人気ブログランキング |

<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

120822/セロー復活

 私事ですが、7月6日の記事で、セロー225(4JG1)を登録したことをさらりと掲載しました。
 しかし、その後まったくセローネタは掲載しておりませんでした。

 あだたらカブの会公式ブログなので、カブネタ中心の構成ではありますが、掲載しなかったのには訳がありました。
120822/セロー復活_a0279883_18442177.jpg


 そう、あの出来事は・・・、7月半ばに遡ります・・・。

 登録して半月ほど、給油を兼ねて試走行に出掛けました。
 満タンにしての帰り道、突然「パンッ!」というアフターファイヤと共にエンジンがストップ。
 セルは回りますが、エンジンが掛りません。さっきの音といい、直感で点火系と思いました。

 時刻は21時過ぎ、家までは3㎞で登りオンリー、友人宅まで2㎞下るか、家族を呼ぶか考えました。しかし、エンジンが異常に熱を帯びていると感じ、「しばらく待ったら掛るかも」と思い、休ませることに。
 
 5分後、予想的中!セル一発でかかりました。その後は症状も出ず、無事帰宅。

 オイル、エアフィル、プラグ、バッテリー、いずれも交換済み及びほぼ新品の状態です。その後の始動も異常なしで、症状は再発はしませんでした。

 うーん、何が悪かったのだろう・・・。

 「久しぶりにエンジン掛けたからかな・・・」あまり深く考えないで翌日、息子(幼稚園)の送迎に乗って行くことに。

 行きはほとんど下りなので、快調と思ってると・・・。いつの間にかエンジン停まっていました。
 「またか!」幼稚園までは残り3㎞、時刻はまだ若干余裕がある。昨日と同様「冷めればまた掛るのでは?」と、安易に考えました。

 しかし、前回は負荷時、今回は下りなので無負荷時。ちょっと訳が違うんでないの?

  息子「お父さん、セロー壊れちゃったの?」
  私 「ちょっと休めば元気になるよ」←内心ドキドキ

 ・・・5分後・・・、掛らない!

 やはり昨日とは違うようです、このままクランキングしていたらバッテリーが尽きてしまう。通園、いやいや私も遅刻してしまう!

 始動不能と判断し、近くの友人宅まで押していくことに。

  息子「やっぱりセロー壊れたんだね」
  私 「うん、ちょっと疲れちゃったみたいだね・・・」


120822/セロー復活_a0279883_1915783.jpg

 友人宅にセローを置かせてもらい、クルマを貸してもらい事なきを得ました。


 ヤマハ系の電装の弱点といったら・・・、「レギュレターレクチャファイヤ」でしょう。

 私のSRXも2度交換しました、現在は最終型の対策品を付けていますが、かなり熱を帯びます。

 迷わず注文、明日届くようです。

 しかし・・・、頼んだ後に疑問が・・・、灯火類に異常は無かった・・・。
 レクチャファイヤが壊れると、電圧上昇などにより灯火類に異常を来します。
 でも、今回は全く異常ありませんでした。

 一抹の不安を抱え、翌日レクチャファイヤが届いたので早速交換してみると・・・。

 やっぱり・・・、

120822/セロー復活_a0279883_18463296.jpg

 レクチャファイヤを交換しても火花が飛びません。
 そもそもレクチャファイヤがパンクすると外観も損傷するはずですが、至って普通の状態でした。


 ここで燃焼の三要素が頭をよぎります。
 ・良い圧縮・・・○圧縮は問題なし
 ・良い混合気・・・○プラグホールから生ガスの臭いを確認
 ・良い火花・・・×火花が飛ばない


