人気ブログランキング |

<   2014年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大島からの贈り物

伊豆大島のvoncubさんより、嬉しい島便りと贈り物が届きました。

縁あってvoncubさんのCT110をお預かりしておりますが、動態確認と言いつつ私が楽しんで乗っているだけなのでお気遣いは無用でございます(^^;)



大島からの贈り物_a0279883_23365573.jpg

頂いたのは全て島の香りのする逸品の数々でした。


盛若 は、大島の更に南の神津(こうづ)島産の麦焼酎です。

大島からの贈り物_a0279883_23524137.jpg
※神津島、↑ここです
自分では一生涯行くことはないほど遠くの島の焼酎と思うと手元にあるのが不思議です(^^)

大島からの贈り物_a0279883_23372531.jpg
焼酎でありながら樫樽仕込みのため、ウイスキーのような風味を楽しめるとのことでした。

確かに何も聞かされずに飲むとウイスキーの味が!
クリスマスだと言うのに妻と一緒に焼酎で楽しんでしまいました(^^;)



椿あげ は大島特産の椿油!で揚げたおかきです。

大島からの贈り物_a0279883_23371078.jpg
もしや整髪用の椿油の香りがするのでは・・・、と思いましたがそんな事はありませんでした(^^;)
カラっと揚がった食べ応えのあるおかきです。カレー味も美味しかったです。


あぶりのり(磯のり)も大島産です。
私の大好物(^^)、浜へ行くと大抵買って帰りますのでこれはありがたいです。



普段手にすることのできないお品の数々、ありがとうございました。

CT110は元気にしております。

大島からの贈り物_a0279883_23374556.jpg
※↑洗濯物干している訳ではありません(^^;)
現在は冬眠に入りましたが、乗られるチャンスがあれば真っ先に出動できるポジションにあります(^^)


大島ではお仕事、子育てに奮闘されていることと思います。
今後もブログでの大島の紹介、楽しみにしております(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-12-26 00:36 | Comments(6)

動態確認/CT110

最近エントリーが滞っており、久しぶりの投稿です。
雪が降ったことでバイクに乗られなくなったこともありますが、ちょっと間を空けるとブログから遠ざかってしまいますね(^^;)
仕事が忙しかったこともありますが、こうしてバイクに乗られない時は代替機種の検討(単に現実逃避です)などを考えてばかりいました。

動態確認/CT110_a0279883_16171727.jpg
さて、今日は気温が上がりませんでしたが日中の陽射しが雪をとかしてくれたので、久しぶりにCT110の動態確認に出掛けました。

久しぶりの始動でしたが、チョークであっけなく目覚めたエンジンは相変わらずトルクフルでゆったりと身体を運んでくれます。
ここのところjunz06さんのC70だけを乗っていたので、やはり力があるなぁと感じます。


動態確認/CT110_a0279883_16172891.jpg
多少の雪道でも走ることができるのが頼もしいですね。


そのままふらっと会長cubmoの家へ、運良く在宅でした。
動態確認/CT110_a0279883_16174205.jpg
天気が良いのに珍しいなと思ったら留守番を頼まれていたとのことでくすぶっておりました(^^)
動態確認/CT110_a0279883_17260490.jpg
会長曰く好評の ウェルカム・プコブルーも健在でした。
乗って良し、飾って良し。 やはりこのリトルは絵になりますね。


何を話す訳でもありませんが、カブやバイク談義で盛り上がってしまいました。


会長宅にCT110のユーザーマニュアルがあったので見せてもらいました。
その中には
・オーストラリア郵便仕様/副変速なし
・オーストラリア農耕仕様/副変速あり
・ニージーランド農耕仕様/副変速あり
の3タイプの記載がありました。(北米仕様はTRAIL110なので別モデルとなる)

この中で一番流通していると言いますか、日本のユーザーに人気があるのがニュージーランド農耕(AG)仕様を公道でも走行可能にしたモデルだと思います。
会長の2台のCT110含め、本会会員所有のCT110は全てNZのAG仕様と思われます。

今回はオーストラリア郵政仕様が話題となりました。

動態確認/CT110_a0279883_17005261.jpg
この オーストラリア郵政仕様のCT110も少量輸入されているようです。
※さすがにカゴやPマークは無く、ウインカーも正規位置ですが


