人気ブログランキング |

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

130126/新年会・みちゆCub友の会

 1月26日(土)、みちゆCub友の会(仮称)の新年会でした。

 参加したメンバーは
 ・106さん
 ・BUTAMIMIさん
 ・yoshidonさん
 ・さん
 ・私
130126/新年会・みちゆCub友の会_a0279883_22515568.jpg

 それぞれがカブ乗りで、カブに関するブログを展開しておりますが、このメンバー(福島@アフリカさんも参加予定でした) に共通するのは、
 ・みちゆ(道の駅つちゆ)
 ・カブ
 ・yoshidonさんつながり

 の3つでしょうか。 そう、「yoshidonさんつながりで、みちゆに集うカブ仲間」 で間違いありません。
 チームみちゆyoshidonファミリーyoshidonカブ など、会の名称は種々思い付きますが、特にチーム名称はなく、単にバイク仲間、ツーリング仲間といったところでしょうか。(^^)
 そもそも “みちゆ” という言葉を使い始めたのはyoshidonさんです、あまりに良いネーミングなので、以来私も使わせて頂いております。(^^)


 今回は、昨年の忘年会でBUTAMIMIさんが 「新年会は泊りで!」 の発言を有言実行したものであり、代表幹事となった106さんと共に企画頂いたものでした。
 ありがとうございました、私は当日行くだけで申し訳なかったです。(^^)


 この日は一晩で20㎝を超える積雪がありましたが、午後からもまた降っておりました。
 集合時間は17時だったので、子供たちの午睡をさせておりましたところ・・・
 こんなに積もってしまいました。
130126/新年会・みちゆCub友の会_a0279883_2038592.jpg

 雪の下のバルコニーの黒い部分が約5㎝です、この時点で30㎝寸前になっておりました。

 急いで雪かきをして、出発をすることに。

 会場は岳温泉 光雲閣 でした。 岳温泉でもひときわ高台にあり、眺めがとても良いんですよね、料理も客の嗜好に合わせたきめ細かさで評判の宿です。
130126/新年会・みちゆCub友の会_a0279883_2133994.jpg

 岳温泉周辺も今シーズン一番の積雪のようで、駐車場の除雪が追い付かない感じでした。

 
 部屋に通されると、もう皆さんおそろいでした、スミマセン、一番近いのに。


 早速温泉に浸かって、夕食までしばし時間があったので部屋飲みを。

 ほどなくして夕食の時間となりましたので、宴会場へ。
130126/新年会・みちゆCub友の会_a0279883_2049919.jpg

 中庭が雪でこんもりしています。もう風情は通り越していますが、さすがブロガーさん達、シャッターチャンスを逃しません。
 私の長男長女も一緒でした。


130126/新年会・みちゆCub友の会_a0279883_20492495.jpg

 夕食のお膳はこんな感じです、まだ料理が揃っておりませんでしたが、これ以降はもう撮影できる状態ではありませんでしたのでご勘弁を。


 宴会場を出ると、また部屋飲みの再開でした、お酒のあることあること・・・。
 yoshidonさんが持って来たお酒、頂いてしまいました、普段は日本酒は飲まないのですが美味しかったのでついつい・・・。 
 私は子ども達を寝かせるため早めに離脱しましたが、皆さんバイクの話から車の話、趣味も年代も似通っていることから、話題は尽きませんでした。 朝には一升瓶が空いていました。

 3月末には浜方面へカブツーということは決定しました、こちらも楽しみです。


 光雲閣は、絶景の日の出を見られることでも有名です。 運が良ければこんな日の出を見ることができるそうです。
130126/新年会・みちゆCub友の会_a0279883_21464376.jpg