 間違いなく点火系のトラブルで確定です。

 一番可能性が髙いと思われたレクチャファイヤが正常だったので、残りは・・・。
 ・スパークプラグ
 ・IGコイル
 ・CDI
 ・ステータ&ピックアップコイル

 のいずれかということになります。

 故障が見えずらい電装系のトラブルシューティングの定石?で、安価なものから交換していくことに・・・。

120822/セロー復活_a0279883_18483192.jpg
 
 このうち、プラグについては、別のプラグで試しても火花が飛ばなかったので、問題なしとすることに。

 
 次は「IGコイル」、こちらは稀に接触不良があるようで、プラグコードを少し詰めると直るとの報告もあります。

 とりあえず外してみます、しかし外観はほとんど損傷がなく、NGKのプラグキャップもまだ新しいものでした。
 しかし、これで直ればと思い部品は発注済み、「IGコイル、コード、キャップ、プラグ」のフルセットで交換しましたが・・・、
120822/セロー復活_a0279883_18474969.jpg

火花は飛ばず・・・。 「違ったか・・・」


 次に疑うのはCDIかステータ&ピックアップコイルしかない。

 どちらもほとんどブラックボックス状態、しかし私の経験上、ステータ&ピックアップコイルが3万㎞で壊れた経験はありません。

 なのでCDI(これも壊れた経験なし)だと解釈し発注、高価なので今回はヤフオクで実動中古品を落札しました。

120822/セロー復活_a0279883_18485993.jpg

 待つこと一週間、CDIを付け替えてみると・・・、
 やはり火花は飛ばず。 「これも違う・・・」

 CDIに関しては導通も確認しましたが、どちらも断線はありませんでした。


 ということは・・・、「ステータ&ピックアップコイル」しかない!

 パーツリストで値段を調べると・・・、27,000円也、車両購入価格の約半値です。
 厳しい・・・、これまでにかなりの部品を購入しており、こんなハイリスクローリターンなモノを新品で購入するのはかなりの覚悟が・・・。しかし、電装品の中古ほどアテにならないモノもない・・・。

 悩んだ挙句、ヤフオクで中古を探しつつ、故障の確証を探ることに。


 私の機種は「4JG1」、リアディスクになり、ヘッドライトが60W になった最初のモデル。中古はいくらでもありそうですが、パーツリストを良く見ると、翌年の「4JG2」とは電装系の品番が違います。

 何やら4JG2以降は対策が施されたようで、4JG1だけ独自の電装系なのです。ちなみに前のモデル「3RW系」とも全く互換性がありません。

 私の予想ですが、ハイワッテージ化されたヘッドライトに対応すべく電装を一新したものの、トラブルが頻発し、一年で全面改良して「4JG2」にしたのでは?と思われます。

 ちなみに4JG1は、スイッチONでヘッドライトが点灯しますが、4JG5あたりになるとエンジンが始動してからライトが点灯するように改められているようです。

 しかし、後期型の電装にするにはメインハーネスから引き直す必要があります。とてもそこまではね・・・。


  また、並行してステータコイルの抵抗値も調べたので、計測してみると・・・、「0.0Ω」

 0.0Ω?・・・、つまり・・・、断線確定では?

 もう、疑う余地はありません、ステータコイルが原因でした。
 ちなみにピックアップコイルは規定値付近の抵抗値を示しましたが、一緒に交換することに。

 
 ヤフオクで探しましたが、4JG1の程度の良いステータコイルなど出品される訳がなく(みんな壊れるから?)、新品を発注することにしました。

 27,000円也・・・、これで直らなかったら・・・、多分泣きます・・・。


 ステータコイルが届いたのは8月21日(昨日です)、早く復活させたい! 
 家族が寝静まってから、分解・分解!・分解!!
120822/セロー復活_a0279883_19121057.jpg


120822/セロー復活_a0279883_18561843.jpg

 ステータコイルの色は新品とはまるで違う褐色をしていました。オイルの汚れが移ったのでしょうか?

 固定ボルトは、かなり固く留められています。夜中にショックドライバ&クサビで「カン!カン!コン!コン!」

 クランクカバーのパッキンを取り除き、オイルストーン研磨、清掃にエアーコンプレッサ「ダダダダダ!」

 家族が起きようが、この気持ち、もう誰にも止められません。

120822/セロー復活_a0279883_18564156.jpg

 このあたりで夜中の1時、眠くなってきますが最後までやることに。
 組み忘れが無い事を確認し、あとはひたすら組み上げるのみ!クランクケース、配線、タンク、シート、etc.
 
