人気ブログランキング |

<   2016年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第28回あだたら健康マラソン大会・先導

11月5日(土)
第28回あだたら健康マラソン大会が開催されました。
※前回大会まで、開催日については、11月3日(文化の日)を固定として開催されていた本大会ですが、今回は土曜日開催(恐らく来年以降も)となりました。


a0279883_00181190.jpg
村の小さなマラソン大会ですが、この日の参加者は公式発表で1001人!と、初の千人越えを達成しました。
この大会におけるランナーの先導役を当カブの会が担当するようになり3年目となります。
※過去の先導の様子については、↓以下記事↓をご参照下さい
 2014年(第26回大会)の先導の様子
 2015年(第27回大会)の先導の様子


バイク好き、カブ好きの私たちにとって、カブでマラソン大会の先導をすることは、たいへんに名誉な事であり、今後も大切にしたい事であります。
しかしながら、大会の主役はあくまでランナー皆さんであります。
当会としましては、より安全で確実な先導をすべく、地道に準備をしてまいりました。


a0279883_00212061.jpg
先導する回数は前回までと同様、エントリークラス別の17
これに先導車両が走る1分前に、コースの上の安全確認をする「先行」車両が毎回走ります。
なので、17回×2台=34回 はコースインすることになります。

加えて2、3、5kmのコースの最初には、「観察」走行という、コースの確認(係員配置など)をする車両を走らせなければなりません。
都合、34+3 =37回の走行をすることになります。

ここまでなら昨年と同様なので、なんら問題ないのですが…、
実は今回、スタート間隔の一部が、従来の10分→5分へ変更となる過密スケジュールになっていました。

a0279883_00362376.jpg
赤い囲みが5分刻みでのスタートとなります。昨年までは全て10分のインターバルがありましたので、やや余裕がありましたが、今回はどうなるか…と心配しておりました。
5分刻みとなる小学3年の2kmのタイムは8分~12分程度、もちろんこれより遅い子だってたくさんいます。5分刻みになることで、確実に前のクラスの最終走者を追い抜く状況が発生します。
大会本部からは「クラクションで注意を促して…」と指示を受けましたが、それはちょっと乱暴なので、先導する者が声掛けして知らせる方式でにすることにしました。



大会に先立ち、試走も行ないました。
a0279883_00455059.jpg
この時は、私のリトルは代車としてjunz06さんに貸出中だったので、セローにしました。
偶然にもT田もセロー225(恐らく同年代の)で試走していました。


そう、私のリトルが手元に戻ったのは、実は大会当日の朝でした(^^;)
a0279883_00193454.jpg
急いでレッグシールドを純正に戻し、集合場所へ急行しました。
※カブは会長からも借りられたのですが、やはり乗り慣れた自分の車両が良いですね。



そして大会当日、7:00に駐機所に集合
今回、先導車両である事が視覚的に分かるよう、パネルを貼りました。
a0279883_00182236.jpg
前には「先導中」


a0279883_00182806.jpg
後ろは「先導車」としました。


a0279883_00533515.jpg
また、先行及び観察走行の時は「確認中」の表示を上に貼って対応しました。

沿道の応援者へ、カブがなぜコース上を走行しているのか分かってもらうようにしました。


今回の先導は4台で回します。最終打ち合わせ、コース下見を終え、あとはスタートを待つばかりです。



a0279883_00184440.jpg
9:00、最初の先導、小学校1年男子がスタートします。
先導はmuboのクロスカブ(この先導用に購入を決断)、最新のカブは静かで良いです(^^)


a0279883_00185233.jpg
小1男子、スタート! みんな頑張れー!
※肖像権の関係で画像処理を行っております

a0279883_00190056.jpg
沿道からも声援が飛びます。


a0279883_00190758.jpg
ゲストランナーに大玉村公式観光PRキャラクター「たまちゃん」の姿も(^^)



a0279883_00191680.jpg
各クラス着々とスタート、これは小2女子で、この後から鬼門の5分間隔でのスタートになります。

5分後にスタートした小3男子は、1.2km付近で前走の最終走者に追い付きましたが、これといった錯綜事案はなく、無事にゴールまで誘導することができました。



この日は天候に恵まれ、快晴と言って良い天気でした。ただし気温は低く、シールドを上げて走ると冷たい風がキリリと肌を刺しました。
先導速度も15㎞/h前後とあり、油温が60℃を上回ることなく終始オーバークール気味(オイルクーラー無し)で推移しました。
ゆっくり走ることの難しさを改めて実感した先導でした。



a0279883_00183818.jpg
さて、一人で先行の役を担った会長cubmoの車両(左)も、私と同リトルカブ('05プコブルーspl)でした。

先導の待機所に停めておいた時に、応援の方に「何千台限定のうちの2台ですね~」と、以前ブログに書いたことを声掛けされ、ドキっとしました(^^;)
最初は会長の知り合いかな…と思っていたのですが、後で会長に「知り合いですか?」と聞いたところ、「いや、初めて」との事でびっくり。

