人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

140831/朝のひと走り・SR250

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09131562.jpg
8月31日(日) 5:00
曇り 17℃

今日で8月も最終日ですね、朝のひと走りに出掛けました。

プコブルーのキャブとギア比の煮詰めの最中です。

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09133071.jpg
母成峠経由で土湯へ向かいました。
途中、山を見ると雲が厚いです・・・、ダメかな?


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09134005.jpg
母成峠でパチリと、
二次減速比をリアスプロケを大きくして加速重視にしました。
Fが16丁なのでリアはできれば奇数丁が良いと思い 37丁としました。

これが具合が良く、60㎞/h巡航でちょうど6千回転です。
私はだいたいこの60㎞/6千を目安に合わせることが多いです。
6千回転までは心休まる回転域なんですよね。(^^)

ツーリングにも適し、エンジンへの負荷も最小限に抑えられる減速比だと思います。


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09141758.jpg
母成の登り、ほぼ3速ホールドで走ることができます。


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09144496.jpg
緩やかな登りでは9千まで引っ張って4速へ、
少し回転数が落ち込みますが、まずまず許容範囲かな。(^^;)

これ以上ショートに振るとツーリングの快適さが犠牲になります。
エンジンの慣らしが終わるまではこのままで行くことにします。


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09151579.jpg
母成の最高点から土湯方面を見ますが、まだ雲が多いです。


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09152329.jpg
しかし冷えますね~、いつの間にか気温計は 13℃になっていました。
先週までメッシュジャケットだったのに、涼しくなるの極端過ぎ!


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09442726.jpg
R115を駆け上がります。

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09153662.jpg
土湯トンネルの猪苗代側で小休止、
おっ、磐梯吾妻スカイラインは晴れてるかも!
・・・でも実は母成峠手前で燃料がリザーブになっている私は舵を切れませんでした(^^;)

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09154106.jpg
仕方ないので行った気分でパチリと。


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09154847.jpg
福島側に降りると、途端に天候が悪いです。
路面も所々濡れています。

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09162284.jpg
140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09160901.jpg
福島市街地方面にも厚い雲が、降ってそうですね。
でも日中は天気が良くなるようです。


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09161712.jpg
センターバッグを外し、久々に軽快になったプコブルー。
二―グリップはできなくなりましたが、くるぶしとスネで抑え込みは可能です。
足を閉じられるので最高速は伸びる?と思います。(^^)

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09170790.jpg
燃料残が僅かなため、キャブセッティングは持ちこしですね。(^^;)

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09172560.jpg
みちゆあたりの高度がぽっかりとキレイに雲の無い状態です。


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09173260.jpg
今日もたくさんのバイクいらっしゃいましたよ~。



先週もお会いしたヨッシさんとご友人のYajima-SRXの方、またお会いしましたね。
140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09173837.jpg
車両は2台ともSR250!です。
まったく違う雰囲気にカスタムされています。
右:1号車 BSAスクランブラー調?
左:3号車 カフェレーサー調

どちらもヨッシさんが手掛けたそうです。スゴッ!
140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09195357.jpg
更にこちらもヨッシさん作、2号車と呼ばれるカフェレーサー調です。
FドラムはなんとGT750用!


驚くのは上記3台ともベース車両が ↓これです。
140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_10063016.jpg
YAMAHA SR250
SR400/500と違い、250と125はアメリカンタイプなのです。
似ても似つかぬ不人気車からよくここまでタイプの違うカスタム車両をお作りになりましたね。脱帽です(^^)


140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09174649.jpg
ちょっと 3号車を拝見。
メータバイザーは V7レーサーがモチーフ?
一見アルミタンクと思いましたが、良く見るとSRVのタンクです。
さりげなく光を放つHリムも欠かせないアイテム。

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09180074.jpg
マフラーはセンターアップタイプで、色んな車両のものを現物合わせで加工してあります。
ナンバーステーもアルミのワンオフです。

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09180561.jpg
キャブはFCR赤ファンネル仕様、エンジン本体はノーマルとのこと。
オイルクーラーはSRX600の物を流用、取り出し口はご自身で考えて付けています!
ブラストされたクランクケースもカッコいいです。

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09181143.jpg
Fブレーキ周りは力作です。MOSキャリパーはヤマハ純正、比較的タマ数のある左用を有効利用です(右用はSRX等のシングルディスク車に流用されるため品薄)。
ハブ&インナーローターはGB用とのこと。
ローターの摺動部はヤマハのものと組み合わせています。凄いな~(^^;)

140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09181975.jpg
センタータコと言うべきか、タコのみのレーサー仕様!
速度計はサイクルメーターで超軽量化!


いや~、部品をくっ付けるだけの私と違い、現物合わせでの加工の数々恐れ入りました。そしてどれもセンスと精度が高い!
プライベーターのレベルを超越し、カスタムショップを開けるレベルです!