 念のため、途中でプラグの火花を確認、OK!飛んでます!

 組み上げ完了、さあ、頼むぞ!セロー225

 願いを込めてセルスイッチON!
 「キュゥキュ、キュゥキュ・・・」

 しばらく掛けていなかったからか、目覚めが悪く、何度かやっていたらカブってしまいました。

 ここはちょっと時間を置かないと掛らないようなので、念のためパッテリーも充電し、その間にシャワーを浴びることに。


 身を清めたところで、再度始動の儀式を行うことに。
 「キュゥキュ、キュ・・・ガルル!パタタタタタ・・・」

 「よし!掛った! 直った!」
 ハイタッチを交わす相手はいませんでしたが、「よくやった!感動した!」

 長かった疑心暗鬼生活が終わった瞬間でした、「世話かけさせやがって・・・」恨めしくも安堵の気持ちで歯切れの良いアイドリングをするセローを見つめました。


 この時点で深夜3時、家族は何事もなく眠っていました。


 翌朝、子らの送迎が無かったので、セローで通勤することに。
 始動も問題無く、走行中も以前の症状は出ません。

 ステータコイル、これが断線するなんて・・・、まだ2万9千㎞なのに・・・。

 格安で買ったセロー(5万円代)ですが、安いのには訳がありました。
 そして、予備の電装部品には当分困りそうもありません。もしご入り用の方がおりましたらお声掛けください。


 教訓①:安いものには訳があります。
 教訓②:セロー225(4JG)を買うときは、4JG2('94)以降が安心して乗られるでしょう。

120822/セロー復活_a0279883_18591873.jpg

 一度は乗っておきたかった、現在でも名車の呼び声髙い「セロー225」

 あくまでも日常の取り回しやトレッキングに重点を置いた設計が人気を博し、トレール車としては異例の長寿モデル('85~'04)となりました。

 メーカーの思惑だけで造りっぱなしが多いバイク業界では珍しく、ユーザーの要望を反映した細やかな改良を続けたことが支持され続けた理由と思います。

 初代セローの登場から30年近くが経ちますが「マウンテントレール」という独自の明解なコンセプトは、スーパーカブが持つ「日本の風景の一部」にも相通ずるところがあります。

 「良い物を作れば売れる」ということを、歴史は証明していますね。

 全く主張するところのない、空気のような「エンジン特性、乗り味、スタイル」これこそがマウンテントライアルの“相棒”セローの最大の美点といえるのではないでしょうか。

 私にとって初のトレール車との出会いは、手厳しい洗礼から始まりました。

 この相棒、しばらく乗ってみたいと思います。
by love_cub | 2012-08-22 19:02 | セロー225 | Comments(8)

120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ

 本日は、会員を招集し、2週間後に迫った「第1回あだたらカブミーティング」の打ち合わせをしました。

 場所は、ミーティング会場となる「大玉村ふれあい広場」です。

 集まったのは7人(現在の正規会員は8名)、この日が初顔合わせの会員もあり、自己紹介から始めました。

120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_17215830.jpg

 安達太良山だけ雲で見えません、残念!
 当日もこのくらい天気が良いと最高なのですが・・・。


 当日までの準備、当日の流れ等を確認し、会場配置は前日のテント設営の時に決めることに。

 カブの会の打ち合わせですが、なぜかカブ以外で来る会員も・・・。
120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_17215133.jpg

 ・会長:モレ(←ダメでしょう、カブ6台あるのに)
 ・副会長:CT110
 ・T田氏:CT110(←息子さんが持ち帰って来た!)
 ・AB氏:リード90(?)
 ・E氏:C50('76)あんどん
 ・H氏:車(現在カブが無いので・・・)
 ・私:リトルカブ('05)


 打ち合わせ後は、カブ談義に花が咲いてしまいました。
120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_17224596.jpg

 会員E氏のあんどん最終型、’76年式 程度良好です。
 キャブは縦キャブではなく横型となり、センターチョークです。


 この後、話が盛り上がり、会員H氏の家へ行く者も・・・。
120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_172663.jpg

 家の前にあったのは、CB750four(K2)、あの「750ライダー」のモデルです。

120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_17283662.jpg

 昔のバイクは存在感がありますよね、各部のデザインは最新のCB1100へ受け継がれますが、ここまでの重厚感はもう出すことができないのでしょうか?ホンダさん!