副変速は一般道ではあまり使い道が無いためか、郵便使用には設定がありません。
また、その他の相違点としては、
・チェンケースがオープンタイプへ
・大型エンジンガード
・大型サイドカバー(右)
・小さ目のテールレンズ
・電装が12V化
・タイヤがロード向け
・エキパイカバーが黒い

などが挙げられ、トレール角にも差異があるようです。

普段使いだとこのオーストラリア郵政仕様のほうが使い勝手が良いかもしれませんね。
と、今回はCT110を愛して止まないcubmoの語りが止まりませんでした(^^)



帰り道、 6666.6kmのゾロ目となりました。
動態確認/CT110_a0279883_16174917.jpg
連れ出しやすいので距離がついつい進んでしまいそうな予感です。voncubさんご勘弁を(^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-12-21 17:30 | CT110 | Comments(4)

カブ70・メンテ完了&納車

カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23435111.jpg
junz06さんのC70DX、長らくお預かりしておりましたが、メンテもようやく完了し無事引き渡しとなりました。


カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23450125.jpg
カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23454846.jpg
最初はマフラーが折れた事による修理の予定でしたが・・・、


カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23462355.jpg
カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23471345.jpg
エンジン腰上O/Hに端を発し、


カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23492050.jpg
クラッチO/H


カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23465197.jpg
ポート(ちょい)加工


カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23484516.jpg
エアクリーナ吸入口拡大、


カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23510561.jpg
FサスペンションO/H、



カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23512449.jpg
リアスプロケ&タイヤ交換



カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_00102597.jpg
キャブセッティング、



カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23495739.jpg
カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_23475754.jpg
試走に次ぐ試走
※職権乱用で400㎞(^^;)



カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_00131030.jpg
で、ようやく完成となりました。


今回、かなり大がかりなメンテとなりましたが、基本的にはバラして組み直しただけなので性能向上は何一つしておりません。
エンジン周りだけで消耗パーツは1万円程(全て純正部品です)かかっておりますが、ピストンリングすら交換しませんでした。

1万円あれば安価なボアアップキットが買える値段ですのであっという間にパワーアップできるところですが、オーナーであるjunz06さんはそれを好みませんでした。
カブ70の公道での必要にして充分な性能に満足しており、72㏄という純正排気量のフィーリング大切にしたかったのです。

今やライトチューンと言われるボアアップキットですら75㏄からしかなく、72㏄は値の張る純正ピストン&シリンダーを使用するしかありません。
絶対的な出力の向上には排気量アップしかありませんが、パワーアップするほど大味になり、純正の心地良いフィーリングが薄れて行くのはもったいないと感じていました。

カブツーに参加すれば常に最小排気量だったjunz06さんのカブ70、正直そろそろボアアップも視野に入れているのかなと思っていましたが、乗り込むほどにカブ70の魅力を感じていたそうです。
非力なカブ70でパワーに勝るカブ群について行くためにいかに失速させずに走らせるか、カブツーでのそんな楽しみにも気付いてしまったそうです(^^)


今回はそんなノーマル70の良き理解者であるjunz06さんのお手伝いをしてみたくなった次第です。

元々私自身が乗るつもりで入手&カスタムを手掛けた車両なので、感情移入度も激しかったかもしれません。
カブ70シリーズの最終モデルとなる、 スーパーカブ70DX('98)

あのタイミングでjunz06さんにお譲りできてこの車両も幸せだったと思います(^^)



今回のメンテは私自身の良い勉強にもなりましたし、数多くの実証実験(人柱とも)として車両を提供頂いたjunz06さんにも感謝であります(^^)

カブ70・メンテ完了&納車_a0279883_00124137.jpg
なお、私のメンテは我流ではありますが、教本となるサービスマニュアルとパーツリストは常に携えながら整備を行なっております。
やはり規定のトルクなどのサービスデータはネット情報ばかりを鵜呑みにする訳にはいきませんので(^^;)

あらためてカブが優れた乗り物である事と、機械の正直さを実感したメンテ記となりました。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-12-09 01:33 | カブメンテ | Comments(6)

カブ70・タイヤ&スプロケ交換

junz06さんのC70DX、タイヤ交換と納車前の最終整備を行ないました。


まずは依頼されていたリアタイヤの交換です。
カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08001386.jpg
履いたのは今までと同じ ミシュランM35(2.50-17)です。
摩耗は早く、リアに使用すると使用限度は3,500㎞といったところでしょうか。
フロントの使用限度が来るまでにリアは3本必要です(^^;)

