人気ブログランキング |

<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

140727/朝のひと走り

140727/朝のひと走り_a0279883_18003920.jpg
7月27日(日) 5:30
晴れ/雨、 25℃

東北の梅雨明けへ向け、これが最後の雨となるのでしょうか、
朝のひと走りに出掛けました。


140727/朝のひと走り_a0279883_17591340.jpg
今朝はちょっと寝坊気味でした、もう一時間早く起きる予定でした。(^^;)
すでに日が昇り、気温も上昇していきます。

本日の相棒はセロー、
久々に 「母成グリーンライン ~レークライン」 を走りたいと思い、磐梯熱海IC方面へ走らせます。

また、セローのキャブの調子を見たいとも考えておりました。
と言うのも、何度かスカイラインを走った時、吹けなくなるのを感じていたからです。
純正キャブは高所で調子が悪くなるとの情報は聞いていましたが、実際どのくらいから影響があるものか知りたいと思いました。

磐梯吾妻スカイラインの道路最高点は1,622m、その標高ではハッキリって絶不調なのです。(^^;)
アクセルを開けなければそれほど感じませんが、アクセル開度1/2以上だと ゴボゴボ言ってまったく吹けません。

すでにスカイライン入ったあたりから調子は悪いので、1,200mくらいから影響が出始めるとは思っていました。


そこで少し標高の低いレークライン(最高点997m)ではどうなのか?試してみたいと思いました。


140727/朝のひと走り_a0279883_17591900.jpg
母成グリーンライン、ここも最高点は 1,000m近いのですが、調子の悪さはあまり感じません。


140727/朝のひと走り_a0279883_17592547.jpg
このへんが最高点かな?あまりカーブが無いので影響が分かりづらいです。


140727/朝のひと走り_a0279883_17593764.jpg
中ノ沢温泉街、レークライン方面は天気悪そうな気が・・・、そう言えば会津地方の天気、朝は雨だった気が・・・。


140727/朝のひと走り_a0279883_17594254.jpg
う~ん、やっぱり雲行きが怪しい・・・、

と思ったら案の定、R115に入ったあたりから霧雨、
レークラインに入り徐々に雨脚が強くなり・・・、

140727/朝のひと走り_a0279883_17594879.jpg
それでもレークラインを走り終え、料金所跡地にて一枚、
140727/朝のひと走り_a0279883_17595346.jpg
こんな感じで、結構降ってきました。
もちろんメッシュジャケットの下のTシャツは、前身のみシッポリ濡れてしまいました。(^^;)

140727/朝のひと走り_a0279883_18000121.jpg
レークラインを走って感じたのは、やはり最高点付近(997m)だとキャブの調子に変化が出始めます、満足に走らない訳ではないので、キャブセッティングである程度の改善は可能かと思いますが、薄すぎは良くないですね。

よって、セローのキャブに変化が感じられる標高の目安(夏場)は 1,000mからで、1500m以上だと確実に調子が悪くなるという事にします。(^^)


レークラインを折り返し、R115へ戻ります。
復路もずっと雨に当たりました。


土湯トンネル越えて 福島側は晴れているかな・・・、と思っていたら・・・、
140727/朝のひと走り_a0279883_18003405.jpg
おぉ~、やはり晴れてる!
・・・けど、実は雨も変わらず降っています。
140727/朝のひと走り_a0279883_18002574.jpg
こんなキレイな虹も見えました。

140727/朝のひと走り_a0279883_18004446.jpg
みちゆ手前のこのコーナーでも虹の始まりを見ることができました。


140727/朝のひと走り_a0279883_18005156.jpg
みちゆには、これからツーリングと思われるバイク集団が奥側に20台以上集合していました。
通り雨だと良いですね。(^^)


風も強くなり早々に退散しました、

しかし、岳温泉まで降りると快晴です。
私、ずっと雨雲と一緒に移動して来たのかもしれません。(^^;)

走行距離:約110㎞
雨はイヤですね、気遣いの走行となりました。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

by love_cub | 2014-07-28 19:00 | セロー225 | Comments(14)

ツーリング・只見生ラーメンを求めて

東北も梅雨明け目前ですね、
職場のバイク仲間とツーリングへ行きました。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13485495.jpg
今回のルート、実は昨年行く予定でした。
下見ツーまではしたものの、当日は雨で断念、浜方面へとルート変更した経緯があります。

只見の生ラーメンと、自然を愉しむことを主目的に、昨年のリベンジツーとなりました。





出発前夜、リトルの点検をしていました。
・オイルは交換したばかり、量も適正っと、
・チェーン点検、こちらは適正テンションでしたので、清掃と注油のみ、
・最後にエアチェック、タイヤの張り具合を、と・・・!?
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_14001442.jpg
リアタイヤ、いくらなんでも減り過ぎていました。(^^;)
指で押した感触でエアー圧を触診したところ、やたらとゴムが薄いことが判明。
良く見るとカーカス部まで出ていました。

まいったな、これじゃちょっとしたことでパンクしちゃうな・・・、
セローにするかな・・・、でも先導役なのでカブのほうがやりやすいしな・・・。
と、一瞬考えましたがタイヤ交換をすることに決定、ストックのM35があったので交換しました。

リアだけ交換、ちなみに交換前もM35です、3,600㎞乗るとこうなります。(^^)
リトルは14インチなので、減りの早いM35のライフが更に短くなりますね。

これで安心、就寝前に一汗かいてしまいました。(^^;)
早く寝よ寝よ! ツーリングには体調管理が一番大切です!




ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13400036.jpg
さて翌日、予報では雨の心配はなく、カッパ無しでもイケそうです。

7:00 軽くブリーフィングをし、出発です。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13450988.jpg
猪苗代周辺、ずっと小雨ですが、カッパを着るほどではありません。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13462122.jpg
気温も22℃程度と低めですが、カンカン照りよりむしろツーリングには有難い天気です。


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13465211.jpg
路面はウェット状態

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13470982.jpg
スクリーンの雨滴は常時こんな程度です。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13475614.jpg
会津市街地に入っても涼しかったです。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13481519.jpg
今回のツーは4台 +クルマで2台


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13485495.jpg
R252、只見川には川霧が立ち込めていました。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13490105.jpg
この時期には珍しい現象かも? まわりの静けさと相まって幻想的な雰囲気でした。


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13494217.jpg
R252からちょっと寄り道、沼沢湖に立ち寄りました。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13494822.jpg
金山町にある天然のカルデラ湖、水もキレイで湖水浴している方の姿もありました。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13495874.jpg
湖畔にはテントサイトもあり、キャンプも可能です。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13501068.jpg
この後、R400に出るまでの県道273はコークスクリューの連続、リトルのバンク角では厳しいコースでした。(^^;)


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13505873.jpg
ロックシェッドを走ります。涼しい~っ!



ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13513307.jpg
延々と只見川を追い、

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13514061.jpg
そろそろ田子倉ダムに到着します、
しかし、のどかな風景で和みます。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13515855.jpg
ダムが見えてきました。


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13530494.jpg
田子倉ダム レークビュー到着、ここまで約140㎞

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13535325.jpg
この日も静かな湖面でした。
遠くに見えるのが鬼が面山
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13540067.jpg
ホントに静かで落ち着く場所ですよ~、リフレッシュするにはオススメのスポットです。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13541120.jpg
そしてダムの眼下には水力発電が
高い所苦手な方はご注意を、かなりの落差があります。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13541891.jpg
もうすっかり夏の空です、
ホントは梅雨明けしているのでは?



しばしのリラックスタイムを愉しんだ後は、昼食箇所へ向かいます。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13550071.jpg
レークビュー駐車場からの下りは結構なつづら折れコーナー、

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13552698.jpg
景色を楽しむ余裕はありません。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13553437.jpg
向かった先は、
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13563438.jpg
只見駅前です、

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13570324.jpg
ホームもほのぼのとしています。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13571255.jpg
クルマの通れない踏切を渡ると、

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13572104.jpg
そこには神社がありました。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13572903.jpg
瀧神社です。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13573769.jpg
ツーリング道中の無事を祈願しました。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13575649.jpg
しかし良い景色です。時間がゆっくり感じます。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13580349.jpg
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13581047.jpg
この踏切、四輪通行不可の看板がありましたが・・・、
このわだち、絶対通っていますよね(^^;)


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13582337.jpg
ささ、本日のお目当ての一つ、只見生ラーメンが食べられる唯一のお店、山六食堂さんです。(11:30~)

只見生ラーメンとは、
約60年前、只見には美味しいラーメンがない、それならば自分が作ろう、と思い立った目黒麹店の先代店主。
只見の伏流水を使って作り始め、それをバイク(メグロかと思われる)で配達して回ったとの事です。以来麹屋ながら生麺もラインナップしています。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13583704.jpg
もやし味噌ラーメン:750
麺は中太のちぢれ麺、現代的な麺と違い昔ながらの味わいです。
味噌との相性も良く、大量のもやしは通常の一袋入っていますね。
味噌は目黒麹店で専用にブレンドされた味噌を使用、これがまた深みのある優しい味わいで美味しい!ついつい最後まで飲んでしまいました。
もやしラーメンはニンニクもガツンと効いていて夏場にもオススメです!

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13584298.jpg
こちらはラム肉定食:900円、
焼き加減も美味しそう!

山六食堂さん、只見駅から50mの場所なので場所は迷わず着けると思います。


おなかもいっぱいになり、更に歩を進めます、
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13585458.jpg
この後給油、前半の燃費は 47.0㎞/Ⅼ でした。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13590117.jpg
この後はR289を南下、南会津を目指します。


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13591564.jpg
道の駅:きらら289
ここでアイス休憩です。
ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13592316.jpg
トマトソフト:310円
おっ?去年より10円値上がりしてるぞ? こんなところにも消費増税?

美味しかったです!ここのはトマト特有の青臭さがないので、トマトジュース嫌いな私でも大丈夫でした。


さてさて、本日の立ち寄り箇所はほぼコンプリートしたので、あとは帰り足なのですが、去年はここからが辛かった!
満腹感が睡魔を誘発、今回は更に気温がぐんぐん上昇!