120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_17282159.jpg

 良いコンディションを保っています。
120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_17291132.jpg

 エンジンを掛けてもらいましたが、迫力のある音でアクセルのツキも申し分ないです!

 センタースタンドかけさせてもらいましたが・・・、重っつ!
 庭坂の限定解除(←死語)の事前審査車両だったのを思い出しました・・・。



 他にもこんなマシンが・・・。
120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_17291966.jpg

 2st最後のWRだそうです(間違っていたら済みません)、馬力は・・・な、なんと52ps!
120819/あだたらカブミーティング打ち合わせ_a0279883_1730988.jpg

 膨張室がえげつなさ過ぎます・・・。
 まさにモンスターマシーン・・・、真っ直ぐ走るのでしょうか・・・。

 H氏、現在はカブは所有していませんが、以前はあんどんカブに乗っていたそうです。

 長らく須賀川に住んでいたので、須賀川カブ主会の方とも面識がおありとのことでした。
 須賀川はバイク好きが多いお土地がらなのでしょうか。


 バイク好きが集まると話が尽きないので、この続きはミーティング当日にということで解散しました。
by love_cub | 2012-08-19 17:35 | あだたらカブミーティング | Comments(6)

カブメンテ/タペット調整

8月17日、朝はスカイラインで涼んで来ました。

どこかへ出掛けようと考えていましたが、あまりの暑さに躊躇していました。
更に午後から雨の予報もあり、バイクのメンテをすることに。

この機会に、ちょっと気になっていたリトルカブのタペット調整をすることに。
組み上げから1,300㎞、タペット音が「カチカチ」と、少し大きいと感じていました。

カブメンテ/タペット調整_a0279883_21275513.jpg

キャブを外さなくとも出来そうな気もしますが・・・。ここはお手本どおりキャブを取り外します。
 ・キャブ連結/六角レンチ5㎜
 ・ホーンステー/10㎜レンチ


カブメンテ/タペット調整_a0279883_21285838.jpg

タペットカバーを外し、アジャストナットへアクセス。
 ・タペットカバー/17㎜レンチ


実は・・・、チタンナットだったりします。効果のほどは・・・、全く分かりません!
ただ、こうした積み上げがクオリティを上げると信じています。(自己満足とも・・・)


カブメンテ/タペット調整_a0279883_21323026.jpg

フライホイールの「T」マークを合わせ、上死点を出します。
上死点以外でも調整できますが、やはり目で見て確認が大切です。
 ・クランクカバー/8㎜ボックスレンチ
 ・チェンジペダル/10㎜レンチ


シックネスゲージを入れてびっくり!
初期値0.05㎜で調整していたはずが、なんと0.10㎜も入ってしまします!

カブメンテ/タペット調整_a0279883_2139820.jpg

これでは音が大きいはずですね、しっかり合わせて調整完了!EX側も同様です。
 ・アジャストナット/8か9㎜レンチ、マイナスドライバー 
 ・シックネスゲージ/0.05㎜


試しにエンジンを掛けてみると、たしかに音が小さくなりました!
カブメンテ/タペット調整_a0279883_21415043.jpg

まだこれしか走っていないのですが、広がるものですね。チタンは柔らかいからなのか?


今回は組み上げ直後だったので、次回は5千㎞くらい走るか、音が大きくなったら考えてみます。
by love_cub | 2012-08-17 21:54 | カブメンテ | Comments(2)

120817/朝のひと走り

おはようございます。

今日は仕事が休みだったので、朝のひと走りに行ってきました。

120817/朝のひと走り_a0279883_835894.jpg

夕焼けではありません、5:00だったので、太陽がだいぶ登ってしまいました。


朝からだいぶ蒸し暑いです。 涼を求めてスカイラインヘ。

120817/朝のひと走り_a0279883_864828.jpg

磐梯山周辺は、快晴とまではいかないようです。

120817/朝のひと走り_a0279883_884368.jpg

露出オーバー気味でした、せっかくの風景が飛んでしまいました。


やはりスカイラインはひんやりしていて気持ち良いです。

120817/朝のひと走り_a0279883_0373252.jpg

途中何回か撮影したので、油温が上がり気味でした。許せよSRX!

