jpg
yoshidonさんのリトルカブ(ホンダ50周年Spl)
いつ見てもピカピカなリトルカブですが、実は20年前の車両となります!
88ccボアアップ以外はほぼノーマルですが機体の軽さと相まって峠での速さは必見です(^^)


a0279883_18293115.jpg
カモメC70がベースのダート仕様カブ
サバンナグリーンメタリック(希少色)、リアキャリアはDX-Ⅱのものでしょうか。
レッグシールドの思い切ったカットが素敵です。




a0279883_18293889.jpg
C90DXのキャンパー仕様
オーナーさんはMTX200Rもお乗りでダート好きとのことです。カブ90でもダートを走られるようにとこの仕様ですが、私はどうしてもフロントキャリアのや各所のキャンプ用品の収納技に目が行ってしまいます、Fフォークにしゃもじだし、スイングアームにスコップですよ!(^^)
a0279883_18294882.jpg
反対側です、これだけのキャンプ用品を効率的に積載するとは…まさに達人です。




a0279883_18295346.jpg
綺麗なオレンジが目を引くC50STD、年式は'82頃の車両、オーナーさんはなんと16歳の高校生!
塗装は缶スプレーとは思えない仕上がり、ウインカーは配置替え&前後LEDでハザード機能も組み込まれています。
前後サスはローダウンされ、地表スレスレエキパイ&GPマフラーがレーシー、エンジンは黒塗装でヘッドのフィンのみアルミ地を出してアクセントに。
a0279883_18300018.jpg
レッグシールド内側にもこだわりが、三連メーターやUSBソケットなど、綺麗にまとめられています。
この若さでここまでカスタムするとは脱帽です。ホンダさん、カブ界に有望な新人さんが現れましたよ~!(^^)



a0279883_18302496.jpg
C90M(またはC90M-DX)?('68~'73)
重厚感のある行灯C90、このカラーは初めて見ました。
文献で調べたところ「シャーウッドグリーン」と思います、この時代のC90セル付きの専用色でした。(セルの有無は未確認です、違っていたらゴメンなさい!)
なお、90系統にはアンチノーズリフト機構がCM90('64)からC90M-DX('73)まで備わっていました。



a0279883_18303042.jpg
手前:リトルカブSpl('98)、 奥:C125('18)
発売間もないC125で登場したのはカブ界の巨匠ベスパンさん、手前のリトルSplは394さん
到着時から黒山の人だかりだったベスパンさんとC125、かなり精巧かつ品質の高い仕上がりに皆さん興味津々でした(^^)




a0279883_18303873.jpg
この日、ゲスト出演のぴっちょりーなさんのリトルカブ(サイドカー仕様)
ご本人はYouTubeにおいても「戦え!ぴっちょりーな」のアカウントにて活躍中のサバゲーアイドル…で合っているでしょうか(^^;)
終始MCに加り会場を盛り上げていらっしゃいました。

気になる車両については(私だけかな?)、リトルカブ(スーパーカブ生誕55周年記念)スペシャル('13~'14)と思われます(ひよこさんのと色違い)
なお、隣の小ちゃなワーゲンバスが側車のもよう、これが走ってきたら皆さん釘付けですね(^^)



楽しい時間はあっという間に過ぎ、1時間30分くらいで終了となりました。(公園を借りている時間が12時までだったこともあったようです)
最後に各賞の発表があり、私のリトルカブがYMCF賞を受賞するという事態となりました。
いち参加者として楽しませて頂き、更に賞だけでも光栄なのに、オイル、ゾイル、バンダナやステッカーを頂いてしまいました。
ありがとうございます、有効に活用させて頂きます。

主催者さんの閉会の挨拶では、来年も実施する宣言がありましたので、第2回にも期待しちゃいましょう!

ダム湖のほとりでのひっそりとしたミーティング、落ち着いた雰囲気でカブオーナーさんとの交流に重きを置いた実に好ましい雰囲気でした。




にほんブログ村
by love_cub | 2018-09-17 22:32 | カブミーティング | Comments(8)

第7回あだたらカブミーティング/事前エントリーは9/15より

第7回カブミーティングの事前エントリーの件について記載致します。

第7回あだたらカブミーティングについては、以下のとおり開催予定です。

・とき: 2018年10月7日(日)10:00~12:00頃 (9:00受付開始)

・場所: 大玉村ふれあい広場(安達郡大玉村大山字新田10)

・料金:無料
・内容:愛車撮影、人気投票、チャリティバザー
    ※例年どおりの構成を考えております


≪事前エントリーについて≫ 

前回同様、事前エントリーも受付致します。
・受付期間:9月15日~10月5日
 ※9月14日(金)の深夜に事前エントリー記事をアップしますので、そちらからお進みください

 ※当日のエントリーもございますが、受付にて番号札を受け取るだけの事前エントリーをどうぞご利用下さい(^^)

3連休の中日とあり、休みが取り難い方もおられるかと思いますが、お時間の許す方心よりお待ち申し上げます。



にほんブログ村


by love_cub | 2018-09-11 23:31 | あだたらカブミーティング | Comments(4)