 ↑ これはHPからなのですが、ホント、光雲閣とは良く言ったものです。


 今回の新年会、本当に楽しく、よい企画をありがとうございました。
 この歳になって、こんなに多くの友人ができるとは思ってもみなかったので、この出会い、この仲間はホントに貴重だと思います。 それもこれも最初のきっかけは、あの日みちゆでyoshidonさんが声を掛けてくれたことに始まります。
 みちゆに散らばっている無数の点を線でつないでくれたのがyoshidonさんでした。 朝スカやみちゆ情報を即座にアップしてくれるyoshidonさんのブログを夢中になって見入ったものです。 口には出さずともyoshidonさんを師と仰ぐ方も多いのではないでしょうか。 ・・・と、これ以上言うと当の本人からヤメテと言われそうなので、今回はこのくらいに・・・。(^^)

 この出会いに感謝し、春の訪れが待ち遠しくなる新年会でした。
by love_cub | 2013-01-29 22:55 | 一般ミーティング | Comments(12)

130126/あだたらカブの会新年会

 1月26日、あだたらカブの会の新年会でした。
130126/あだたらカブの会新年会_a0279883_2345923.jpg

 会場は、二本松市岳温泉、「レストラン ティーポット」でした。※雪の無い時の写真です。

 岳温泉入口のほど近くの緑に囲まれた老舗レストラン、レストランというよりはカフェに近い雰囲気かなと思いました。ツーリングの一休みにもちょうど良いのではないでしょうか。
 また、スキー場にも近いことから、ペンションも併せて経営されているようです。



 さて、あいにくの大雪で、カブで来たメンバーはおりませんでしたが、会長は寸前までスパイクを履いたオレンジカブで出発するつもりだったそうです。
130126/あだたらカブの会新年会_a0279883_22582150.jpg

 ・・・しかし、この雪ですので・・・、 一晩で20㎝!
 奥さまの「今日だけは行かないで!」の声もあり、断念したとのことでした。
 この日ばかりは賢明かと思います、公道では何が起きるか分かりませんので・・・。


130126/あだたらカブの会新年会_a0279883_23245091.jpg

 この日は、今年最初の定例会も兼ねておりましたが、あくまでも懇親メインとあり、しばしバイク談義に花が咲きました。

 また、第2回ミーティングをどうするかについても検討し、開催の方向で調整していくことになりました。

 他には昨年あまり実施できなかったツーリングについても、充実させていくことなどを話し合いました。

 
 最近寒過ぎで、バイクをいじっていないという声もありましたが、暖かくなって来ると、皆バイク熱が再燃するかと思います。(^^)


 お昼をはさんでの会合でしたので、ランチタイムも楽しみました。
130126/あだたらカブの会新年会_a0279883_2335275.jpg

 ミックスピザ:900円
 濃厚なチーズと爽やかなトマトソースのバランスが良い逸品でした。


130126/あだたらカブの会新年会_a0279883_23401948.jpg

 チーズハンバーグセット:1,200円くらいだったかな?
 ソースは「デミソース、和風ソース」を選ぶことができます、写真はデミソースです。
 かなりのボリュームがあります。ライスの他に、じゃがバター、スープ、ヨーグルト、ドリンクが付きます。


 他にもあだたらカレーなど、美味しそうなメニューがありました。 中でもパイ包みのビーフシチューがオススメとのことでした(会長情報)が、この日は注文した人がいなかったので、次に来たときに頼みたいと思います。


 会は和やかに終了しましたが、雪はまだ収まる気配がありませんでした。
 カブで来なくて正解でしたネ、会長。
by love_cub | 2013-01-28 17:27 | 一般ミーティング | Comments(2)

書籍/スーパーカブの歴史

 先日、あだたらカブの会のT田氏に、カブの書籍を貸してもらいました。
 私も雑誌の広告で目にとまり、気になっていた本です、ちょっとご紹介します。

書籍/スーパーカブの歴史_a0279883_23185388.jpg

 スーパーカブの歴史
  ― ロングセラーモデルの変遷 1952~2012 ― 三樹書房 2,400円+税

 サブタイトルのとおり、スーパーカブの1952年~2012年の歩みが掲載されております。
 ただし、初代スーパーカブ(C100型)が販売されたのは1958年なので、1952年というのは、自転車に取り付ける補助エンジンとして販売した「カブF型」の年代までさかのぼります。