120817/朝のひと走り_a0279883_0375551.jpg

浄土平の駐車場にはバイクが見当たりません。

入口付近にNinja250が一台停まっていました。
オーナーさんが話しかけてくれました。仙台の学生さんで、何と私の母校なので、後輩にあたります。
今日は午前3時に起きてここを目指したそうです。スカイラインは2回目とか。
最近の若者のバイク離れが良く話題になりますが、こうして自分の半分ほどの歳の若者がバイクに乗っているのを見ると嬉しい気持ちになります。

これから喜多方で朝ラー、その後はスカイバレーを通って山形へ、3県を走る予定だそうです。

他にもトライアンフのスクランブラーの方がいらっしゃいましたがお話できませんでした。また会えるかな・・・。

実は最近トライアンフ(Daytona675)が気になるのです。
セル一発で目覚め、下から上までパワフルなエンジン、軽量な車体、良く効くブレーキ・・・。
SRXは好きなのですが、やはり最新のモデルにも乗ってみたいという浮気心が・・・・。
性能に関しては目からウロコなのでしょうね、きっと。


この後、みちゆに下りましたが、あまりの暑さにすぐ退散しました。
バイクはZRX1100とモトグッチのV7レーサーが停まっていました。モトグッチは一度お見かけした方かな・・・。カッコ良かったです。


今日は午後から雨のようですが、それまでどこへ行こうかな?
by love_cub | 2012-08-17 08:33 | SRX-6 | Comments(2)

120816/会員O氏宅へ

今日も仕事をしていました。暑い一日でしたね。

夕方、突然会長から連絡があり、新規会員のO氏宅を訪れることに。

言われるままについていくと・・・。

120816/会員O氏宅へ_a0279883_19173946.jpg

庭先にCT110が出ていました。(携帯のカメラなので観づらいです)

会長のCTと似ていますが、よりピカピカです。走行距離もまだ1,700㎞!

4年ほど前にモノチリンドロより購入したとのことです。
 ・12V仕様
 ・アーシング
 ・センタースタンド
 ・サブタンク
 ・ピリオンシート&タンデムステップ
 ・ゴム付ステップ
と、ほぼフルオプションと呼べる仕様です。


更に納屋の中に入ってみると・・・。

じゃじゃん!
120816/会員O氏宅へ_a0279883_19243489.jpg

C100系統と思しき車両が3台!(手前の象色はC105でした)
現在ヘッドを外してあり、O/H中とのことでした。

120816/会員O氏宅へ_a0279883_19534898.jpg

緑色のがC100でした。割と後期のモデルです。
チェーンカバーのお茶屋さんのペイントがそのままなのがいい味です!

120816/会員O氏宅へ_a0279883_19251485.jpg

緑のC100の奥にもC105(部品取り用?)があります。

やはり大玉村にもおりました、コアなカブマニアが。
高校生の時に通学路にあったお茶屋さんから譲り受けたというC100は、かなり良い状態を保っています。
エンジンも掛けてもらいましたが、アイドリングも安定しており、現役そのものでした。


O氏、高校生の頃から25年来の筋金入りのカブマニアでした。
ひたちなかの部品交換会へも足を運んでいるとのことです。

間違いなくあだたらカブの会の中ではOHVの知識はダントツです。


何でも、最近会長がO氏宅に出入りするようになり、カブの話をしていくたびに、メラメラとカブ好きの闘志が再燃してきたとのことでした。

そんなこともあり?あだたらカブの会へも快く入会頂きました。

ただ、残念なことに、土日は仕事のため休めず、更に子育て世代とあり、バイクに乗る時間がほとんどないとのことでした。CTの走行距離を見てもうなずけます。


9月2日の「あだたらカブミーティング」も欠席することになるとのことでしたが、今後の活躍を期待しております。


次に行くときには、ちゃんと一眼で撮りたいと思います!
by love_cub | 2012-08-16 19:51 | カブ | Comments(4)