SRプロショップ「ヨッシ」
ぜひ開業させてください、私のSRX手がけて欲しい!(^^)



この日は常連さんたくさんいらっしゃいました、
R115ですれ違ったC90改さん、みちゆに戻って来られました。
140831/朝のひと走り・SR250_a0279883_09182338.jpg
今日はtmモタードですね、駆け上がって行くときの音、イイ音でした。(^^)

スカイラインは浄土平の天候良かったそうです。
あ~私もガス欠で無ければ・・・、不覚。

燃料気にしながら帰りましたが、自宅100m手前で本当にガソリンがすっからかんになり、ちょっと押したのが恥ずかしかったです。(^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-31 19:00 | カブ | Comments(8)

140830/朝のひと走り・DUCATI996

8月30日(土) 5:00
曇り 16℃

朝のひと走りに出掛けました。
メッシュジャケットでは寒いですね、革JKTを引っ張り出しました。(^^)

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09320844.jpg
本日の相棒はSRXです。
純正改マフラーに交換し、扱いやすくなった低速トルクを味わうべくワインディングに連れ出しました。


140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09281778.jpg
しかしあいにくこの日は曇り、それもついさっきまで雨が降っていました。

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09284676.jpg
定点ポイントでパチリと。
マフラーガードをカーボン製から純正のステン製に交換してみました。

こちら ↓ が先週付けていたカーボン製です。
140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09524173.jpg
140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09290098.jpg
カーボンの黒は渋くてカッコ良いのですが、やはりシルバーのほうがメカニカルなアクセントになって似合うと思います。(^^)



140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09291813.jpg
みちゆまではハーフウエット、思い切って磐梯吾妻スカイラインを目指してみます。

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09292447.jpg
野地温泉のあたりはもう濃霧です。対向車が来たら怖い状態(^^;)

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09292989.jpg
事故りたくないので端っこをゆっくり走りました。(^^)

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09305269.jpg
140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09294921.jpg
スカイラインに入っても濃霧で景色は楽しめそうにありませんでした。

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09311053.jpg
双竜の辻にて一枚、この時Z系のバイクが2台登って行きました。


140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09311970.jpg
私も続いて登ったのですが、徐々に濃霧&小雨となり、浄土平パーキング手前で引き返すことになりました。
だって、もうびしょびしょですもの。(^^;)



140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09322652.jpg
純正チューンマフラーにしたSRXはスカイラインのようなツイスティな峠道にハマりますね。
今まで2~3速を小刻みにチェンジしていた連続コーナーも3速ホールドで流せるようになりました。
3千回転の少し下あたりからでも、ずぼらなアクセル操作が可能です。

更に上も回らない訳ではなく、その気になれば8千回転オーバーも可能です。
※8千以上はタコの目盛が無いので分からない(^^;)

と、普通に走る分には非常に理にかなったマフラーと言えます。
これをファンネル仕様でバッチリセッティングを出したら気持ち良いだろうな~と思いました。(^^)


140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09320077.jpg
帰り際、高度1500m付近が一瞬クリアーになっていました。
磐梯山と猪苗代湖を見ることができました、これだけでもラッキー!(^^)



140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09323496.jpg
福島市街、今日は天気が悪いとのことでしたが、晴れそうですね。

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09325636.jpg
無事、豊かな低速トルクを堪能できました。
ちょっと満足してスカイラインを後にしました。(^^)



みちゆに寄るとさすがにバイクは少ないです。
※出口ですれ違ったのはちゃあさんではなかったでしょうか?

先客はこちら、Honda クレアスクーピーの学生さん。
140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09330167.jpg
みちゆでテント泊したそうです。
なんと、静岡から日本一周に出た真っ最中とのことでした。
これから北海道を目指すそうです。
朝晩は冷えますからね、マットや暖かめのシュラフで凌いでください。(^^)

最近流行りのカブでの旅ではなく、あえて10インチスクーターというのが新しいと思います。(^^)
今しかできない事、頑張ってくださ~い。



と、そこに一台のスーパーバイクが
140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09333498.jpg
DUCATI SuperBike 996 ('00)
タンブリーニデザインの傑作モデルです。
もう3世代以上前のモデルになりますが、ドゥカティのスーパーバイクといったら真っ先に思い付くのがこのモデルではないでしょうか。
140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_10235613.jpg
140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_10240202.jpg
映画マトリックス・リローデッドに登場し、驚異の走りを披露したのもこのマシンですね。あのLツインサウンドはシビれます。(^^)
同じダークグリーンに塗られたマトリックスモデルも正規輸入されました。

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09334381.jpg
私もこのSBシリーズ(特にこの5本スポークになってからの996~998)に興味があり、一時期本気で購入を考えておりました。

黄色は排気量の違う 748の専用色と思っていましたが、996にも正規に設定があるそうです!
ただ、実際に黄色を選ぶ人は少数らしく、国内には数台程度しか走っていないそうです。

オーナーさんとお話ししたところ、なんと有名バイク店の店長さんでした。
本日はメーカーのミーティングがあり、参加されるお客様のお見送りに行って来られたそうです。

これからお店に戻ってお仕事とのこと、お疲れ様です。

140830/朝のひと走り・DUCATI996_a0279883_09334863.jpg
マフラーはテルミニョーニのスリップオンが装着されており、イイ音を発していました。
カウル類は再度塗装されたそうです、SPS調にシートカウルも白に塗られていました。
ウインカーはカウルにビルトインされていました。このテールカウルのデザインも傑出していると思います。

マイナートラブル(特に電装)はありますが、しっかりメンテをすれば国産SSとさほど維持費は変わらないとのお話しでした。


これも何かのご縁です、今後ともよろしくお願い致します。
でも 買いません 買えませんからね~!(^^)

う~ん、ドゥカティ買いたい病が再発して・・・いかん、いかん!