走っていても直射熱が容赦なく体力を奪います。
たまに木陰を通過するとオアシス並みの清涼感を感じます。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13593409.jpg
無理をせずに、40分走って10分休む作戦に切り替えました。
コンビニよりもなにせ日影が愛おしかったです。(^^;
ホント、生命の危機を一瞬感じました。

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13594499.jpg
その後はR121 ~R118 ~県29 を通り、

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13595047.jpg
しかし暑かったナ・・・、

ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_14000007.jpg
16:00、無事帰着しました。
事故、ケガ、マシントラブルなし、何よりのツーでした。


ツーリング・只見生ラーメンを求めて_a0279883_13394823.jpg
リトルもおつかれさま、この暑さの中をよく走ってくれました。
おかげで快適なツーができました。

持って行った予備チューブ、工具一式、フットポンプ、予備燃料タンク
全く出番がありませんでしたが、こうした準備もツーリングには必要ですね。

本日の走行距離308㎞、 燃費46.9㎞/L

夏場の300㎞は堪える~!(^^;
皆さんもどうぞご自愛を



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

by love_cub | 2014-07-26 16:43 | ツーリング | Comments(12)

第2回SRXミーティング/福島man3

福島の地で2回目となる YAMAHA SRXミーティング、 福島man3 に参加しました。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01053424.jpg
雨にも降られましたが・・・、楽しかったですよ~(^^)
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00042924.jpg



当日の天候は朝からの雨、降水確率も60~70%と高めで推移しています。

しかし、すでに関東組の皆さんは5:00に出発しているはず、地元福島のSRX乗りとしては、お出迎えをしなくては・・・。


7:30
集合時刻の1時間前、なんとそれまでの雨があがり、日が射してきました!
皆の願いが通じたようです。

本日のルートを確認しながら集合場所へ向かいます。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00200792.jpg
さすがにさっきまで降っていたので、路面はまだ濡れています。
でも、このまま日が射せば、あと30分で乾くでしょう。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00191258.jpg


7:50
集合場所には既に一台のSRXが
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00241619.jpg
黄色が鮮やかな車両です、昨年の星条旗グラフィックから塗り替えてのご参加でした。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00302458.jpg
SRXには珍しい左出しマフラー、
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00305518.jpg
ワンオフの膨張室も完備、これがあるとないとでは低速トルクに大きな差が出ます。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00321859.jpg
センター・タコ に置き換えたメータ、理想的な配置ですね。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01205773.jpg
そしてこれはナックルガード、確か THE SIMPLEさんが自分用に作ったもので実際には売られていません。
インプレをすることを条件に譲って頂いたとのことです。



第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00350694.jpg
こちらは総合幹事:右曲りのダンディーさんの車両、いつもピカピカです!


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00391873.jpg
集合時刻にはかなりの台数が集まりました。
※パトカーがいるのは四輪の事故処理のためで、この中の誰かがご厄介になったわけではありません。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00403568.jpg
20台弱だったかな?


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00402499.jpg
そして、偶然?通りかかったyoshidonさんがお見送りに来てくれました。
次回はぜひNZでご参加を、 みんなSRX250Fと勘違いしてくれますよ(^^)



第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00480800.jpg
第2集合場所へ向け出発、走り出してすぐに雨があがります。(^^;)
郵便屋さんと並走、お仕事お疲れ様です!


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00513521.jpg
みちゆ近くになると雨が降っています、カッパ脱がなくて良かった。



第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00542605.jpg
第2集合場所:道の駅つちゆロードパーク(通称:みちゆ)
数台のSRXここで合流・・・したと思います。


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00543328.jpg
しかし雨は一向に止む気配がありません。


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00544115.jpg
K野さんがここでお待ちでしたが、多量の雨を吸ったらしく、お見送りにまわりました。・・・残念



協議の結果、天候を考慮し、この後のお楽しみ区間(レークライン、ゴールドライン)をキャンセルし、直接第3集合場所:道の駅ばんだいへ向かうことに。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00545211.jpg
降りしきる雨の中をリスタート。私のSRXもだいぶ雨を吸っているはず、もってくれよ~(^^;)


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00554855.jpg
どんどん降ってきます・・・


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00555658.jpg
ガスって来た~!


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00560527.jpg
どうかやんでちょうだい!

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00561264.jpg
トンネルを抜けた先の天候を・・・全員が期待したはず!

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00561998.jpg
どうか晴れていてくれ~!
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00562846.jpg
おっ、降っていない?
路面も乾いている!

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00575005.jpg
快晴とはいきませんが、天候がかなり回復しています!ラッキー!


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00581478.jpg
これならレークラインもイケるかも?

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00583173.jpg
レークライン手前で協議、走れそうな気もしますが、雲を見ると降っていそうな感じなのでワインディングはキャンセル、
第3集合場所:道の駅ばんだい へ向かうことになりました。


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00593313.jpg
R115から県道7号へ、猪苗代市街を走るカッパ集団。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_00594688.jpg
もうこのあたりは青空です、カッパの中ムレムレ状態!早く脱ぎた~い!


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01012617.jpg
第3集合場所:道の駅ばんだい 着
駐車場係の方が、大型バスのスペースを一つ提供してくれました。ありがとうございます。

1台、2台・・・数えていくと・・・、
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01011722.jpg
なんか台数が少ない・・・、と思ったら・・・、
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01023322.jpg
ふじっこ部長さんがレークライン走ってきちゃったって!やるな~!
路面はドライだったそうです。(^^)


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01024316.jpg
皆さんの愛車拝見、こちらの車両は岩手から参加の方でした、
テールカウルと一体となったシートラインが素敵です。SRXの数少ないデザイン上のウイークポイントを解消しています。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_08000729.jpg
そしてなんと、キャブはFCRです。
キックのSRXに2連FCRは通常ポン付けできません。タンクが邪魔をして相当な加工をしないと付かないのですが、こちらはタンクの耳をうまく叩いてクリアしているとのこと。
加速ポンプはキャンセルされていました。


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01025174.jpg
こちらの車両、前回もお見かけ致しました。
マグタンですからね、ついつい羨望のまなざしを送ってしまいました。(^^)
端まで使われたタイヤがスゴい!