120815/会長と遭遇

こんばんは。

世の中はお盆休みですが、本日も仕事でした。

いつもより早めに退社し、コンビニに立ち寄っていたら、会長と遭遇しました。

120815/会長と遭遇_a0279883_22574575.jpg

会長、今日は2台あるCT110のうち、Trail110風の外観にしている“2号車”でした。

それにしてもずいぶん泥んこです。
お盆真っ最中にどこを走ってきたのでしょうか。

なんでも、秘密のダートコースを経由して、道の駅つちゆまでカブミーティングの営業に行ってきたそうです。
しかし・・・、 「バイク誰もいなかった!」 そうです。

・・・ま、・・・お盆真っ盛りにバイクで愉しんでいる方もそうそういないということです。


昨日は三役会議の予定でしたが、急きょ中止になりました。ちょうど良い機会でしたので、カブミーティングについての話し合いもしました。

19日は、あだたらカブの会の会員が集まり、カブミーティングの打ち合わせを行います。あと2週間ですからネ。お盆明けたらあっという間だと思います。

忙しいのは皆一緒なので、頑張るしかないですね。


あとは当日の天候を祈るのみです(^^)
by love_cub | 2012-08-15 23:15 | カブ | Comments(0)

120811/地元の人しか通らないツー

8月11日、当クラブのcubmo会長に、道の駅つちゆまでの“マニアックルート”を教えてもらいました。

CT110で颯爽と登場、嬉しそうです。
120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_0383566.jpg

CTで行くということは・・・、まさかダートは無いよね?

今回は、スタート地点を「プラント5大玉店」とした場合のルートです。

県道30号線を岳温泉方面に向かうと、最初の信号の右側にローソンがあります。
120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_14392859.jpg

ここを右です。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_144231100.jpg

しばらく長い直線(2㎞くらい)があります。
「大玉村のミュサンヌストレート」とも呼ばれています。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1443342.jpg

この点滅信号を直進です。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1444872.jpg

原瀬小学校を過ぎるとT字路になります、これを左(岳温泉方面)


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1445221.jpg

すぐに右折、畑の中の道路です、電柱がいっぱい立っているのが目印。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_14475386.jpg

国道459号に出るので、左折ですが、すぐ右折します。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_14502486.jpg

国道459を走るのは10mくらいです、ここを右折し、山道へ。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_14572733.jpg

こんな感じの道です。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_14574775.jpg

このT字路に出たら左折です。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_14582588.jpg

このT字路を左折、「ふれあいの森公園」方面です。
↓ こんな看板がありますので見逃さないように。
120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1504429.jpg

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1503482.jpg

更にすぐ右折し、山の中へ。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1532431.jpg

コケがあるので、雨上がりはスリップダウンにご注意を!
120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_155214.jpg
120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1543992.jpg

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1574954.jpg

一瞬、眺望ポイントがあったりします。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1583887.jpg

ふれあいの森公園内の管理棟と池です。魚釣りを楽しむ親子連れがいました。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1594448.jpg

東北自動車道が見えてきますので、T字路を左折。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15103037.jpg

しばらく並走します。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15111244.jpg

この交差点を直進です。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1512432.jpg

高速からも見えるこの橋をくぐり、

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15125136.jpg

しばらく道なり、高速道と並走です。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15133352.jpg

この交差点を左折し、県道354号を塩沢方面へ


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1514182.jpg

354号を少し走り、「山ノ入ダム」方面へ右折。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1542481.jpg

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15154316.jpg

「水原方面」へ直進です。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15165377.jpg

ここを右折、水原方面へ

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1551532.jpg

この交差点に出るので、左折。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15204633.jpg

郵便局と消防屯所のある交差点を左折です。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15222414.jpg

山に向かいます。
120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15225792.jpg

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15231426.jpg

だんだん狭くなってきますが、ダートはありませんのでご安心を。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_1525189.jpg

頂上付近に鉄塔があります、ここを鋭角に右へ!