 全150ページの前半部(といっても25ページ)が、カブF型から現代のモデルまでの開発ストーリーで、特に黎明期のホンダからスーパーカブという稀代の名車が誕生秘話などは読みごたえがあります。

書籍/スーパーカブの歴史_a0279883_2319732.jpg

 そして、残りの大半(約120ページ)が、当時のカタログで埋め尽くされています。

 一見、「手抜きじゃん!」と思うかもしれませんが、カタログ総てに詳細な注釈付きで、そしてそのどれもが正確に記されており、文章だけのページより更に読みごたえのあるものでした。

 三樹書房が出すカブの本は、取材に裏打ちされた正確さと興味深さにおいては、他出版社を抜きん出ており、スーパーカブに精通した編集者ならではの一貫性もあり、正にカブのリファレンスブックと呼ぶにふさわしい構成でした。


 同じ三樹書房の「世界のロングセラー ホンダ・スーパーカブ」
書籍/スーパーカブの歴史_a0279883_23192111.jpg

  1,890円
 こちらは単行本形式で、ほぼ全編が読み物となっております。
 品薄の時もありますので、見付けたら迷わず買っておきましょう。(^^)

 巻末に車台番号一覧が掲載されており、自分のカブの年代調べに大変重宝します。
書籍/スーパーカブの歴史_a0279883_23585115.jpg

 なお、最新版は青表紙となり、車台番号も最新のものとなります。

 
 雪でバイクに乗れない日々が続くと、ついつい読みふけってしまい、カブ熱が再燃してしまうところが難点ではありますが、どちらもカブ好きなら外せない本です。
 来るシーズンを新たな気持ちで迎えさせてくれる読書のお供にいかがでしょうか。
by love_cub | 2013-01-22 00:29 | カブ | Comments(4)

須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ

 新年のごあいさつと、先日のツインリンクもてぎ走行会の御礼に、須賀川カブ主会の矢吹会長さんのお店、 ベスパン を訪問しました。

須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_13551957.jpg

 緑の屋根のお洒落な外観が目印のベスパンさん、ライダーズピットにもなっています。


須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_14256.jpg

 この日はあだたらカブの会として、渡辺(会長)、私の二人で訪れました。


須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_1434150.jpg

 造りも小物もおしゃれな店内、矢吹会長さんはお仕事中でした。


須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_1461271.jpg

 営業中にも関わらず、お時間をとって頂きました。
 隣接するガレージに案内頂き、“ちびベスパン” をおつまみに頂きました。
 私の長男はドリンクまで頂いてしまいました、奥さま、ありがとうございました。

須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_14103789.jpg

 秘密の第2ガレージ?にも案内頂きました。


須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_14121135.jpg

 カブを中心に、トライアル車など、車両やパーツが所狭しと収蔵されています。
 カブ好きにとってはまさに宝の山!


須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_14122673.jpg

 レッグカバーの在庫を訊いたところ、「持ってっていいよ!」と矢吹会長。
 ありがとうございます!(^^)


須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_14134193.jpg
 
 配達車のリアウインドウ
 シールだけを見ると、パン屋を連想させるものは全くありません。(^^)



 アポなしの訪問だったにも関わらず、ご対応いただきありがとうございます。
 私たち二人は、矢吹さんのコレクションやバイク遍歴、パン屋始めるに至った経緯などを聞くにつけ感心しきりでした。

 あらためて須賀川カブ主会の地力を確認し、こうしたクラブが近くにあることの幸運を感じながら帰路につきました。
 「俺たちなんて、まだまだ足元にも及ばないな」
 帰り道、二人の素直な感想でした。
 