ブレーキドラム&シューも磨いておきました。


しかし今回、タイヤを組み上げエアーを入れたところ・・・、

カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08002514.jpg
不覚にもパンクさせてしまいました。
チューブの内側に複数の亀裂が・・・。
レバーを差し込んだ時に噛み込んでしまったようです。注意したんだけどな・・・(^^;)

タフアップチューブなので、もし外側だったら繊維が出てきたのでしょうか?
あいにくチューブの在庫が無かったので地元のバイク屋さんへ電話をすると・・・。「あるよ」とのことで買いに行きました。
カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08003348.jpg
ノーマルチューブ、BS製でした。
店主も話しておりましたが、タフアップチューブは厚みがある(二重構造でゴムはソフト)のでタイヤ交換は難しいそうです。店主もたまに失敗していたそうです。
現在のカブはノーマルチューブに戻っていることから色々と問題があったのでしょうね。パンクしてもそのまま走ることができても、液が漏れ出すとリムが腐食→交換になってしまうとか。


カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08010388.jpg
ノーマルチューブで再挑戦、今度は大丈夫でした(^^)


カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08005502.jpg
タフアップチューブもパンク修理しておきましたので、junz06さんいつでも持ってきて下さい(^^)




続いてスプロケ交換です。
カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08011757.jpg
キタコ製のスプロケです、丁数は同じ36丁にしました。

カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08012368.jpg
チェーン調整をして完了、タイヤ交換の時に一緒にやると楽ですね(^^)




最後にタペット調整をしました。
カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08013113.jpg
腰上O/H後、試走の繰り返しで400㎞以上走っていたので再確認です。
IN側、EX側ともに適正値に収まっていました。
しばらくは問題無く走られると思います(^^)




カブ70・タイヤ&スプロケ交換_a0279883_08013715.jpg
さて、これで依頼されていた整備は完了、引き渡しを待つばかりとなりました。

簡素な構造のカブゆえに、メンテフリーと思い込み見過ごしてきた部分のメンテが出来て良かったです。


あ、junz06さん、実証実験の数々は今後検証させて頂きますのでよろしくお願い致しますね(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-12-07 08:37 | カブメンテ | Comments(2)

カブ70・FサスペンションO/H

カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06453965.jpg
junz06さんのC70DX、フロントサスペンション周りのメンテをしました。


一部車種を除き、'11以前のほとんどのスーパーカブのFサスペンションはボトムリンク式と呼ばれる構造です。

カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06435258.jpg
通常のバイクであればここにはテレスコピック式のFフォークが収まっているところですが、より簡素で積載に適した懸架装置としてボトムリンク式が採用されています。

単にコストの面だけではなく、姿勢変化の少ないボトムリンクは積載にも適し、軽量なカブゆえに緩衝性能も充分なのだと思います。
またフォークオイルを持たない構造がよりメンテフリーなものにしているとも思います。

通常バイクでFブレーキを掛けると前が沈み込みますが、カブの場合は浮き上がるという不思議な構造です。ある意味BMWのテレレバーより不思議な感覚かもしれません。



さて、カブのFサスペンションはほぼメンテフリー(と私は思っていました)です。ここはよほどの事が無い限り分解などしないと思います。


今回はこのブラックボックスを分解してみました。

カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06434333.jpg
早速クッションと一緒に取り出します。

'80年代半ばまでは、グリスアップ用のニップルが付いていましたがいつ頃からか省略されました。

しかしグリスアップすることが無いので、カブの車軸周りはいつもキレイですネ(^^)

カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06453965.jpg
クッションとリンク部に分け、更にリンク部を分解します。
部品自体はカラー、ブッシュ、Oリング等の単純なものですが、意外と多くのパーツで構成されています。


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06464889.jpg
カラーを「えいっ!」と取り出します。グリスは切れかけており渋かったです。

ブッシュとの接触面に擦れた跡がマダラにありました。放って置くとマズい状態だったかな?(^^;)


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06465526.jpg
更にその外側のブッシュを外してみます。
ブッシュと言ってもプラスチック製の硬いものです。