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15253740.jpg

管理の行きとどいた林間道路で気持ち良いです。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15261492.jpg

ゴルフ場入口があります。道なりです。


120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15264865.jpg

国道115号にぶつかります、土湯温泉街の少し上に出ます。
あとは左折し、しばらく登ると・・・。

120811/地元の人しか通らないツー_a0279883_15291061.jpg

道の駅つちゆに到着です。


日々の喧騒を忘れ、ひとときの現実逃避に浸る際に会長が通るルートです。

カブにはおあつらえむきのオススメルートですが、唯一の難点とすれば、山の中で故障した時に途方に暮れる可能性があるということでしょうか。

日頃の整備と手持ち工具はお忘れなく!
by love_cub | 2012-08-12 15:45 | ツーリング | Comments(6)

120811/第6回朝ツー

 男子サッカー惨敗でしたね、残念な結果に終わりました。
 後半は朝ツーに出発したので観ませんでしたけどね・・・。

 4:40にSRXを出しました。
120811/第6回朝ツー_a0279883_1013230.jpg


 さて、 今年6回目となる朝ツーを招集しました。集合場所に行ってみると・・・。

 じゃじゃん!
120811/第6回朝ツー_a0279883_0341549.jpg

 エストレヤRSで登場したのは E氏です。

 E氏とは、このブログを通じて知り合いました。
 この日は初対面とあり、ちょっとドキドキでした(^_^)

 ホンダとカワサキのバイクが好きというE氏は、他にも
 ・ゼファー750、KH250
 ・CBX125、ゴールドモンキー、カブ(C50)
 などを所有している根っからのバイク好きです。

 なお、嬉しいことに、あだたらカブの会へもご入会くださいました!

 今回、個人的に朝ツーのお誘いをしたところ、快くご参加くださいました。


 天気もまずまずなので、母成グリーンライン →スカイラインを目指すことに。

 エストレヤの現行型は、グレードが「エストレヤ」一本に統一にされ、インジェクション化されています。
 そのレトロモダンなデザインで、SRのように長く造られ続けるバイクになるといいですネ。


 母成グリーンライン →中ノ沢温泉 →115号

 115号は道路の補修も終わり、走りやすくなっていました。

 そのまま一気にスカイラインへ。
120811/第6回朝ツー_a0279883_10183043.jpg


 浄土平に着くと、待ち合わせていたATOMO氏が既に到着していました。
120811/第6回朝ツー_a0279883_032264.jpg

 ATOMO氏、今日はZ1です。
 このZ1、とても綺麗です。なお、車台番号は初期も初期の100番台!それもかなり前半です。

 私はあまり詳しくないのですが、ちょっと訊いたところでは・・・
 ・車台№とエンジン№は1番違い
 ・無番マフラー
 ・スイッチの文字が角文字

 ・・・と聞いただけで、ピンと来る人にはかなり貴重なZ1だということが分かるのでは?
 とにかく、状態の良いZ1を保存用ではなく、ちゃんと整備して乗っています。
 一時期はZ1を2台所有(もう1台も500番台!)していましたが、これ1台に絞ったそうです。

120811/第6回朝ツー_a0279883_0344420.jpg

 スペアの外装を昨年塗ったばかりだとか。(オリジナルは保管中)
 なお、このオレンジ色の純正色はメタリック入りだとのこと、今までソリッドだと思っていました。 もちろんその事を理解している塗装屋さんを探して塗ってもらったそうです。