店長さんお話しありがとうございました。

ちょっとドゥカティが身近に感じてしまいそうな危険な朝の出会いでした。(^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-30 10:48 | SRX-6 | Comments(6)

C葉氏のC90DX・その後

昨年友人のC葉氏へ譲渡した C90DX、その後の便りが届きました。

C葉氏のC90DX・その後_a0279883_18262714.jpg

通勤に街乗りにと元気に走っているとのことでした。良かったよかった。(^^)


C葉氏のC90DX・その後_a0279883_18255198.jpg
C葉氏の自宅前での一枚、
VWビートル、Fiat500と、クルマ好きと一目でわかるラインナップですね~。
特に空色のFiat500が良いですね~、小粋なイタリア車にピッタリの色だと思います。

カブはリアBOXが追加され、前カゴと合わせ通勤快適仕様になっていますね。
奥さんとのタンデムも楽しんでおられるかな?


お米のカタチをした ご当地プレートは、宮城県登米市のもの。
黄色だとそのまま籾にも見えますね。(^^)


C葉氏のC90DX・その後_a0279883_18480239.jpg
C葉氏のC90DX・その後_a0279883_18493487.jpg
エンジンとクラッチをO/H後、慣らしもしないまま譲ってしまったので、ちゃんと走っているか心配でした。(^^;)


↓ こちらが譲渡までの流れです、お時間のある時にでもどうぞ
・カブ90に譲渡話が・・・
・ホイールベアリング交換
・タイヤ交換/M35、NR74
・エアークリーナー、ブレーキ
・リヤハブダンパー交換
・スタンド、ステップ塗装
・砲弾型ウインカーレンズ
・樽型グリップ、ステップ
・チェーン、スプロケ交換
・腰上O/H(分解編)
・腰上O/H(組立編)
・遠心クラッチO/H
・完成&納車整備
・C90 引き渡し


C葉氏のC90DX・その後_a0279883_18452663.jpg
スーパーカブ90DX(C90DV/'96)

ビッグドラム&ガード付きマフラーになる直前のモデルです。
個人的には一番好きな型なんですよね、完熟期でグラフィックやエンブレムにも洗練された渋さ?があります。

C葉氏のC90DX・その後_a0279883_18453342.jpg
うん、やっぱりこれ買おう、カッコいいもん。

C葉さん、そろそろ飽きた頃かな? 買い戻してもいいけど・・・ダメ?(^^;)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-27 18:57 | 愛車紹介 | Comments(4)

140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima

8月24日(日) 5:40
曇り 20℃

朝のひと走りに出掛けました。
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17103680.jpg
先日ミッションブローから復活したプコブルーリトル

1回目のオイル交換が終わり、
・C90エアクリーナー
・C90ノーマルマフラー
に変更後初のテストランです。
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_21595104.jpg
特にエアクリーナーは吸入口を大きく加工したので、キャブセッティングも兼ね、メインジェットを持参して出発です!


いきなり土湯方面だと標高が高くてセッティングが出ないので、R4を流すことに。
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17104963.jpg
土湯方面の山々は天気が良さそうでしたが、R4は霧が濃かったです。
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17105573.jpg
昨日と同様、道の駅あだち(下り)にて小休止。
奥のCB1100は関東ナンバーでした。バーロックが掛けられていましたのでどこかでお休み中だったかな?


プラグの焼け具合を見てみます。
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17225076.jpg
そういえば清掃して来るの忘れていました。(^^;)
濃いめに出ると思いましたが、若干薄めのようです。

純正マフラーなので上は回りませんが、ボコ付く感じや空走感もなく、いいところかもしれません。
次回は1番手上げて様子を見てみます。


試走で感じたのは、やはり3~4速の離れ具合でした。
100㏄前後なら気にならない(むしろ丁度良い)と思いますが、それ以下では不満が出てきますね。
次回はリアスプロケを一丁上げてみます。
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17112382.jpg
松川からR115へ抜ける道、先行するオデッセイとR100RSとで 三つ巴の戦いが。(^^;)
しばしお付き合いありがとうございました。非常に良いペースでした。

こうしたワインディングだと特に 3、4速がクロスしてたらな〜と感じます。
僅か一丁違いで 加速重視 or ツーリング向け の境界線と思うと奥が深い。(^^)


140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17115959.jpg
そんなこんなで、土湯まで登ってきました。
さっきまで涼しかったのですが、もう暖かくなってきました。

140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17114878.jpg
スカイラインも天気が良さそうですね。
でも今日は子と過ごすので我慢ガマン。



・・・みちゆに着いた瞬間、私の目を奪ったマシーンが!
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17120656.jpg
YAMAHA SRX-6(Ⅱ型/'87)

実は何度かここでニアミスしていたのですが、マジマジと見るのは初めてです。
yajimaカラーに塗られたキレイな車両です。

近くにオーナーらしき方が見当たりませんでしたが、ヨッシさんと一緒におられた方がオーナーさんでした。
そうとは気付かず話しており、車両に向かう時に気付き、慌てて呼び止め写真を撮らせて頂いた次第です。(^^;)
140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17121228.jpg
機関はノーマル、マフラーのみ yoshimuraサンパーに変更されています。
ヨシムラが本気で造った単気筒用マフラー。
貴重なサンパーをお持ちですね~、これは大切になさって下さい。(^^)

140824/朝のひと走り・SRX-6 Yajima_a0279883_17121994.jpg
カラーリングは遠目だと 赤/緑にも見えましたが、赤/黒でした。
レースでは有名なチューナーのカラーリングです。

それにしてもキレイです、赤のホイールも映えますね。

次の 福島man3は是非ご一緒しましょう!(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-25 19:00 | カブ | Comments(8)

140823/朝のひと走り

8月23日(土) 5:30
曇り 20℃
朝のひと走りに出掛けました。

この日の相棒はSRXです。
本来はミッションを入れ替えたリトルカブで行く予定でしたが、急きょノーマルマフラーへの換装が間に合ってしまったSRXを味わいたくなってしまったのです。(^^;)
140823/朝のひと走り_a0279883_09512753.jpg
という事で、SRXのテストランに出発!