 ベスパンさんから買ったパンの、ちょっとご紹介です。

ベスパンのパンは、科学合成物質を一切使用せず小麦粉・米を原料として作られたホシノ天然酵母パン種、小麦粉、三温糖、あら塩を基本に特別な味を加えず、じっくりと時間をかけて発酵させ焼き上げた無添加で体にやさしいパンです。
 また、水は人間にとってとても大切なものと考え、活水器を通した自然の湧き水に近い水を仕込み水に使用しています。
 どのパンも自然の歯ごたえのある味わい深いパンを楽しんで頂きたいという気持ちで作られています。

須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_15454460.jpg

 山食パン 220円
 食パンは3種類ありましたが、これを選んでみました。
 トースターで焼き上げると、表面は 「カリッ」 、中は 「ふわふわ」 とした食感です。 フランスパン生地にも似た感じと言えばよいでしょうか。 有名デパート内のパン屋なら倍の値がつくと思います。


須賀川カブ主会/手作りパンの店ベスパンへ_a0279883_14463714.jpg
 
 ベスパン:115円、 ちびベスパン:63円
 お店の名を冠した 「ベスパン」 は、もちろんベスパンの看板商品でもあります。
 ほのかな甘みがありますが、砂糖によるものではなく素材本来が持つ甘みを引き出す製法によるものです。
 食感はもちもちと弾力があり、歯ごたえ・腹持ちも良いため、子供のおやつにぴったりだと思います。


 また買いに行かなきゃ!(^^)
by love_cub | 2013-01-13 15:15 | カブ | Comments(4)

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ

 1月3日、水戸藩カブさんの恒例行事 ツインリンクもてぎ走行会 に参加してきました。

 水戸藩カブ
 スーパーカブ愛好家の組織としては草分け的存在で、カブマニアなら誰もがその存在を知る関東随一のクラブです。

 当あだたらカブの会との接点は全くありませんが、今回は水戸藩さんと親交の深い 須賀川カブ主会 さんのご好意により、このイベントに参加することができました。その時の模様をお伝えします。


 当日は、あいにくの雪となりましたが、5:30に自宅を出発し、ライダーズピットにもなっている矢吹会長のお店、 手作りパンの店 ベスパン へ向かいます。
 天然酵母を使用したパンはとても美味しいですよ!(^^)
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2359938.jpg

 ベスパンへ到着、須賀川も結構な雪でした。
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_033175.jpg

 整然と積まれたカブ群、前日から準備万端だったようです。


 トラックの傍らには、積み込み待ちの最後の一台が、
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_0412477.jpg

 事務局長さんが急きょ仕上げたというカブレーサー、何とついさっき組みあがったとのこと。
 詳しいスペックは企業秘密ですが、ビキニカウルはRZ125のモノでした。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_0502696.jpg

 手際良く積み込みます。 荷台にいるのは矢吹会長さんです。


 須賀川カブ主会以外の参加者は私だけかと思いましたが、著名なブロガーさん達もいらっしゃいました。
 ・おくさん
 ・ダンさん
 ・マルコメさん

 もてぎへ向けて、いざ出発! 全員マイクロバスで移動します。
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_140152.jpg

 家族参加のお子さんへ、矢吹会長がお年玉を手渡しする嬉しい一幕も。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1562374.jpg

 雪の状況により、チェーンを巻く&外す作業を2回しました。お疲れさまでした、手伝えなく済みません。(ダンさんは手伝っていました)


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1563494.jpg

 道の駅もてぎにて小休憩、おくさんすかさず とちおとめソフト を食べていました。
 私も以前食べたことがありますが、とても美味しいです!
 確か期間限定で、ご当地産とちおとめを丸ごと使った絶品ソフトで、内容からすると破格だったのを覚えています。



 ここまで来るとツインリンクもてぎはすぐそこですが、その前に水戸藩カブの事務局がある御前山へ、新年のご挨拶へ向かうことに。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2271828.jpg

