人気ブログランキング |

<   2014年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

C65・エンジン降ろし

今日は気温がやたらと高く、春先を思わせる陽気ですね。
しかし天候は雨・風・雪と、バイクを乗るには適さないのでバイクイジリをしました。

C65・エンジン降ろし_a0279883_13562046.jpg

C65、レストアの方針どころか、レストア or 売却すらも決まっておりませんが、ひとまずエンジンを降ろして各部の点検をすることにしました。

エンジン自体は貴重なC65のものでは無いので(多分)、車体に積んであっても全く価値がありません。

おまけに白煙を吐くエンジンなので、ピストン&シリンダーが逝っているはず・・・。
C65・エンジン降ろし_a0279883_140023.jpg

マフラーを外すと早速オイルが垂れてきています・・・。 2st並みの白煙はこのせいか・・・。
C65・エンジン降ろし_a0279883_14205196.jpg

スポカブのマフラー内径は22㎜でした。 この時代はビッグバルブなのでピッタリの仕様ですね。
この内径のマフラー、作ってくれるメーカー無いかな?
ちなみにカブ90の規制前(~'98)マフラーは18㎜くらいでした、こちらは明らかに低速向けなんですよね。(^^)


・・・もう無心でバラしましたので経過写真はございません・・・。


C65・エンジン降ろし_a0279883_1431092.jpg

とりあえずエンジンを降ろして清掃してみました。


C65・エンジン降ろし_a0279883_14131284.jpg



C65・エンジン降ろし_a0279883_14133419.jpg

フェンダーは補強するしかないのかな・・・、 触ると傷口が広がります・・・。(^^;)



C65・エンジン降ろし_a0279883_14142478.jpg

50年前の車体といっても、最近までの鉄ボディのカブとほとんど同じ構成なのはスゴいですね・・・。
そして、明らかに古カブのほうが細部の造りが丁寧です。
リアウインカーの配線も表に出ないような取り回しや、タンクの組み方やホースの取り回しも整然とされています。
溶接痕も非常に綺麗に仕上げられています。 この頃のカブが長寿なのはこうした仕立ての丁寧さによるところが大きいのかもしれませんね。 さすが made in japan


今度はエンジン開けてみたいと思います。(^^)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-26 14:28 | メンテ/C65 | Comments(10)

会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス

1月20日は大寒でした、冬も折り返しと考えると少しホッとしますね。
でも実際には2月上旬頃までが一番寒いので、どうぞご自愛ください。


先日会長cubmo宅へ行き、バイク談義などをしてきました。
今年の活動からよもやま話などを、こたつにあたりながら・・・、 寒いですしね・・・。(^^;)

私たち自身が楽しめる活動を・・・、といったところに落ち着きました。


さて、会長cubmoのカブですが、まだ紹介していないものがありました。


8台目は、プレスカブ仕様のC50です。
会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_27560.jpg

HONDA スーパーカブ50デラックス C50DX(DK)
・1989年式?
・全長1,800×全幅660×全高1,010
・軸距離:1,180
・車両重量:75kg
・エンジン型式:C50E・空冷サイクルOHC単気筒
・総排気量(内径×行程):49cc(39.0×41.4㎜)
・圧縮比:10.0
・最高出力:4.5ps/7000rpm
・最大トルク:0.52kg-m/4500rpm
・変速機:自動遠心式3段ロータリー
・タイヤサイズ:2.25-17(前後とも)
・発売当時価格:145,000円
・発売開始:1986年7月



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_29422.jpg

一時期よく見かけたデザインですね、本来は上のタンクの部分にも対となるシールがあるのですが、剥がされておりました。
※ちなみにシールはメーカー欠品となっております。
'80以前のレストアをされる方は、純正部品は無いものと思って着手を・・・。(^^;)



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_21841.jpg

このモデルから全車ハロゲンヘッドライト、12Vメンテナンスフリーバッテリーになりました。
まだライトリングが大きいタイプですね。



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_2223471.jpg

エンブレムには DELUXE の文字が控えめに入ります。
この時期はスタンダードも併売しており、デラックスの専用装備としては、
 ・フロントキャリア
 ・燃料計(タンクに)
の2点でした。



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_229987.jpg

常時点灯となる前の時代なので、ポジション付きのON/OFFスイッチがあります。



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_2311853.jpg

年代を感じさせるメータパネルですネ。(^^)
走行距離は600㎞台と極少!