出発前に、土湯のライブカメラで路面状況を確認すると・・・
140823/朝のひと走り_a0279883_09545443.jpg
気温23.6℃、 湿潤
えぇーっ!? こんなに濡れてるの?

・・・と、おかしいと思ったら、実は22日15:36から更新されていませんでした。
カメラの故障ではないか?との情報です。

天候の微妙な時の目安にしていますので、早く復旧してくれることを願っております。


そんなことを知らなかった私は、「天気良いのにな・・・」
と、釈然としない思いで、なるべく遠回りして路面回復を待ってみちゆに向かう事に。(^^;)

140823/朝のひと走り_a0279883_09513463.jpg
道の駅あだち(下り)でコーヒータイム。
マフラー各部の増し締めと、干渉が無いか確認しました。
エキパイは早速焼き色が付いていました。(^^)


それにしても・・・やっぱり天気良いよな・・・。

ここからみちゆまで、行けるところまで向かうことにしました。
するとどこまで行っても路面はドライ、ホントにみちゆはウェットなのか?

140823/朝のひと走り_a0279883_09515225.jpg
水原にて、
山も大丈夫そうだな・・・、行ってみるか。

140823/朝のひと走り_a0279883_09524173.jpg
結局土湯まで来てしまいましたが、道路はどこもカラッカラでした。

マフラーをノーマルへ戻したSRX、フィーリングは激変しました。
今までスッカスカだった低速トルクが "ドンッ!" と出ます。
出足のクラッチ操作が楽になり、ツーリングではとっても楽になると思います。(^^)

さすがに高回転(7千rpm~)は、今までのカスタムマフラーが上回りますが、常時そんなに回すことはありませんので、非常に理にかなった仕様になりました。

しかしマフラーだけでこんなに変わるんだ・・・。
昔付けていたサンパーより力強いな・・・、もっともあの時はノーマル608㏄だったので(現在は635㏄)単純比較はできないが・・・。
ノーマルと同等の低速トルクを確保しつつ、高回転域まで回せる。音量もノーマルプラスアルファ程度。

やっぱり THE SIMPLEさんにチューニング頼んで良かった、大満足です。(^^)


140823/朝のひと走り_a0279883_09520584.jpg
福島市内も天気良さそうです。


140823/朝のひと走り_a0279883_09524868.jpg
みちゆに着くと、さすがに一時雨の予報からか、ライブカメラの状況からか、バイクは私の他は3台ほど。

四輪の常連さんは ロードスターのRyo6さんがいらっしゃいました。
お話しお付き合い頂きありがとうございます。(^^)

ほどなくして雨が降って来ました、通り雨でしたがすぐ止む気配もなく、時間も良い頃合いでしたのでこれにてみちゆを後にしました。


マフラーのフィーリング、もう少し味わいたかったな~と、消化不良気味の朝駆けでした。(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-24 10:37 | SRX-6 | Comments(4)

SRX・純正マフラーへ

SRXのマフラーを純正マフラーへ換装しました。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19485058.jpg
↑ノーマルマフラーへ交換後の姿です。


SRX・純正マフラーへ_a0279883_19333968.jpg

↑こちらが購入当初から付いていたワンオフマフラー
カタチといい、軽さといい、大変気に入っていたのですが、サイレンサーの度重なる故障により、もう使用限界に近いものがありました。

サイレンサーのみ交換をとも考えましたが、昨年からの出来事が頭をよぎります。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19343640.jpg

それは・・・、SRXミーティング「福島man3」での多くのSRXオーナーとの出会いでした。
福島man3 2013 10/13
福島man3 2014夏編 7/20
福島man3 2014秋編、10/12予定!

私のSRXはだいぶ改造してあるほうなのですが、本家man3の皆さんは、車両は基本ノーマルが多いのです。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_20242116.jpg
これも

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19362482.jpg
これも

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19383729.jpg

ふじっこさんのも、ノーマルマフラーが断然多い。

それはSRXのSRXたるアイディンティティの一つともいえるのがこのマフラーであり、SRXを語る上で欠かせないものだからに他なりません。



SRX・純正マフラーへ_a0279883_19393281.jpg

SRXの純正マフラーは、当時('85)としては非常に珍しいショートマフラーとして開発されました。
ギュッ!と凝縮したデザインへのこだわりだけでなく、腹下のデッドスペースに大きな膨張室を持つという大変凝った構造でした。


こと性能面においては、、
・膨張室により低回転域のトルクを稼ぐ
・低重心化で運動性能を良くする

といった利点があります。

唯一の欠点は非常に重いことであり、サイレンサー単体で8㎏あります。
※今まで付けていたマフラーはエキパイ込みで5㎏!

しかし車体の一番低い所にマウントされているため運動性は損なわれないという優れモノです。(これはホントに先見の明があったと思います)

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19411628.jpg


初めて見る人はその大きさとカタチの異様さに驚くと思います。
膨張室の容積は排気量の10倍が理想と言われます。(SRXは608㏄なので6リットル以上、一説には7.2リットルとも!)