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01041681.jpg
天候は快晴となり、暑いくらいになってきました。
会津若松に向けて出発です。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01053424.jpg
市内を一望できる気持ちの良いワインディングをいきます。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01054599.jpg
やっぱりワインディングは晴れに限りますね、SRXいっぱいでカッコイイー!(^^)

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01061304.jpg
皆さん良いペースを保ちつつ、整然とマスツー編隊で進みます。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01062167.jpg
SRXはワインディングが似合います、セパハンだと気分も上がります。(^^)


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01064474.jpg
ちょっと雲が怪しくなってきたけど・・・、大丈夫でしょう!


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01111672.jpg
ドライブインあいづ 到着
ここで昼食休憩です。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01112599.jpg
車一台のスペースに4台以上、慎ましく停めました。
やはり皆さんマナーが身についています。ちょっとしたコトですがお互いそうだと気持ち良いですよね。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01113593.jpg
他にもバイカーさん達、大勢いらっしゃいました。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01115855.jpg
昼食は全員がこれ! ソースかつ丼:1,100円
大盛りではなく、これが普通盛り!
昨年食べ切れなかった人はリベンジ! 全員が完食しましたが、皆さん苦しそう?でした。(^^)


さて、最終集合地点、羽鳥湖へ向かいます。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01131269.jpg
天気は持ちそうです・・・、

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01132783.jpg
・・・と、思いましたが、トンネル一つ過ぎると突然の雨模様です。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01134704.jpg
ここでカッパ着る班と、そそまま行っちゃう班に分散、
私は・・・カッパ着る班です。
※man3ではカッパ着る人 →負け組 と言われるそうです。(^^;)

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01142268.jpg
もう少しだから頑張ってくれよ~、
リスタートのエンジン、水滴を吸ってか掛りが悪かったです。(^^;)

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01145224.jpg
その後は降ったり止んだりの天候、カッパ着て正解かな?


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01150487.jpg
最終集合地点:羽鳥湖畔到着です。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01183923.jpg
ここでのフリータイムは、集合写真、恒例の大試乗会で盛り上がりました。


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01185074.jpg
皆さん筋金入りのSRXマニア、他の人のSRXは気になりますよね~(^^)


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01190460.jpg
私は車両ウオッチング、これはふじっこさんの車両
一見ノーマルなのですが、手の掛けようは凄いのです。
ブレーキを中心にアップデートがなされる玄人好みのチューン、マフラーはTHE SIMPLEさんによるチューニング済みです。静かで速い!
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01191250.jpg
ステッカーもセンス良いです。



第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01192789.jpg
こちらはお二人で参加の数少ない?福島組、郡山市からの参加です。
手前はCB400SS、吸排気中心に手が入れられています。
奥のSRXの方は前回も参加されています。

第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01193542.jpg
今回唯一のⅠ型でしょうか、カタチは一番カッコイイです。程度も良いですよね。
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01195587.jpg
このタコメータは初めて見ました、Daytona製とのことです。


第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01201777.jpg
この車両、実は試乗させて頂きました。
私と同じキックのⅡ型、キャブはFCR+ラムエアフィルター
乗った感じは、セッティングが絶妙で、特に中間域から高回転域にかけての伸びが最高に気持ち良かったです。
私のより少ない排気量(620)でしたが、フィーリングが良いです、乗って楽しいSRXに仕上がっています。キャブと排気音もたまりませんでした。(^^)

あー、これいいな・・・、また目標ができちゃったな・・・、乗らなきゃよかったかも・・・(^^;)
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01204523.jpg
そしてこんなところにも注目!なんとクーリングファン装備!
エアクリーナーとバッテリースペースを有効活用、熱のこもりやすいレギュレターをここに移設し、PC用のファン×2で放熱です。
アイディアですね~、(^^)

オーナーさん、ありがとうございました。


さてさて、man3の楽しい時間は過ぎ、お別れの時間がやってきました。
県外から来て頂いた皆さん、雨にも関わらずありがとうございます。

またお会いしましょう。(^^)



今回、ふじっこさんに素敵なステッカーを頂きました!
参加者全員に配っていました、ありがとうございます!
第2回SRXミーティング/福島man3_a0279883_01355604.jpg
man3ステッカー欲しかったんです、嬉しい!
テールカウルをキレイにしたら貼りたいと思います。(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

by love_cub | 2014-07-21 09:46 | 一般ミーティング | Comments(14)

明日は 福島man3・雨よ降らないで!

明日の 第2回 福島man3
雨よ、どうか降らないで!

明日のルートとなるそれぞれの地区の降水確率は・・・
 中通り:60%/第1~第2集合地点
 会 津 :70%/レークライン~昼食

降ったり止んだりの悩ましい天候のようです。


でもね、関東組さんは 朝5:00にはこちらへ向かう予定です。
多少の雨で欠場するわけにはいかないでしょう!