 ここが水戸藩カブの事務局にして、多くのカブ乗りの聖地です。

 中へもちょっとだけお邪魔させて頂きました。
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_32574.jpg

 やはり歴史あるクラブの雰囲気が漂います。


 
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_23630.jpg

 私たちがバスで到着すると、居合わせた皆さんからは歓声が、さすがにバスで来る人はいないようです。(^^)
 黄色いジャケットを着ているのが須賀川カブ主会の事務局長さんです、久しぶりに会う水戸藩カブのメンバーと会話も弾みます。

 以前大玉村まで来て頂いた tassa@会津藩 さんともお会いしました、tassaさん自身はもう何年も前から水戸藩さんと親交があり、この新年会&走行会が一年のバイク初めになっているそうです。



 私は皆さんの輪に入る事はできませんでしたが、この地へ来れただけでも満足でした。
 そんな私を見たのか、矢吹会長が水戸藩カブの代表を務める阿久津さんへ私を紹介してくれ、挨拶を交わすことができました。 阿久津さんは全くの初対面である私に対しても、遠くから来たことを気遣ってくれるなど、たいへん物腰の穏やか方でした。 そういった阿久津さんの魅力が人々を惹きつけ、水戸藩カブという大きな組織の原動力となっているのだと感じました。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_255402.jpg

 CS90に貼られた Mitohan Cub のステッカーが素敵と思っていたら、

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_257924.jpg

 代表の阿久津さんの愛車でした、このCSでツインリンクもてぎへ向かいました。
 バイクに乗る姿は70代後半とは思えない颯爽さです、私もこんな素敵な歳のとり方をしたいと思いました。


 
 挨拶を終えると、バスはツインリンクもてぎへ、
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_3185667.jpg

 ゲートをパスし、

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_3193885.jpg

 そのままパドック入りします。普段は入る事ができないので、感動しました!


 この時にコースを走っていたのは・・・
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_3224111.jpg

 なんと、無数の自転車! ツールドもてぎ?


 駐車場には 水戸藩カブ様 のエリアが用意されていました。
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_3354842.jpg


 
 この日は各種走行会が立て込んでおり、
  ・自転車 (ロードレーサー)
  ・二輪 (水戸藩カブ)
  ・四輪 (Honda ビート)※水戸藩ビート

 しばらく順番待ちをすることになったので、まず昼食をとることに。
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_3281498.jpg

 場所はパドック内にある 「グランツーリスモカフェ」
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_3294543.jpg

 ゲーム、グランツーリスモ の実機があります。超リアルなリプレイも見られるとあり、大人気でした。 レストランはガラ空きでした。(^^)


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_337928.jpg

 私は ブラックかつカレー を注文、見た目は本当に真っ黒です。
 味わい深く飽きの来ない辛さ加減です、ボリュームもありお勧めです。(900円)

 マルコメさんは細長いカレーパンを食べていましたが、半分くらいでギブアップし、それをおくさんがペロリと平らげるという 流れ作業 チームプレイが見ていて面白かったです。(^^)



 そうこうしているうちに、水戸藩カブの走行会の時間が迫って来ました。

 車両はすでにトラックから降ろされ、各部のチェックも終わりました。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16102969.jpg

 矢吹会長のスポーツカブ、レーサー仕様です。 DOHCのヘッドサイドカバーはご愛敬!


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16164898.jpg
 
 事務局長のスーパーカブカスタム、レーサー仕様 前から見たところです。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_161979.jpg

 事務局長の奥さんの赤カブ、エンジンは今回の走行会に合わせたデチューン版とのことです。
 ハンドル回りがリトルカブで木箱付きと、可愛らしい外見ですが、かなり元気なマシーンです。
 須賀川の第2回ミーティングで、みちのくボンガーズのおかんが乗り回していたのがこのカブです。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16273055.jpg

 SさんのC50カモメ、ダート仕様
 スーパートラップのディスクは全て取り外し、ストレート状態でした。ブロックタイヤで走ります。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1635043.jpg