この特殊なマフラーを装着するため、SRXは開発段階でセンタースタンドを諦めています。
多くの開発陣の苦労により、SRXの特徴的なショートマフラーは世に放たれました。
現在では珍しくないどころか主流になりつつある腹下ショートマフラー、つくづくSRXのデビューがあと20年遅かったらと悔やまれます。(^^)



今回、ノーマルサイレンサーの抜けを良くするチューンを THE SIMPLEさんに依頼しました。
SRX・純正マフラーへ_a0279883_19360069.jpg

man3でお会いした ふじっこさんもこのチューニングをしてあります。※ふじっこさん真似っこしてスミマセン(^^;)


SRX・純正マフラーへ_a0279883_22465206.jpg
ちなみにこちら が、加工前

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19433209.jpg
こちら が、加工後です。

一度エンド部をカットして中を加工、エンド径を拡大し排気効率をアップ、消音材も新しくしてあります。イイ仕事してますね~。
カーボンカバーが付いて2万5千円(カバーなしは2万円)はグッドプライスだと思います。(^^)



純正エキパイは手持ちが無かったのでオークションで1,500円で仕入れました。
セル付きのⅣ型以降のものは結構高い(2→1タイプ)のですが、キック式だとこんなものかな?
ステンレス製の軽量タイプです。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19440409.jpg

結構コテコテですがヘコミはありません。

せっかくなので磨いてから装着します。


まずは大きな汚れをスチールたわし(ボ○スター)で磨きます。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19444879.jpg

だいぶ汚れが落ちましたが、見た目はほぼ変わりません。
排気熱で表面がスになっている部分は穴が開きそうなのでほどほどに磨きました。(^^;)




SRX・純正マフラーへ_a0279883_19450881.jpg


次にヨシムラ製のステンマジックで焼けを取ってみます。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19452644.jpg

こんな感じでステン特有の焼けがキレイに取れました。


焼けに関しては驚くほど消えます!
ステンマジックの商品名はダテではありません(^^)
ちょっと値は張りますが(2千円程度)、ステン焼けはほぼ完ぺきに取れますので価値ある逸品です。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19455502.jpg


このままでもOKですが、更にメタルポリッシュをするとツヤツヤになると思います。


早速装着してみました。
SRX・純正マフラーへ_a0279883_19475868.jpg
SRXの腹下には、こんなデカい物が収まるスペースがあるのです。

SRX・純正マフラーへ_a0279883_19484526.jpg

最初にサイレンサーだけ取り付けるとエキパイが入りません。
私はエキパイと合わせてからサイレサーをジャッキで上げて作業しました。(重いので)


エキパイは同じ形状なのですが、左右で品番が違います。
SRX・純正マフラーへ_a0279883_20515125.jpg
・YAMAHA 1JK-1:左側
・YAMAHA 1JK-2:右側
YAMAHAのオンラインパーツリスト(非常に助かります)で確認しながら作業しました。


SRX・純正マフラーへ_a0279883_19485058.jpg

実はノーマルマフラーにするのは初めてです。(^^;)
やはりSRXにはコレが一番似合います、全体のカタマリ感がUPしました。



排気音はノーマル特有の ポロポロ音に ワシャワシャ音? が加わり、少し迫力が増した感じです。
でも以前のマフラーに比べると、とってもマイルドで平和な音になりました。暖気も気遣いしなくて良さそうです(^^;)
これでman3で命名された「爆音号」の汚名返上なるか?

福島は今、カブとSRXが熱い!(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

by love_cub | 2014-08-23 20:19 | SRX-6 | Comments(6)

ミッションブローから復活へ

ミッションブロー、その後です。

故障後2日くらいは原因究明する気が起きず放置しておりました。
しかし心のどこかに常に引っかかるこの気持ち。とうとう我慢できなくなった深夜1時、寝室ではなくガレージヘ向かいました。



クラッチ側を見るだけでも・・・、
と思ってバラしたところ、

ミッションブローから復活へ_a0279883_21565762.jpg

がーん!、
プライマリードリブンギャーが欠けています。
ミッションロックの時に飛んだのかな・・・、
薄型でも純正品並みの強度を持つ逸品です。高かったのにな・・・。



分解して目に入ったのはシフトドラムの止まった位置です。

ミッションブローから復活へ_a0279883_21581812.jpg
2速と3速の中間、なんとも中途半端な位置で固着し、ピクリともしません。



そしてオイルストレーナ(金網)には・・・、

ミッションブローから復活へ_a0279883_21571636.jpg
キャーッ!
なにこのモサモサ具合は!
目詰まりするほどの金属屑がビッシリです。


ミッション部が恐ろしい事になっているのはこの時点で容易に想像できました・・・。


この時点で深夜 1:30、どうする?
ここで中断、寝る
分解を続行する

眠いはずなのですが、気持ちは止められませんでした。

ミッションギャーを摘出するにはクランクケース(腰下)を分解することになります。
横型エンジンで言うところの最深部、できれば再度分解はしたくありませんでした。


腰下を分解するには、まずシリンダー(腰上)を分解しなければなりません。
こちらは新品パーツだったので、できれば無傷でいて欲しいと願います。

ミッションブローから復活へ_a0279883_21583200.jpg
分解してちょっと安心、ピストンやシリンダー、カム面も気になるような傷みはありませんでした。