カブ好きしか見ないと思っていた本ブログですが、マラソンの記事から入られた方もいるのだなと感じた次第です。村内の方が見ていると思うとちょっと気恥ずかしい感じです。


全て先導が終了、今年から閉会式が無くなった大会も片付けモードへ、しかし会長cubmoの姿が見えません。
しばらく待っていると、10kmの部の最終走者の先導をしながら帰ってきました。そこまでは先導係の役割ではないのですが、カブならではの機動性を活かした役目を果たしたいという気持ちからの行動でした。


先導役という花形を任され3回目、何度やっても光栄な事であると感じております。
村の小さなマラソン大会ですが、徐々に「先導=カブ」のイメージが定着されつつあり、嬉しい限りです(^^)





にほんブログ村


by love_cub | 2016-11-06 01:55 | Comments(4)

セロー225WE・クランクオイルシール交換

a0279883_22190353.jpg
先日の林道ツーの前に突然のオイル漏れで無念のリタイアをしたjunz06さんのセローですが、ようやく修理が完了しました。



a0279883_22184541.jpg
Fスプロケの裏側にあるオイルシールが飛び出してしまったのが原因です。
セロー225の持病の一つらしく(といっても20年前の車両なので経年劣化ですね)、ここは素直に交換することに。


a0279883_22191327.jpg
早速純正部品を取り寄せました。右が新品です。
外径を測ると0.1~0.2㎜ほど肉痩せしていました。中心のシール部もすり減っているように見えます。


a0279883_22192002.jpg
シール部にキズを付けないよう、マスキングテープで養生しながら挿入しました。
C90改さんからの情報頂きました、再発防止策としてクランクケース側を入念に脱脂し、ボンドを塗ってズレ止めをしてみました。


オイルは交換したばかりでしたが、漏れてだいぶ減ってしまったので交換しました。
a0279883_09554812.jpg
Gulf ブレイズ10W-40、JASO:MAです。
純鉱物油ですが空冷エンジンの古いバイクにはマイルドな特性でちょうど良いと思います。


a0279883_22193620.jpg
ついでにオイルフィルターも交換しておきました。これは在庫がたんまりとありましたので…押し売りです(^^)



さて、オイルにまみれてしまったタイヤですが、見るに堪えないので交換してあげることに(^^)

a0279883_22195259.jpg
と言っても私のお古のタイヤがあったので再利用しただけです。
銘柄は同じTR-011Tourist、現在チューブを入れていますが、元々セロー225WEはリヤチューブレスなので、今回は本来のチューブレス仕様に戻すことに。



a0279883_22200772.jpg
タイヤを外し、私の225Wのホイール(左)との比較です。
225WE(右)のホイールはビード落ち防止のため内側にもリブがポコンと立っています。
これが曲者で、タイヤ交換の際は手やレバーだけではなかなかビードが落ちてくれません。

今回はビードブレーカーを使用しましたのですんなりいきましたが、これが山の中だったらかなり苦戦すると思います(^^;)



a0279883_22201682.jpg
チューブレスにすべく、ビードが接触する部分は入念に磨き込みました。



a0279883_22202206.jpg
バルブも新品に交換しました。


a0279883_22210044.jpg
これでOK、山も少し増え、あと500㎞くらいは走られそうです。
…と言いますかjunz06さん、この山では前に進まなかったでしょ?



さて、不要になったチューブですが、保管して置こうと思い、エア漏れのチェックに空気を入れてみたところ…

a0279883_22203536.jpg
こんな感じでいびつに膨らんでしまいました、まるで動脈瘤です。奥側は正常なチューブ。

空気を入れる前、オイルでしっとりしているな…とは思ったのですが、かなり劣化していたようです。
すり減って薄いところもあったりと、もう再利用はしないほうが良いと判断し、廃棄しました。
junz06さん、しばらくはチューブレスで行きましょう!(パンクキット買っておいてね!)



a0279883_22455553.jpg
チェーンはもう伸び伸び&ガタもあり限界ですね、スネイルカム(アジャスター)が7(9までありますが、通常は5くらいまでしか見たことありません)まで来ても伸び伸び状態です。
次のタイヤ交換の時には一緒に替えましょうね(^^;)


a0279883_22460456.jpg
これにて完成、あとは試走をして異常無ければお渡しできます。 →異常なしでした!

早速林道行く?





by love_cub | 2016-11-01 23:01 | セロー225 | Comments(6)