私のSRX、雨天走行は一度もしたことがありません。(^^;)
やはり雨は危険が高まるし、走っても楽しくないからってのが大きいのですが、一番の理由は・・・
明日は 福島man3・雨よ降らないで!_a0279883_22512950.jpg
「エアクリーナーが無いから」

これにつきますね、

私のSRXはパワーフィルターを装着しています。
フィルターろ紙は紙で出来ていますので、濡れると目詰まりしてエンジンが止まっちゃいます。
土砂降りじゃなきゃ大丈夫でしょうけど、長時間の走行は厳しいでしょうね・・・。


でもね・・・、明日だけは特別な日なので走っちゃいます。
もうね、目詰まりしたらフィルターレスで走ります! O/H覚悟で!

だって、もの凄く遠くから来てくれる人だっているんです。(前回は片道700㎞とか・・・)
それを考えたら、私なんてどこでエンジン止まったって、その日のうちにレスキューに行けますからね。(^^)




さて、今日も日中は雨だったので、最終整備をしました。
明日は 福島man3・雨よ降らないで!_a0279883_23015720.jpg
オイル交換をしたり、
※フィルターも交換したので:2.1L



明日は 福島man3・雨よ降らないで!_a0279883_23020273.jpg
マフラー補修もしました。
何度もリベット打ち直ししているのですが、もう限界ですね。
今回もマフラーコーキングと屋外ポール用のステンレスバンドで強引に補修しました。



明日は 福島man3・雨よ降らないで!_a0279883_23024789.jpg
夕方、雨があがったので試運転を兼ねて給油に行きました。

新しいオイルはやはり回転フィールが良いですね。(^^)
マフラーも大丈夫そうです。



さ、明日は man3集団が通過するときだけでも雨があがってくれることを皆で祈りましょう、
それでは明日、よろしくお願いします。(^^)

あ、SRXがうじゃうじゃの異様な光景が見たい方、待ち伏せ&飛び入り大歓迎ですよ!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

by love_cub | 2014-07-19 23:21 | 一般ミーティング | Comments(0)

今週末は「福島man3」

いよいよ今週末、東北では戦後最大級となるSRXミーティング、福島man3 が開催されます。

第2回 YAMAHA SRXミーティング 福島man3
2014年 7月20日(日)
8:30 二本松IC前、インタードライブイン
9:30 道の駅つちゆ
11:30 道の駅ばんだい
14:30 羽鳥湖、解散
※各30分後に出発、時刻はあくまでも予定です



さて、集合ポントの二本松IC、初めて来られる方のために、第1集合場所及び給油場所について記載しておきます。
ダンディーさんが先導されるので心配ご無用ですが念のため


二本松ICを出てから、第1集合場所と給油場所の位置関係は以下のとおりです、
↓クリックで拡大
今週末は「福島man3」_a0279883_02592885.jpg
給油するとしても、第1集合場所に向かうとしても、
二本松ICを出てすぐに左折することになります。


※最初の交差点を直進すると、第1集合場所に入ることができませんのでご注意を!

今週末は「福島man3」_a0279883_01582896.jpg
二本松ICを出ると、この景色になりますので、必ず左折してください。
丸で囲んだ建物が、第1集合場所のインタードライブインです。

今週末は「福島man3」_a0279883_01583721.jpg
左折するとすぐ目の前の道路を横断し、インタードライブインに入ることができます。
※給油をする場合は、左折後100m先にJASSがあります。


第1集合場所を出発後は、R459の山岳路をひた走ります。
今週末は「福島man3」_a0279883_01585877.jpg
こんな道や
今週末は「福島man3」_a0279883_01595076.jpg
こんな道、


今週末は「福島man3」_a0279883_01595941.jpg
こんな道を走って、
今週末は「福島man3」_a0279883_01575170.jpg
第2集合場所:道の駅つちゆ(通称:みちゆ)へ到着です。
※休日はバイクやクルマであふれています

今週末は「福島man3」_a0279883_01563803.jpg
みちゆから第3集合場所までは、景色も良く走り応えのあるワインディングです。

今週末は「福島man3」_a0279883_01543897.jpg
ここから先は本番のお楽しみという事で・・・、

それでは当日お会いできることを楽しみにしております。(^^)
どうぞお気軽にお声掛けください!

全国各地からSRXオーナーが来てくれる福島man3です、福島のSRX好きは車種不問でお出迎えしましょう!


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

by love_cub | 2014-07-17 06:00 | 一般ミーティング | Comments(2)

あだたらカブの会ツー to かわうちの湯


7月13日(日)
本会のカブツーリングを実施しました。


この日の参加者は3人、ちなみに私は不参加でした。
よって、今回の撮影は会長のcubmoによるものです。

あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_0354447.jpg
集合場所の PLANT5大玉店には4台のカブが・・・、
新型の50プロ(JBH-AA04)は、買い物に来ていたお客さんでした(^^;)


行先は川内村「かわうちの湯」、温泉に浸かっての まったりツーリングをもくろんでおりました。

ルートは 本宮市 ~三春町 ~R288を進行、


あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_036509.jpg
途中で林道も組み入れつつ、大越経由で川内村を目指しました。


あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_0395176.jpg
かわうちの湯 到着

あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_0371298.jpg
玄関前でスタッフがお出迎え、親切に案内して下さり、気持ち良く利用することができました。
こういった配慮は利用する側とすれば嬉しいものですね。(^^)


あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_0415183.jpg
温泉はアルカリ性の単純泉、
温泉特有の臭みもなく、無色透明なお湯です。

上がった後もじんわりぽかぽか温まったとのこと。


料金は、
 平日:600
 休日:700

広間休憩は無料とお得です、ゆっくり利用していく人にはオススメですね。(^^)


あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_046914.jpg
食事も安価な上に美味しかったそうです。




あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_0464190.jpg
せっかく川内まで来たので、オススメスポット 幻魚亭「いわなの郷」へも立ち寄ることに。
かわうちの湯から数百mほどの場所です。

こちらではイワナ釣りも楽しめます。

あだたらカブの会ツー to かわうちの湯_a0279883_0475669.jpg
一行は イワナの塩焼き:500円 を食し、まったりと時間を愉しみました。


・・・が、外はすでに雨模様。
カッパ着用で家路に着きましたが、温泉でじんわり温まったおかげで身体が冷えることはありませんでした。(^^)

また行ってみたい、そんな気持ちにさせる かわうちの湯ツーリングでした。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村




※現在、川内村の一部は、避難指示解除準備区域と居住制限区域に指定され、以前の生活に戻りたくとも戻れない人たちが大勢おられます。

ちょうどツーリングに訪れたのこの日、川内村では住民懇談会がありました。
避難指示解除準備区域にて、7月26日に避難指示が解除される方針でしたが、インフラの整備が完全ではない等の理由により解除延期が発表されました。
帰宅を待ちわびていた方々にはとっては残念な結果となってしまいました。

気持ちの良いサービスを提供して頂いた川内村の皆さんですが、エリアにより住民が分断されるという状況下に現在も置かれています。


震災後、福島には全国の方が観光に訪れるようになりました。
とりわけバイク乗りの皆さんには全国各地から足を運んで頂き、そのたびに福島を盛り上げ、暖かい支援を頂いております。これは本当にありがたく感謝してもし尽せない気持ちであります。

今回のツーリングで感じたのは、震災から3年が経過した今、これからは外から支援を頂くばかりではなく、福島の支援は同じ福島県民の私たちがする番ではないか、そうしたステージに入ったのではないかという事でした。

たった一度のツーリングで偉そうな事を言うようですが、同じ思いでツーリングをしている人はきっといるはず。

確かに一人ひとりができることは小さい、しかし何もやれないことは無い。 何をすべきか、それを考える事が大切なのではないか。

答えは容易に出るものではありませんが、福島の今を改めて考えさせられたツーリングとなりました。(cubmo)


by love_cub | 2014-07-16 00:57 | ツーリング | Comments(4)

140712/朝のひと走り・GSF1200

7月12日(土) 5:00
晴れ 19℃

明け方ちょっと大きな地震がありました。緊急地震速報が鳴ったので身構えましたが大事には至りませんでした。

先週まったくバイクに乗ることができなかったので今朝は走ろうと思っていました。
福島man3が目前に迫っていることもあり、今日はSRXを引き連れての朝駆けです。

そろそろ朝もメッシュジャケットの季節ですね、日が射すと、とたんに汗ばんできます。(^^;)


140712/朝のひと走り・GSF1200_a0279883_8594114.jpg
吾妻小富士もクッキリですね、でも今日は上までは登らず、みちゆまでとします。


キャブの清掃をしてみたのですが、脱着をしてからワイヤーが重くなり、アクセルの戻りが悪く(と言うより戻らない?)なっていたのです。
140712/朝のひと走り・GSF1200_a0279883_911511.jpg
アクセルワイヤーの取り回しを間違えたか、タンクと間に噛んでしまったか、何度かタンクを外して確かめましたが原因ははっきりしませんでした。 タンクをわずかに浮かせると大丈夫なようです。

う~ん、帰って原因究明ですね。余計な仕事をつくってしまった・・・(^^;)



さて、本日はみちゆで久しぶりにお会いした方が。
140712/朝のひと走り・GSF1200_a0279883_913192.jpg
GSF1200  Tさんの車両です。キレイにカスタムされています。

カーボンパーツでだいぶ雰囲気が変わりますね、よく見るとチタンマフラー、キャブもFCRが奢られています。

140712/朝のひと走り・GSF1200_a0279883_938753.jpg
そして・・・、泣く子も黙る ビトー・マグタンです!
リム幅はアップせず、ノーマルと同サイズを選択されたそうです。
ホイールはわずかな違いで乗り味が全く変わりますからね、大人な選択です。(^^)

しかし軽さにこだわっていますね~、ノーマルでも軽量なGSFが更に軽量化され、戦闘力アップですね。 


実はTさん、私のSRXの前オーナーでもあります。
縁あって譲って頂いてからも、何度かみちゆでお会いしております。

7年前、TさんがSRXを売るという情報を聞きつけ現車確認に行った際、傍らに佇むSRXにもう一目惚れでした。
かなりレーシーなチューンドSRXでありながら乗り手にソフトな仕上がりで、一つひとつのパーツがこだわりを持って選定され、オーナーの愛情が込められていることが分かりました。
「この機会を逃してはならない」 後にも先にもそこまで強く思ったバイクは無かったかもしれません。
馬力だけを追求した680㏄に乗っていた私にとって、足回りが優る理想的なチューニングが施されたこのSRXの乗り味は鮮烈なものでした。
もう即金策に走っていたのは言うまでもありません。(^^;)