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_2325862.jpg

走行中にニュートラルに入らない ニュー・シフト・パターン

当時併売されていたC50ビジネス(のちにプレスカブへ)は、走行中でも 3→Nが可能な常時ロータリー(クイックリーチェンジとも)でした。



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_2385517.jpg

シートはリブ状のステッチが入ったコシのあるタイプです。



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_242012.jpg

このモデルにはグリスニップルがありません。
リンク部の性能が向上したのか、それともコストダウンのためでしょうか。



会長のカブ⑧ スーパーカブ50デラックス_a0279883_245113.jpg

会長の好みでリアキャリアをプレスカブの物に変更してあります。



普段の足代わりにと衝動買いしたC50DXでしたが、この直後にC70カスタムを入手してしまい、現在稼働率が激減してしまいました。 手放すのも時間の問題かも・・・。 

当時物のステッカーが入手できないこと、オレンジ色のC50の時代と比べエンジンの伸びの悪さ、各部にコストダウンの形跡が感じられることなどが不満点のようです。

とはいえ・・・、置く場所もあるし、しばらくは飼い続ける・・・かな?(^^;)



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-22 07:00 | 愛車紹介 | Comments(4)

C65の車体色は2色あり!

先日入手したC65の車体色が気になり、調べてみました。

「スーパーカブの歴史:三樹書房」 に当時のカタログが掲載されていました。
C65の車体色は2色あり!_a0279883_1501564.jpg

C65がデビューした 1964年12月当時のものと思われます。

当時のスーパーカブのラインナップは4種類
カタログ掲載順に、

・C65  OHC 63㏄
・CM90 OHV 87㏄
・C100 OHV 49㏄
・C102 OHV 49㏄(セル付)

今見るとヨダレが出そうな構成ですね~(^^)


そして、驚くべきは4機種全てに違う色が用意されていることです!
C65の車体色は2色あり!_a0279883_1543175.jpg



あまりにも小さい文字なので、つぶれて判別が難しいのですが、
C65の車体色は2色あり!_a0279883_1515373.jpg

・C65 ダークグレー、 オリーブブラウン
・CM90 エレファントグレー
・C100 スモークグリーン、 ビーバーブラウン
・C102 マルエムブルー

全6色! 機種のキャラクターに合わせたシブ目の設定です。



C65
C65の車体色は2色あり!_a0279883_1562621.jpg

C65のグレーは、CM90と同じエレファントグレーだと思っていましたが、単に「ダークグレー」でした。

そして、もう一つの色名が判別困難でしたが、マクロ撮影をしてみると分かりました。
オリーブブラウン」です。
確かにグレーとは違う、黒褐色のC65を某ミーティングで見た記憶があります。
通常目にするC65の多くは ダークグレーだと思いますので(私のもそうです)、初期に存在した色なのかもしれませんが詳しいことは不明です。しかし希少色なのは確かでしょう。



CM90
C65の車体色は2色あり!_a0279883_1581063.jpg

CM90のグレーはカブの世界では有名な 「エレファントグレー」です。
後にCT50、C50、70、90などに採用され、'80年代まで引き継がれる人気色でした。



C100
C65の車体色は2色あり!_a0279883_1584013.jpg

C100はこの頃には初期のマルエムブルーの設定がなく、緑と茶の2色となります。
スモークグリーン」 は、以後の定番カラーとなりました。
茶色の正式名は 「ビーバーブラウン」、ちょっとカワイイ。(^^)



C102
C65の車体色は2色あり!_a0279883_1575935.jpg

C102は、 「マルエムブルー」のみです、確かにそれ以外の車体色って見たことありません。
各部の変更はありましたが、車体色は単一色で '66年まで販売されていたようです。