 そうじ屋さんのC100、'60年式のマルエムブルー
 

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16392082.jpg

  tassa@会津藩さんの CD90、ヨンフォア風タンクやダブルシート、希少なサイドカバーなどでカスタム。
 会津藩の御紋が目立っていました。



 その他、水戸藩の方々はこんな車両も持ち込まれていました。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16444079.jpg

 スポカブのレーサー

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1647205.jpg

 こちらもスポカブレーサー

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1648579.jpg

 ホンダ往年のレーサー、車種は・・・教えてください。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1650128.jpg

 こちらも同じく・・・。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16522384.jpg

 押し掛けをしているこんな車両も。 カウルの下側がボリューミーです。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16542313.jpg

 こちらはチャンバーの形状から2stですね。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1659236.jpg

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_16595072.jpg

 CB72のレーサー仕様でしょうか、間違っていたらスミマセン。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1724473.jpg

 こちらの TZM は、タイヤウォーマー完備です!



 さて、走行会ですが、台数が多く、それもカブだけではないので、2回に分けて走行することに。

 1回目 レーサークラス/常時80㎞以上で走れるような車両
 2回目 のんびりクラス/おおむねカブなど

 どちらを走っても走行料金は2,600円でした。
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1794917.jpg

 ファミリーツーリング? 名称だけ聞くとほのぼのしています。


 クラス分けで私は1回目のレーサークラス(速いほう)で走る事に。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_17243894.jpg

 ↑ マルコメさんに撮って頂きました。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_17273833.jpg

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_17313180.jpg

 矢吹会長と事務局長もこのクラスで走ります。


 走行前に、阿久津さんと講師の方からブリーフィングがありました。
  ・ペースカーに従って走ること
  ・先行車を抜かないこと
  ・転倒をしないこと
 などがライダーに伝えられました。

 この走行会は、ツインリンクもてぎの特別な配慮で体験させて頂いていることもあり、来年も楽しくこの走行会を続けられるための約束事、いわば最低限のマナーでもあります。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_19181779.jpg

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1919229.jpg

 あらためて気を引き締め、ゲートオープンを待ちます。

 
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1920586.jpg

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_19203263.jpg

 いよいよゲートオープン、サーキットになだれ込みます。


 レーサークラスの中でも、更にコースインする前に3つのグループに振り分けられ、それぞれにペースカーが割り当てられ、時間差で走る事になりました。

 私のグループにはカブはなく、ほとんどがオーバー750㏄や往年のレーサー群でした。分が悪すぎます。

 ただ、須賀川カブ主会の赤カブは、ツインリンク向けにセッティングしてあり、2速で80㎞/hを超えるロングなギア比です。 小さなコーナーは2速ホールドで走り、バックストレートと、メインスタンド前のみ3速を使う走り方をすれば、そうそう付いて行けないこともありませんでした。 ブレーキの効きも良く、タイヤもミシュランの新品がおごってありました。

 走る前に事務局長が「いくらでも回して大丈夫!」と言ってくれたので、お言葉に甘えることに。
 下りのバックストレートでは80㎞/hメーターの針が真横を指したまま動きませんでした。 体験したことのない減速Gから100㎞/hは出ていたと思います。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_19223913.jpg

 周回したのは4周くらいだったと思います、コントロールタワーを通過する姿をマルコメさんが撮ってくれました。

 しかし、全開で走っていても先行するスズキRE-5には追いつけませんでした。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_1923839.jpg

 規定周回数を終え、パドックへ戻ります。 赤カブ号、おつかれさまでした!