ミッションブローから復活へ_a0279883_21585823.jpg
シリンダーのクロスハッチも綺麗な状態です。


異音発生からミッションブローまで、エンジンを掛けていたのは約10秒程度、
その後すぐにエンジンを切ったので、金属屑が回る前だったと思われます。


よし、腰上はこのまま再利用できそうだな・・・。


もうここからは一気呵成にバラしまくりました。
組み上げた時の記憶を頼りに、ただ黙々とバラしました。


ミッションブローから復活へ_a0279883_21590485.jpg
そして、ついにクランクケースの中が明らかに、
心拍数があがっていきます・・・、

ミッションブローから復活へ_a0279883_21591857.jpg
うぁ・・・、
ミッションギャーはバキバキに折れていました。
つくづく自分の不甲斐なさに情けなくなりました。
こんな事にしてしまって・・・、と、目を背けたくなりました。

ミッションブローから復活へ_a0279883_21592595.jpg
ギャーは2速と3速の損傷が特に激しく、もう再利用は不可能な状態でした。



中古だったしな、無理がたたったかな・・・、
思えばシフトフォークの使用限界も確認しなかったしな・・・、

原因は私には断定できませんでした、
・既に疲労していたギャーの一片が欠け、噛み込が連鎖したか
・中途半端なシフト操作でギャ欠けしたか

確かにシフトダウンしていった時に、Nランプが点いたままギャーがつながっていたので、もうその時点でシフトドラムが正規な位置に止まっていなかったのだと思います。
そこからギヤ欠けした状態で 1 →2 →3速でとどめを刺した感じです。



どうする?
このまま蓋をして寝る
組み直す


・・・組み直す、・・・復活さす!

損傷個所が分かったところで、頭の中では再生の検証が始まりました。

・タイカブ系の4速ミッションなら在庫がある!
・寸法の差異はワッシャで調整可能!
・プライマリードリブンギャーは純正品を使えばいい!
・ショートパーツは・・・このままもう一度使う!

よし、組めそうだ! 頭の中で散らばっていた点がつながりました。



それ以降は、何かに憑りつかれたように作業しました。

クランクケースは灯油で洗浄、
ベアリング入替え、ミッション寸法確認、リング溝加工、etc.


明け方にはすっかり組み上がっていました。 ※高速組みのため写真はございません(^^;)

ミッションブローから3日、懲りもせず2度目のエンジンが組み上がりました。


車体に載せ、補器類を取り付けキックをすること2蹴り目、何事もなかったかのように目を覚ましました。

よーし、いいぞ。


天気の回復を待ち、2度目のシェイクダウンへ駆け出します。

今度は墓参りも済んでいるし、大丈夫だろう・・・。


タイカブ系のギア比は低速トルクが豊かな100㏄以上のエンジン向けですね、それ以下の排気量でも平地を流すには良いギア比です。(^^)
3~4速の離れ具合はどうしても気になったら組み替えしてみることにします。

ミッションブローから復活へ_a0279883_21593315.jpg
約50㎞走行後、オイルを抜いてみました、ほとんどフラッシングの役割です。(^^)
ドレンプラグに僅かな鉄粉の付着がありましたが、問題無さそうです。
オイルは新品ミッションのためか汚れが激しかったです。(^^;)




ミッションブローから復活へ_a0279883_22192079.jpg

試走が終わったのでエアークリーナーを取り付けました。
パワフィルのほうが綺麗に回りますが、やはり雨でも安心して走られるのは魅力ですからね。


ミッションブローから復活へ_a0279883_21595104.jpg
今回、吸気口を加工してみました。
木工ドリルで拡大、1.5㎜くらい大きくなりました。


ミッションブローから復活へ_a0279883_21594632.jpg
左:加工前、 右:加工後
僅かな違いかもしれませんが、確実に吸入量は増えると思います。

ミッションブローから復活へ_a0279883_21595775.jpg

インテークゴムはキャブに合わせて少し短く加工、外側に薄いゴムを巻いて補強しました。



ミッションブローから復活へ_a0279883_22174099.jpg
マフラーは90純正をデフォルトに、色々試してみたいと思います。

前後スプロケとキャブのセッティングは、今後の楽しみに取っておくことにします。
でもジンクス的にみちゆに向かうのは控えたいところです。(^^;)



・・・という訳で、お盆の大失態ミッションブローは、強引な組み直しをすることで幕引きしました。

しばらくこれで走ってみることにします。(^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村



by love_cub | 2014-08-20 22:21 | カブ | Comments(14)

朝のひと走り…のはずが不覚のミッションブロー

表題にあるとおり、リトルのE/Gを壊してしまいました。

記事にするか迷いましたが、私自身の未熟さと、カスタムすることのリスクをお知らせしたいと思い書くことにしました。


冬場に組んでいたE/G、搭載予定だったC70を jun06さんへ譲ったことで、試す機会がありませんでした。

先日、ふとその新エンジンを試したくなり、気付いた時は朝のひと走りの前にエンジン換装を行なっていました。

朝のひと走り…のはずが不覚のミッションブロー_a0279883_15113209.jpg
左:今までの105、 右:新エンンジン

エンジンの素取っ替えでしたので、さしたる工具も必要とせず2時間程で完了、そのままシェイクダウンに向かいました。



朝のひと走り…のはずが不覚のミッションブロー_a0279883_15002546.jpg

おぉっ、いいな~(^^)
105に比べ吹け上がりのシャープさは勝っています、7千回転からの伸びが気持ち良く、純正クロスミッションとのマッチングも良好でした。


2~4速を駆使し、みちゆまでの坂道をじんわり登って行きます。
メットの中でにやけ顔の私、
「苦労して組んだ甲斐があったな~、でもこの瞬間報われたな~」(^^)


そんな悦に浸りながらR115へコースイン、


一旦停止し、1速を出そうとしましたが、うまく入りません。

「あれっ?」

今度はNランプが点灯してもギアが入っている状態に。

「まだ馴染んでないからかな・・・」
何とかNを出し、1速に入れると異音が・・・、
「ガラララ・・・」 えぇっ?