しかしC65の車体色が2色あったのは意外でした、そんなに売れた訳でも無いはずなのに・・・。
オリーブブラウンか・・・、今後お目に掛かる事があるかな・・・。

・・・と、50年前の原付のカタログで目を輝かせてしまいました。(^^;)


↓役に立った時だけお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-14 19:00 | カブ | Comments(9)

スーパーカブ・C65

先日手に入れた C65、外見のみチェックをしてみました。

スーパーカブ・C65_a0279883_1711685.jpg

スーパーカブ・C65_a0279883_17114484.jpg

見た目はサビサビ、レッグやFフェンダーはなく、スポーツカブのものと思われるマフラーが付いています。

スーパーカブ・C65_a0279883_17171112.jpg

ブロックタイヤなどから、一見C105T風にも見えます。


スーパーカブ・C65_a0279883_17192473.jpg

テールはおむすび型の三角テールです。 この時期のC100系共通でしょうか。

スーパーカブ・C65_a0279883_17465415.jpg

そしてフェンダーの穴、このあたりは鉄とサビの判別が難しい状態です。(^^;)
また、フェンダーに歪みもみられました。 修復できるのかな・・・。



スーパーカブ・C65_a0279883_1722955.jpg

フロントエンブレムはC65特有の 65の文字が赤で強調されたもの。

スーパーカブ・C65_a0279883_1722561.jpg

車台番号でも辛うじてC65であることが確認できました。
C65-C~

C100と共通ボディとなるこのC65は、わずか半年間だけ 1年間という短期間の販売でした。
 '64年12月 C65-A
 '65年 4月 C65-B、C
 '66年 1月 C65-D
 '66年 5月 C65-E(ニューボディとなる)

と、アップデートを矢継ぎ早に繰り返していたようです。
やはりOHC初搭載とあり、問題点も多かったのでしょうか。
※上記と併売し、C65Mと呼ばれるセル付モデルも存在したようです。

私の個体は C65-C なので割と後期の型番。 性能も比較的安定して来た頃のモデルでしょうか。

スーパーカブ・C65_a0279883_1734162.jpg

ハーネスにも 1965年製の証しが残されておりました。


スーパーカブ・C65_a0279883_17354182.jpg

燃料タンクとボディの色がが違います、タンクのシールが Cub50 なことから、タンクはC100のものでしょうか。


スーパーカブ・C65_a0279883_17373451.jpg

ブレーキワイヤーは固着、握ると引きずりっ放しです。
あれ?ワイヤーは最近のものと共用部品かな? 試す価値はありますね。


スーパーカブ・C65_a0279883_17382762.jpg

タンデムステップは原付二種につき、標準で装備されます。

スーパーカブ・C65_a0279883_17391822.jpg

原付二種のコーションプレートはネック部にありました。これもオリジナルのようです。


スーパーカブ・C65_a0279883_1739494.jpg

エンジンはオリジナルではなく、一次クラッチの結構古いモノが載っていました。
それにしてもスポカブのマフラーは太いですね~。

スーパーカブ・C65_a0279883_1741470.jpg

エンジンの刻印は無しです。 古い機種だと刻印されたプレートが貼られていると聞いた事があります。
おそらく剥がれてしまったか、無番のクランクケースかどちらかですね。



スーパーカブ・C65_a0279883_1744255.jpg

メータは100㎞/h表示です、指針はオレンジ、小振りでカワイイです。
ちなみにハンドル幅はだいぶ狭いんですね、乗った感じはコンパクトで面白いです。
私のリトルカブのハンドル幅が66㎝ですが、このC65は57㎝と、10㎝近く狭いです。
しかし、この狭さがボディの華奢さと見事にマッチしています。


スーパーカブ・C65_a0279883_17443151.jpg

エンジンは現状でかかる状態ですが、結構な白煙が上がります。
寒さではなく、オイルの香ばしい臭いです。(^^;)