こうして時々お会いして、SRXを見られると抜き打ち検査のようでちょっと照れくさい気もしますし、あまりキレイにしていないので申し訳なくも思います。(^^;)
同一個体を所有した者同士の貴重な会話、今後ともよろしくお願いしたいと思います。(^^)



さて、みちゆには常連さんの姿が・・・、
140712/朝のひと走り・GSF1200_a0279883_9584488.jpg
yoshidonさん、gyuさん、junz06さん、べんぞうさん、ゆーぱぱさん
などなど、皆さん早起きですね~、って、人の事言えませんが。(^^;)

タンク外しにお付き合い頂いた皆さん、ありがとうございました。
一人だったら恥ずかしくて出来ませんでした。(^^;)


さて、今週末は天気が良さそうですね。
今日も明日も猛暑日に近くなりそうなので、お出掛けの際は水分補給をお忘れなく!


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-07-12 10:07 | SRX-6 | Comments(2)

10年後のあるべき姿

最近仕事が忙しく、エントリーが滞っておりました。(^^;

さて、仕事をしている方であれば一日の中で趣味に割くことができる時間は限られるかと思います。
人によってはバイクを買ってもなかなか乗る機会に恵まれない方もおられるかと思います。
かく言う私も子どもが生まれてからというものバイクの優先度は限りなく低くなり、一時は消えかけたこともありました。

現在、私の中での優先順位としては、

①自分
②家族(家庭全般)
③仕事
④地域活動
⑤趣味(バイク)

といった感じです。
家族のためなら命をも・・・とは考えておりますが、自分自身が健康でなければ家族を守ることはできないので自分が最上位です。
また、折り合いを付けて仕事を優先させることはありますが、良い仕事は良い家庭があってこそだと思いますので家族(家庭)は2番目。
以下、上位の事柄があっての下位の事柄ととらえております。

よって、①~④までの事柄がすべてクリアーになった時だけ、⑤のバイクを手掛けている訳であります。
そしてこのブログもまたしかりです。



4~5年前になりますが、社員研修を受けた時に考えさせられた講義がありました。

それは、「人生における8つの役割」というものについて述べられたものでした。

「仕事とは自分の能力や興味、価値観を表現するものである。そうでなければ、仕事は退屈で無意味なものになってしまう」:ドナルド・E・スーパー


人生の中で役割は8つに分類でき、それは何度か現れ年代によって変化していくというものでした。

≪人生における8つの役割≫
・子ども: 生まれた時に始まり、両親がなくなるまでの役割
・学生: 近年では一生の間に何度も訪れる場合も。誰もが義務教育期間はあり、多くは高校、大学などを卒業するまでの役割。
・職業人: アルバイト、パートなども含めて有給で働いている間の役割
・配偶者: 夫や妻という役割
・ホームメーカー: 料理や買い物、家具選び、家の修理など家を保つための役割(何をどこまでやるかは考え方の違いで大きく異なる)
・親: 子供を育て、関係を維持していく役割
・余暇を楽しむ人: 読書、音楽鑑賞、映画鑑賞、スポーツ、外食などを楽しむ個人としての役割
・市民: PTAやボランティア、自治会など地域社会での活動や、納税の義務などの役割


これを「現在の自分」、「10年後の自分」それぞれについて優先順位をつけるという作業をしました。
当時の自分に当てはめると、親、職業人などが上位でしたが、両親や子の年齢を考えた場合10年後の順位には変化が生じることに気付きました。
そしてきっと10年後にはもっとバイクに乗られるようになるとも思いました。(^^)


私は40代ですが、この歳になると10年という歳月はホントにあっという間に過ぎて行きます。
子供の頃の10年は、途方もなく長く感じたものなのに不思議なものです。いつの間にかどんどん歳をとってしまわないよう、ある程度の長期目標は持ちたいものだと思いました。

この講義の最後に、「10年後のあるべき姿」を記載する欄がありました。
・仕事上の立場
・年収目標
・家庭
・地域への関わり
・学び
・趣味

などなど、それぞれに色々と書きましたが、趣味の欄に「80歳までバイクに乗る!」と書いてありました。

私は80歳までバイクに乗ることを目指しています。カブも乗りたいのですが、SRXのようなちょっと面倒なバイクを爺さんが事もなげに乗っていたらカッコイイなと思うのです。(^^)
そのためにはバイクに乗り続けられる環境(体力、操縦の技術、メンテのスキル、家族の理解、事故らない)を維持して行くことが大切だと思っております。

後期高齢ライダーになったその時に、バイクやカブについて語り合う家族や仲間がいたら最高かなと、考えたりしています。(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-07-10 20:47 | Comments(8)