シフト操作が中途半端だったかな? と思い2速へ、
「ガラララ・・・」 音はまだ止みません


ペースダウンしながら3速へ入れた瞬間、
「ガララララ・・・、ガチャ、ガッ!」 (後輪フルロック)

な、なんと・・・!?



・・・それ以降ミッションが言う事を聞いてくれません、早朝のR115で立ち往生です。


うわーっ、やってしまった! ミッションブローか?
直感的にはミッションの噛み合わせの異常と感じました。



押して歩こうと思いましたが、後輪がロックしているのでリアを持ち上げながら進むしかありません。
華奢なリトルカブと言えども、リアをリフトさせながら押して歩くのは至難の業です。


おっ、重い!
とりあえず道路脇に寄せましたが、トランポを呼ぶにも安全な場所まで移動しなくては・・・。


そしてなぜかこの日に限って工具箱を忘れて来ました。
※すぐ戻ると思ったのがあまりの気持ち良さに足を延ばしてしまいました。(^^;)


工具があればチェーン外せるのに・・・。

「んっ?」
ふとサイドカバーに目が行きました。
そうだ、車載工具があるかも!


今まで何台かの中古のカブを購入しましたが、車載工具が付いていたのは5台に1台くらいです。(^^;)

このリトルはどうだったかな・・・。
組み上げたのが2年以上前なので記憶が定かではありません。


入っていてくれ~!
祈る気持ちで10円玉でサイドカバーの留めボルトを外すと、ずっしり重い手ごたえが!
ラッキー!入ってた!


そして、初めて開ける工具入れの中には無事プライヤーが入っていました! おぉ~!これぞミラクル(^^)

やったー!これでチェーンが外せる!


しかし後輪はロック状態ですのでジョイントのコマがどこにあるのかが問題です。
上か下の外しやすいところに出ていてくれよ~、


祈りながら下側のチェンケースを外します。
・・・が、ジョイント部は見えず。


次こそは!
上側のチェンケースを外すと・・・、
えぇ!? ジョイント見えない! チェーン外せない?

E/G側のスプロケ周りだとスプロケカバー(六角のキャップボルトで留めてある!)を外さないと手が入りません!

・・・と思ったら、リアスプロケ側に発見! ギリギリ外せる場所でした。ホッ(^^;)

無事チェンを切ることができ、押し歩きが可能になりました。



どうしようかな、妻はまだ寝ているし(この時点で6:10)、押せるところまで押そうか・・・。
トボトボと歩きます、みちゆまで登ればあとははほぼ下り坂、惰性でそこそこイケそうです。

行ってみるか・・・。

押したり、乗ったり(もちろんヘルメットは着用)、足で蹴ったり・・・。


そんなこんなで岳温泉まで下りてきました。

温泉街で熱い視線を感じながらも涼しい顔で通り過ぎます。(^^;)

よーし、ここからまた下りだ!

・・・と、結局ずっと押して帰りました。



・・・しばらくはバラす気持ちになれませんでしたが、オイルだけ抜いて見てみることにしました。

朝のひと走り…のはずが不覚のミッションブロー_a0279883_15003477.jpg
天の川ではありません、オイルに混じった鉄粉です。


朝のひと走り…のはずが不覚のミッションブロー_a0279883_15004248.jpg
ドレンプラグのマグネットにもこのとおり、てんこ盛りの金属片が・・・
しかもこんな繊維状のモノ見たことないし・・・。


朝のひと走り…のはずが不覚のミッションブロー_a0279883_15004661.jpg

原因は間違い無くこの中にあります、そしてバラさない限り直りません・・・。
分かっちゃいますがこのやりきれなさ、苦労して膨大な時間を掛けて組んだE/Gを、あっと言う間に壊してしまったことのショックが大きいです。

つくづく調子に乗っていました、反省しています。


しかし、カブミー開催前に余計な事をしてしまった・・・。


・・・シェイクダウンで遠出はヤメましょう。
あと、お盆に走るときは、ちゃんとお墓参りをしてからにしましょう。(反省)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-17 15:57 | カブ | Comments(22)

タンデムツー/三ノ倉高原ひまわり畑

タンデムツー/三ノ倉高原ひまわり畑_a0279883_19030134.jpg

三ノ倉高原(喜多方市/三ノ倉スキー場)のひまわり畑へ行って来ました。



久々に妻とのタンデム、そういえば去年も同じ時期に布引高原のひまわり畑を見に行きました。

あの時は見頃は過ぎておりましたが、猪苗代湖の夕陽がキレイだったのが印象深かったです。


セローのリアサスと空気圧を調整して出発!


