人気ブログランキング |

<   2017年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

カブ(C70DX)EXスタッドボルト救出

junz06さんのC70DX、作業依頼を受けました。


a0279883_22251454.jpg
この車両は私の好みでチューニングした個体(元々は私より譲渡)であり、私自身お気に入りの一台であります(^^)



a0279883_22252592.jpg
昨年の「80cc+4速化」にてポテンシャルアップを遂げましたが、その余波が影響してかマフラーのスタッドボルトが折れてしまったのです。
自走で入庫された時に響き渡った排気漏れの音、何とも切ない気持ちになりました…。このままではエンジン及び車台にも悪影響が及んでしまいます。

早速摘出手術をプランニングしなくては(^^)

a0279883_22253066.jpg
さて、マフラーを外すと損傷の全容が見えてきました。
スタッドボルトは完全にシリンダーヘッド内で折れていました。

作業ランク:ステージ1
先端が少しでも飛び出していればペンチなどで回すことができましたが…そう簡単にはいかないようです。


作業ランク:ステージ2
逆タップ(エキストラクター)を使って救出する。


a0279883_22254920.jpg
折れたボルト救出のための専用工具、私は「逆タップ」と覚えていましたが、正式には「エキストラクター」という名称です。
買い置きがあったので試してみることにしました。


a0279883_22253899.jpg
まずはドリルでボルト中心部を穿孔していきます。
折れたボルトはM6サイズなので、ネジの山の部分が6ミリ、谷の部分が5ミリ程です。
エキストラクターのサイズに合わせ、まずは2.5ミリで穿孔します。


a0279883_22255438.jpg
ここにエキストラクターを挿入し、左回ししましたが…びくともしません。


a0279883_22260149.jpg
ハンマーで少しショックを与えてみましたが、かえってネジ山を潰してしまうことになりました…。
ま…特売品のエキストラクターでしたので…。


作業は一旦中断、もう少し丈夫なエキストラクターを探しにホムセンへ行くことに。
a0279883_22260784.jpg
ありました、対応ボルト&下穴もちょうど良い感じです。


a0279883_22262464.jpg
今度は慎重に…、バーナーで入念に暖め、固着を緩和させます。


a0279883_22262903.jpg
エキストラクターを打ち込むと…今度は手応えあり!ボルトが回りはじめて…、

a0279883_22264371.jpg
無事に抜けました!


良かった…、これで救出できなければ…、

ステージ3
ボルト直径と同じドリルで穿孔し、再度ねじ山を再生する
→しかし相手方はヘッドなので失敗時のリスクを考えると安全面からなるべく避けたい(^^;)

ステージ4
更に一回り大きなドリルで穿孔し、リコイルする。
→こちらも高い精度が要求されます。

と、作業難易度が深まるところでした(^^;)


a0279883_22265216.jpg
折れたスタッドボルトは六角レンチで回せるタイプへ変更しました。(junz06さんの持ち込みパーツ)



a0279883_22265931.jpg
これで完成、ネジ山にも異常は無く、しっかり締め込みできました。



…さて、これで完成のはずでしたが…、

a0279883_00223708.jpg
実はマフラーを外した時、ガスケットが出て来るはずなのですが、実際出てきたのはこんなモノ↑です。


a0279883_00224287.jpg
厚さ僅か0.3ミリのワッシャ状の物体です。マフラーガスケットの残骸でしょうか(^^;)



a0279883_00225641.jpg
正常なガスケットとの比較、いくら締め込んでもここまでは薄くなりません(^^;)
恐らくスタッドボルトが折れ、マフラー脱落した時に分解したガスケットが一緒に落ちてしまい、残骸だけが残った感じでしょうか。


a0279883_00224849.jpg
junz06さん、とりあえず持ち合わせのKITACO製ガスケットを使用しておきますね。



a0279883_00231103.jpg
前回ヘッド組から何度かツーリングをしたようなのでバルブクリアランスもチェックすることに。
IN側が僅かに広がっていたようなので調整しておきました。