このブッシュと先ほどのカラーの間隙が大きくなったりグリスが切れたりすると、異音や摩耗によるアームのズレ等の原因となると思います。


今回目立った摩耗はありませんでしたが、あらかじめブッシュを発注しておりましたので交換することにしました。
ここはグリスアップだけでもかなり効果があるように思います。

カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06475836.jpg
カラーを挟むようにOリングを取り付けます。
カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06480432.jpg
カラーとブッシュにはモリブデングリスを使用しましたが、Oリング周辺にはシリコングリスを使用しました。
少しでもゴムの劣化を防止するためと考えましたがこれが正しいかどうは不明です。junz06さんこれも実証実験ということで・・・(^^;)



カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06500592.jpg
両側から金属製のキャップではさみ、3箇所カシメて固定します。
本来はこのキャップも交換が理想と思いますが、今回は再利用しました。


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06501310.jpg
サビ防止にと、念のためシール剤でシールしてみました。
これについても人柱ということで(^^;)


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06502115.jpg
リンク側はこれで完成です。



カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06503462.jpg
続いてクッションのブッシュも交換です。
まずはカラーを抜いて、


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06504084.jpg
ブッシュを取り出します。


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06504762.jpg
外見上はさほど変形等無いように思えますが少し硬化していました。
新品(左)と入れ替えです。


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06505611.jpg
Fフォークに戻して取り付けます。


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06510842.jpg
ブレーキドラム、結構なスジキズがありましたのでペーパーで均しました。

カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06512690.jpg
キレイになりました、
これで鳴きも収まると良いのですが。

カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06511668.jpg
ブレーキシューも同様に均しました。


カブ70・FサスペンションO/H_a0279883_06590941.jpg
組み付けて完了です。

今までメンテフリーと思っていたリンク周りの整備(自己流ですが)をすることができて満足でした(^^)


※懸架装置と制動装置は自動車において最も重要な部位です。実際の整備については専門店にて行って下さい。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-12-04 07:24 | カブメンテ | Comments(2)

カブ70・マフラーフィッティング

カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_18273315.jpg
junz06さんのC70DX、エンジン周りのセッティングもほぼ完了したので干渉していたマフラーの微調整に入ります。




カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_18275923.jpg
まずはタイカブコピーマフラーを装着したことによる干渉箇所がありましたので、補正を試みます。



エキパイがブレーキペダルと干渉していました。
高回転域でビビリ音がひどいので修正することにします。
※↓画像は 上:修正前、下:修正後です
カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_18281549.jpg
・エキパイを少し叩いて逃がす
・エキパイガードは干渉部をカット

これでうまくクリアランスを確保できました。
セッティング中は軽~くペダルを踏んで逃がしていましたがもう必要ありませんね(^^;)



続いてサイレンサーのスイングアームとの干渉部分です。
カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_18282505.jpg
・マフラーステーが内側へ変形していたので力技で修正
・スイングアーム下部を削る
上記でかなりのクリアランスを確保できました。

キャブセッティングを出したタイカブマフラーはこれでよし!っと。




続いて溶接して直した純正マフラーも取り付け可能にしておきたいと思います。
車体合わせで溶接しなかったので、やはり角度が合いませんでした。
カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_18284147.jpg
マニホールド取り付け側のフランジを長穴加工して装着可能にしました。(フランジ丸ごと溶接したので回らないのです)



また、マフラーヒートガードがひしゃげていましたので・・・、
カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_18283497.jpg
強度が落ちない程度に修正しておきました。




そして、発注していた最後のパーツが届きました。
カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_20171793.jpg
マフラー用のキャップナットです。

カブ70・マフラーフィッティング_a0279883_20172616.jpg
つば付きなのでマフラーフランジにも優しく確実に締め込みできます。
スタッドボルトのステンレス化も考えましたが、純正ボルトのほうが延性・展性に優れると思いますのでそのままとします。
junz06さん、折れたらいつでも持ってきて下さい(^^)


さて、長期お預かりしたC70DXもあとは足回りのメンテを残すのみとなりました。
ちょっと寂しいような気もしますが、早く本来のオーナーの元へ帰してあげたいと思います。

ノーマル70の気持ち良さと可能性を試すことができて大変有意義な時間でした(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-12-01 20:30 | カブメンテ | Comments(5)