オイルの規定量とは

今回はオイルの規定量についてひとつ。

エンジンオイルは車種ごとに規定量が定められています。
これはカブでも他のバイクでもクルマでも同じことです。


規定量とは、レベルゲージの上限(アッパーレベル)で示されるエンジンオイル量のことです。

通常、オイル交換時にはこのアッパーレベルを目指して入れると思います。


カブの場合もクランクカバーに

オイルの規定量とは_a0279883_18311399.jpg
・全容量:0.8L
・オイル交換時:0.6L

と書かれています。 ※C50の場合

なので通常カブのオイルを交換する時は、オイルを抜いた後に0.6L入れればほぼアッパーレベルとなるはずです。

私の場合はなるべく多くのオイルを入れ替えたいので、車体を傾けたりクランキングしたりして出していますので0.8L近く入れる事が多いです。
一度オイルを入れた後はエンジンを掛け(3分程度)、止めてオイルパンに戻ってきたところ(1~2分後)でゲージを確認、少なければ足し、多ければスポイト等で抜きます。
面倒でも何度かこの手順を繰り返し、アッパーレベルぴったりになるよう合わせています。


4サイクルの場合、オイルは理論上は燃焼しない構造ですが、実際にシリンダー潤滑の際に残ったオイルが微量ですが燃える事になります。
これは荒いアクセルワークをしたり、高回転を多用したりすると更に燃える傾向にあります。

そう、エンジンオイルは燃えるのです、そのために規定量があり、言い換えれば次のオイル交換時期までにレベルゲージの範囲内に収まることができる量だとも言えます。


オイルは入れ過ぎても抵抗になりエンジンに悪影響を与えます、もちろん少なすぎても劣化が早まり結果エンジンにダメージを与えます。
オイル規定量とは、次のオイル交換時期まで許容範囲に収まることができる安全マージンを確保した量とも言えるのではないでしょうか。



さて、ここからちょっと昔の話になりますが・・・、
私は以前、クルマのオイル交換を、某カー量販店で行なっていた時期がありました。

当時乗っていたのはスバル車でした。
平均的な2000㏄クラスの4気筒の場合、オイルの量は全量で4.0L、オイルのみで3.5L程度かと思います。
スバルの水平対向エンジンはオイルが肝であるため、コンパクトな割には使用量が多く(オイルフィルター交換時4.5L、オイルのみ交換時4.0~4.2L)、4L缶を買っただけでは足りません。
そこでオイル会員となり、交換&オイルを量り売り(入れた量に関わらず排気量とオイル種別で金額設定)で購入していました。

オイルは作業のたびに規定量通りに交換され、フィルター同時で4.5L、オイルのみで4.0~4.2L程度の量を入れてもらっており、値段もそこそこで満足しておりました。

人気ショッピングモール敷地内という立地条件から、休日のピットは常に満車状態。飛び込みでのオイル交換は出来ない程の盛況ぶりでした。

いつの頃からか待ち時間緩和のためか、ピット作業は完全予約制となり、オンラインでの予約も可能となりました。

オンライン予約は、車種名や型式、排気量などを入力する本格的なものでした。
当然、型式からオイル規定量は特定されますので、そのためのオンライ予約としては実に理にかなった手法を採用していると感心しました。


私も初めてオンライ予約をして訪れた時のことです。(5年程前の出来事でした)

待つこと1時間、作業完了のアナウンスが流れました。
ピットにてメカニックの立会いのもと、完了報告書にサインをするばかりでしたが・・・。


メカ:オイルのみの交換完了です、3.2Lでした。
:えっ・・・、 3.2L?

・・・ちょっと待てよ、このクルマはオイルのみの交換でも規定量は4.0L近いはず、それが3.2L?
※この時は正確な規定量はうろ覚えでしたが、今までの実績から4.0必要という感覚はありました。


:いつも4Lくらい入っていたので3.2Lは少ないでしょう、ゲージを確認させてください。
メカ:はい、ただいま確認頂くところでした、こちらです! ↓その時のイメージ

オイルの規定量とは_a0279883_18371156.jpg

自信満々で差し出されたレベルゲージに示されたオイル量は、なんと中心線より下、どちらかと言えばロアーに近い側でした。

しばし絶句しましたが、必死に怒りをこらえ、

:あの・・・、だいぶ少ないですよね、規定量になるまで入れてください。
メカ:え?このゲージ内であれば大丈夫なんですよ!

我が耳を疑いましたが、事実です。こんな整備士がいたのかと仰天しました。
確かにレベルゲージ内であれば許容範囲ですが、最初から少ない側に合わせるなどは訊いたことがありません。
粗利を上げるため少な目に入れる方針となったのかは分かりませんが、整備士としてのプライドはどうしたのかと悲しくなりました。


:あのね、オイル交換の時に規定量入れなくてどうするの、とにかくアッパーレベルまで入れてください。
メカ:えっ・・・、大丈夫ですよ・・・。



結局オイルは足してもらいましたが、なんとも後味が悪く、と言う以前に信頼関係が保てず、それ以降は自分で交換しています。
でもそのおかげでオイル交換はだいぶ安く済むようになりましたし、お店に行く手間も省けるようになりました。(^^)



しかしいくら時間に追われているからとはいえ、命を乗せて走るクルマの整備です、中途半端で済ませて良い訳がありません。

あの型式まで入力したオンライン予約は何だったのか、あのメカニックは今後も整備を続けるのか、そしてこれまでどれだけの車の整備に携わったのか・・・、
様々な腑に落ちない思いが交錯したまま帰路に着いたことを覚えています。


規定量とは一つしかありません、細かな事かもしれませんが、こうした積み重ねが機械を整備する上では大切な事だと思います。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


by love_cub | 2014-07-02 18:41 | カブメンテ | Comments(22)