これで完成、排気漏れも無くなり慎ましいエンジン音が戻ってきました(^^)




にほんブログ村



by love_cub | 2017-07-31 00:39 | カブメンテ | Comments(9)

第6回あだたらカブミーティング(9/17)のお知らせ

さて、本年のあだたらカブミーティングのお知らせです。



a0279883_23125640.png
第6回あだたらカブミーティング

・とき: 2017年9月17日(日)10:00~12:00頃 (9:00受付開始)

・場所: 大玉村ふれあい広場(安達郡大玉村大山字新田10)




a0279883_10302955.jpg
a0279883_10304374.jpg
a0279883_10305014.jpg
a0279883_10342316.jpg
↑写真は昨年(第5回あだたらカブミーティング)のものです。激しい雨の中135台のエントリーを頂きました。
 ※ラストの写真は人気投票1位となったガーさんのJA07Pro




※国道4号沿いの分かりやすい場所です(昨年と同じ場所です)






「小さなカブで、大きな仲間の環を」の想いで始めたローカル・カブミーティングも第6回となります。
※もはやマンネリの極みでございますが、今年も開催することに致しました。
純粋にミーティングを実現することが本旨のため、参加記念品や抽選会等一切ございません。カブ好き同士が集まって親交を深める場の提供を第一に考えております。


・入場&参加料については、一切無料です。
・参加者が投票するカブコンテストを実施します。
・チャリティーバザー実施予定です。※カブやバイク関連で提供頂けるお品(※強制ではありません)があればご協力お願いします



≪カブコンテストについて≫ ※基本全員参加となります
 エントリー条件は、
 ①カブであること ※注:参照
 ②1人1台のみ
 ③エントリー料は無料(賞品はございません、名誉だけと思ってください!)

※注
:エントリー可能なカブについて

・ホンダが販売した「カブ」の名称を有する車両、もちろんCT、CA、タイカブ系もOKです。
・公序良俗に反した改造車ではないこと。
・エントリー可否については主催者の判断とさせて頂きます。



≪チャリティーバザーについて≫
 カブやバイク関連のお品を持ち寄って頂き(強制ではありません、無償でご提供できる範囲で結構です)、オークション形式のチャリティーバザーを開催します。

・廃品ではなく、使用しないが欲しい人はいそうな品、困ったときはお互いさまの気持ちでご提供お願いします。
・1人1品で結構です。また、お持ち戴けなくとも参加は可能です。
・カブで積んで帰られる程度のもの(車両やエンジンなど大物はご遠慮ください)
・収益についは本ミーティングの運営経費と、未来のライダー達のために役立つ事に使いたいと考えております。



≪お願い及び禁止事項≫ ダメ!絶対!
・会場の芝生内ではエンジンOFF、押し歩きをお願いします。
・会場内での事故、転倒などについては一切自己責任でお願いします。
 ※特に小さいお子様がバイクに近づくと大変危険です、保護者の方におかれましては、目を離す事の無いよう願い致します。
喫煙は指定された場所(直売所脇等)のみとし、吸い殻のポイ捨ては絶対にしないでください。

以上が守られない場合、退場及び以後は出入り禁止とさせていただきます。
このミーティング会場を借りるための最低条件につき、ご理解をお願い申し上げます。



≪事前エントリーについて≫ 

前回同様、事前エントリーも受付致します。
・受付期間:9月1日~9月14日
 ※事前エントリーの記事からお進みください。(8月31日の夜にアップ予定です)



3連休の中日とあり、休みが取り難い方もおられるかと思いますが、お時間の許す方お待ち申し上げます。



≪問い合わせ先≫
メール:s_cub_akm@yahoo.co.jp (あだたらカブの会 事務局)
℡090-8252-5927 (会長:渡辺)


にほんブログ村
by love_cub | 2017-07-25 10:48 | あだたらカブミーティング | Comments(6)