車両年齢49歳、このまま走る事は可能ですが、少なくともボディをシャキっとさせてから乗りたいですね。

色々と妄想を膨らませてレストアするか、深みにハマる前に手放すか、も少し考えたいと思います。


↓役に立った時だけお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-12 18:00 | メンテ/C65 | Comments(8)

衝動買い C65

昨日から厳しい寒さですね、
今朝はクルマのドアが張り付いて開きませんでした。

さて・・・、新年早々衝動買いをしてしまいました。

衝動買い C65_a0279883_18442043.jpg

衝動買い C65_a0279883_18443772.jpg

C65と思われる車両です。

車体はフェンダーに穴が開いていたりと、かなりボロボロです。


完成イメージが描けたら手を付けたいと思いますが・・・、あまりにも手が掛かりそうなので現時点では売却も含め検討中です。


天気の良い時にでもじっくり診てみることにします。 (^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-10 18:51 | メンテ/C65 | Comments(6)

初売り・南海部品仙台店へ


1月2日、南海部品仙台店の初売りへ行きました。
初売り・南海部品仙台店へ_a0279883_23422663.jpg



・・・と言っても、家族と一緒でしたので、表向きは「夢メッセみやぎ」で開催されている レゴ®ブロックワールド仙台 がメインでありました。

ほぼ原寸大のジンベイザメの作品があったりと、子らは満足したようでした。

初売り・南海部品仙台店へ_a0279883_234159.jpg

初売り・南海部品仙台店へ_a0279883_23332080.jpg

娘はこのおじさんが気に入ったようでした。


この後、仙台港アウトレットの初売りへ行く予定でしたが・・・、
私だけちょっと抜け出して南海部品仙台店へ行ってしまいました。(^^;)

店内商品15%引きを基本に、ヘルメットは25%引きなど、結構力が入っていました。

事前に必要なパーツリサーチしてくれば良かったと思いました。(^^)

ネットだと更に安くも売っていますが、現品を見て買うことができ、送料や手数料もかかりませんので、実際のメリットは大きいですね。


実は仙台店がこの場所になってから来るのは初、郡山店の10倍はあろうかという広い店内はパーツで埋め尽くされ、私にとっては夢の国でした。(^^)

結局2~3品買って終わりでしたが、充分満足できました。


・・・と、帰りがけ、店の入り口前に見覚えのあるカブが・・・。
初売り・南海部品仙台店へ_a0279883_2354337.jpg

初売り・南海部品仙台店へ_a0279883_23562092.jpg

KUWAさんのカブでした。

もう一度戻ってKUWAさん捜索をしようと思いましたが、家族を待たせていたので断念、
アウトレットへの渋滞につかまっていると、KUWAカブが びゅーんと抜き去って行きました。
さすが地元民、心得ていらっしゃいます。(^^)

しかし、この日は天気が良かったのですが、かなりの冷え込みでした。 もちろんバイクに乗ってたのはKUWAさんぐらいでしたがお身体大丈夫でしたか~?(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-08 00:14 | Comments(8)

須賀川市 ウルトラマンナンバー・ニュースにベスパンさんが

明けましておめでとうございます。

先ほどニュースを見ていたら、ベスパンさんが・・・

須賀川市 ウルトラマンナンバー・ニュースにベスパンさんが_a0279883_1837762.jpg

須賀川市のご当地ナンバー
「ウルトラマン」ナンバー の交付式の映像が流れました。

須賀川市といえば須賀川カブ主会
「カブ=原付ナンバー」と言う事で、もしかしたら・・・と思ったら、

会長の矢吹さん(ベスパンさん)がしっかり映っていました。
それも代表の数名ということらしく、市長と一緒に。

残念ながら画像は切りだせませんでしたが、やはり須賀川にベスパンさんありと思わせました。(^^)
「~須賀川の誇り~」とおっしゃっていました。


須賀川市のウルトラマンナンバーについては、RISE福島でも紹介しておりますので参照ください。

ちなみに画像の 「M・・78番」 は永久欠番で市が保管するとのことです。


今年初更新でした、今年もよろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-06 18:50 | Comments(13)