土湯 ~レークライン ~R459 を駆けます。



途中、道の駅裏磐梯にてアイス休憩を

ここには名物の そばアイス:300円 があります。

タンデムツー/三ノ倉高原ひまわり畑_a0279883_19000992.jpg
通常のソフトクリームの姿ではなく、
お皿に盛られたそばを模してあります。

見た目はそばと言うよりモンブランっぽいですかね、細い筋状のアイスが盛られています。
そして海苔の代わりにトッピングされたチョコ

味はそば粉がかなり効いております、変わり種が好きな方、一度はどうぞ。(^^)

難点は手のひらに乗せて食べると溶けやすいことでしょうか。(^^;)


タンデムツー/三ノ倉高原ひまわり畑_a0279883_19001424.jpg

私は隣のジェラード専門店で 塩味:300円 を食べたので、結構甘く感じました。


現在、アイス売り場が2箇所ありますが、そばアイスがあるのは向かって右側の 道の駅直営の売店になります。




さて、ひまわり畑を目指します。
喜多方市に入り、R121を北上すると沿道に「三ノ倉高原ひまわり畑」の看板があるので、初めてでも分かりやすかったです。

三ノ倉高原ひまわり畑

タンデムツー/三ノ倉高原ひまわり畑_a0279883_19021651.jpg


ひまわりも見応えがありますが、ここから一望できる喜多方市の景色も素晴らしいものでした。
デートコースにオススメです!(^^)

ひまわり畑は大きく3区画に分かれています、北部がまだ開花前でした。

リアルタイム開花情報はこちらでご確認ください。
http://www.city.kitakata.fukushima.jp/shimin/gyosei/14902/9410/13608/18797/023703.html


タンデムツー/三ノ倉高原ひまわり畑_a0279883_19054237.jpg
タンデムツー/三ノ倉高原ひまわり畑_a0279883_19022451.jpg

案内板には咲き始めと表示がありましたが、実際は思った以上に咲いておりました。ラッキー!(^^)


見頃は 8月中旬~9月上旬
東北最大級のひまわり畑につき、ピーク時は混雑が予想されるとのこと。


秋にはコスモス畑も見られます、要チェックですね。

帰りは R121 ~県7 ~R49
道の駅ばんだい に寄って帰りました。

約200㎞の行程でした、喜多方ラーメンや山都そばとセットで出掛けてみてはいかがでしょうか。(^^)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-14 19:18 | ツーリング | Comments(6)

第3回あだたらカブミーティングのお知らせ

こんばんは、本日三役会議を開催し、当会のカブミーティングの方針決定を行ないました。
では、遅ればせながらカブミーティングのお知らせです。


第3回あだたらカブミーティング

・とき: 2014年9月14日(日)10:00~12:30 (9:00受付開始)

・場所: 大玉村ふれあい広場(安達郡大玉村大山字新田10)

第3回あだたらカブミーティングのお知らせ_a0279883_22123476.jpg
※国道4号沿いの分かりやすい場所です(昨年と同じ場所です)




「小さなカブで、大きな仲間の環を」が主旨の、参加者主体型のローカルミーティングです。

・入場料については、一切無料です。
・参加者が投票するカブコンテストを実施します。
・カブやバイク関連のお品を皆さんからお持ち寄り頂き(強制ではありません)、チャリティーバザーを実施します。



≪カブコンテストについて≫
 エントリー条件は、
 ①カブであること ※注:参照
 ②1人1台のみ
 ③エントリー料は無料(賞品はございません、名誉だけと思ってください!)

※注:エントリー可能なカブについて
・ホンダが販売した「カブ」の名称を有する車両、もちろんCT、CA、タイカブ系もOKです。
・公序良俗に反した改造車ではないこと。
・エントリー可否については主催者の判断とさせて頂きます。



≪チャリティーバザーについて≫
 カブやバイク関連のお品を持ち寄って頂き(無償でご提供できる範囲で結構です)、オークション形式のチャリティーバザーを開催します。

・廃品ではなく、自分は使用しないが欲しい人はいそうな品、困ったときはお互いさまの気持ちでご提供お願いします。
・1人1品で結構です。また、お持ち戴けなくとも参加は可能です。
・カブで積んで帰られる程度のもの(車両やエンジンなど大物はご遠慮ください)
・収益についは本ミーティングの経費を差し引き、未来のライダーたちが乗り物に親しめるような図書を幼稚園等へ寄贈する予定です。



≪お願い及び禁止事項≫ ダメ!絶対!
・会場の芝生内ではエンジンOFF、押し歩きをして下さい。
・会場内での事故、転倒などについては一切自己責任でお願いします。
 ※特に小さいお子様がバイクに近づくと大変危険です、保護者の方におかれましては、目を離す事の無いようお願い致します。
喫煙は指定された場所(直売所脇等)のみとし、吸い殻のポイ捨ては絶対にしないでください。

以上が守られない場合、退場及び出入り禁止とさせていただきます。
このミーティング会場を借りるための最低条件につき、ご理解をお願い申し上げます。



≪事前エントリーについて≫ 

前回同様、事前エントリーも受付致します。
・受付期間:8月19日(火)~9月12日(金)
 ※事前エントリーのページが出てからお申込み下さい。



三連休のど真ん中と、予定のある方には厳しいと思いますが、お時間の許す方どうぞご参加ください。(^^)


≪問い合わせ先≫
s_cub_akm@yahoo.co.jp (あだたらカブの会 事務局)
℡090-8252-5927 (会長:渡辺)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-08-11 22:50 | あだたらカブミーティング | Comments(19)