 さて、次はいよいよカブクラスの出走です。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2145415.jpg

 須賀川のブースも次第に色めき立ちます、持ち込んだカブの全てが出走します。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2147459.jpg

 おくさん、ダンさんが、矢吹会長から担当するカブの操作方法を教わります。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_21493174.jpg

 早速駐車場で練習する2人(3人?)、ジョルカブはmanam1xさん。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2152717.jpg

 おくさん、だいぶ練習したようです。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_21525088.jpg

 やっぱりここでも期待通りのポージングをしてくれます。 素晴らしい(^^)


 須賀川さんにはちょっと変わった嗜好をお持ちの方も・・・
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2292283.jpg

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22102355.jpg

 現役パティシエのOさん、仕事着で出走です! 今回は決して新春コスP走行会ではありませんが、おめでたいということで・・・。(^^)
 お隣はバイク犬さんのキレイな C90行灯カブ。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2218185.jpg

 各車、ゲートインに備え、所定の位置でスタンバイします。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22265361.jpg

 カブクラスとはいえ、サーキット走行には変わりありません。 各車に緊張が走ります。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2221723.jpg

 そうじ屋さん、OHCのC65ではなく、C100で出走です。
 
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2222744.jpg

 事務局長ご夫妻も連れだってフライトです。



 そして・・・
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22242812.jpg

 明らかに空気感が違う方々が・・・、 なんかものすごく楽しそう。(^^;


 そして、ついにおくさんもゲートインです
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22324588.jpg

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22321549.jpg

 ペースカーに従って周回を始めました。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22342553.jpg

 カブクラスも3~4のグループに分かれて走りました。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22361456.jpg

 第1グループ 1周目のラップです。 こんな感じで走行しています。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2241631.jpg

 おくさんたちの走る 第2グループが来ました。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22444961.jpg

 バイク犬さんとパティシエライダー

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2246137.jpg

 ダンさん

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22465541.jpg

 おくさん、背筋がぴーんしてます。 風防があって快適過ぎたかな?

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22481137.jpg

 manam1xさん、 まるでお出掛けルックですが、結構速かったです!


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2255257.jpg

 事務局長さんの カブレーサー

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22552024.jpg

 事務局長夫人の 赤カブ

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_22574472.jpg

 そうじ屋さん、 「寒い!」 を連発していました。

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2259589.jpg

 Sさんの C50かもめダート仕様

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2332310.jpg

 tassa@会津藩さんの CD90

水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_234233.jpg

 そして水戸藩カブ代表、阿久津さんの CS90


 楽しかった走行会も、そろそろおひらきの時間が来ました。
水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_2311281.jpg

 各車、ピットロードに入って来ます。


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_23153616.jpg

 この後、すぐにビート(水戸藩ビート)の走行会が始まりました。 100台くらい来ていたとのことです。



水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_23192273.jpg

 最後は全員で集合写真撮りました。
 フレンドリーなもてぎの係員さん達ありがとうございます!


水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_23331159.jpg

 阿久津さんもお帰りです。 水戸藩・須賀川のメンバーがお見送りしました。



水戸藩カブ/ツインリンクもてぎ走行会へ_a0279883_01249.jpg

 楽しかった走行会も終わり、カブ達をトラックに積みます。
 「これが本当の吊りカブ!」 と、水戸藩の皆さんに大受けで、最後まで話題を提供していた須賀川カブ主会でした。(^^) 


 この後、帰りのバス内でもバイクの話は途絶えることなく続きました。

 今回の走行会にお誘い頂きました須賀川カブ主会の皆さん、飛び入り参加にも関わらずありがとうございました。

 今年もカブミーや、各種イベントにも参加させていただきます。
 双方のクラブにとって良い年となりますことをご祈念致しております。今年もよろしくお願い申し上げます。
by love_cub | 2013-01-07 00:27 | カブ | Comments(14)

2013年/明けましておめでとうございます

 新年おめでとうございます。
 昨年中はたいへんお世話になりありがとうございました。
 今年も変わらぬお付き合いのほどよろしくお願い申し上げます。
 
2013年/明けましておめでとうございます_a0279883_8411888.jpg

 平成25年 元旦
by love_cub | 2013-01-01 08:47 | Comments(11)