120811/第6回朝ツー_a0279883_035569.jpg

 サイドカバーもとても綺麗です。ほぼ純正と見紛う仕上がり。実際に純正塗装と並べても見分けがつかないそうです。

120811/第6回朝ツー_a0279883_0352295.jpg

 ずっと話込んでおられたBMWのR1200Rの方も、“雰囲気のあるバイクだねぇ”と。


 ATOMO氏、先週はゼファー1100でしたが、Z1のほうが軽く登って来られたとのことです。

120811/第6回朝ツー_a0279883_10174253.jpg

 しばらくするとボルティのK氏も登場、今回は4人でした。

 今日はZ1に話題の全てを持って行かれてしまいました。でもホントに味のあるバイクです。

 この後、道の駅つちゆに降りました。
 もう7:30を回っていたので、常連さん達はおりませんでした。

 降りてくる時に、ATOMO氏が“ガス欠”気味というので、最寄りの岳のGSまで更に降りることに。
 
 無事GSに到着し、解散としました。 皆さんお気をつけてお帰りください。
 Eさん、いろいろ連れ回して済みませんでした。


 家に帰ってまたサッカーを観ましたが、やはり前半のgoalで観る気が・・・。
by love_cub | 2012-08-11 10:32 | SRX-6 | Comments(0)

120805/水本レーシング カブ用Nマフラー

 おはようございます。
120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_10432370.jpg

 あ、yoshidonさんのブログではありません。 花をトップに持ってくるあたり、かなり意識しておりますが、今日は撮るバイクを出さなかったため、必然的に庭のアジサイになりました。

 今日は朝のひと走りに行けません 行きませんでした。
 妻が6:30出勤だったので、・・・まぁ、6:00までに戻れば走れないこともないのですが・・・。 やっぱり楽しめませんよね・・・。

 更に8:00からは地区の清掃作業があり、それまでに子供達の身支度を整えなければなりません・・・。

 だから・・・今日は行きません!(宣言するほどのことか!)


 しかし、いつもの習性で日の出前に起きて、みちゆの空を眺めてしまいました。

 昨日のスカイラインは良かったなぁ、東には雲海の大海原が、西には雲上の磐梯山と猪苗代湖、その隣に日中の満月。 早起きは三文の得とはよく言ったものです。
120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_131446.jpg

 スカイラインは時間帯によっても見える景色が全く違ってきますので、毎日走っても飽きませんね。
 福島が全国に誇る観光道路にして、バイカーの聖地といっても過言ではないでしょう。
 こんな場所がすぐ近くにあるなんて、私たちはとても恵まれていると思います。

 更に今年も無料ですよ、無・料・!


 ・・・さて、フラストレーションは解消しそうにないので、表題に戻します。
 実は先週、特注しておいたマフラーが届きました。

 じゃじゃん!(←2歳の娘の口癖です)
120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_1111027.jpg

 見慣れないマフラーかと思いますが、普通に市販されております。

120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_1135938.jpg

 水本レーシング カブ用Nマフラー

 以前にも水本マフラー(カブ用MRFマフラー)についてはインプレしましたが、そのマフラーの売却益を元手に、再度水本レーシングに発注したわけです。

 今回の“カブ用Nマフラー”は、名前の通り「N=ノーマル」調のマフラーと勝手に期待したものであります。
 ましてや性能面では折り紙つきなので、気になって気になって・・・。
 
 ただ、水本さんの難点は「重低音過ぎる」(爆音といっても過言ではない・・・)ことなのです。

 ちょっとリトルには勇ましすぎるため、前回のマフラーも手放した経緯があります。

 なので、今回のオーダーの時に「なるべく静かに造ってください」とお願いしました。
 更にノーマルよりちょっと短めだったので、「純正と同じ長さにしてください」ともオーダーしておきました。

 水本レーシングさん曰く、「長さは補強が必要になりますので、お時間を頂ければ大丈夫です、音についてもなるべく静かにすることは可能です。」との回答でしたので、迷わず発注、お値段も10%増し程度と、とても良心的でした。

 待つこと約40日、いつものごとく水本レーシングから完成の一報が留守電に。
 「送りました、明日届きます、代引きは32,760円です」
 わぉ、明日までに3万ですか、分かってはいたのですが、私のひと月の小遣いを上回る金額です。

 ワクワクしながら完成品を見ると、
120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_1120030.jpg

 「うん・・・、美しい・・・。」

 特注した長さは?
120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_11193763.jpg

 こちらもほぼ同じ、納得です。

 4日の土曜日に備え、早速装着した訳です。
 
120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_1120484.jpg

 ※↑ は、4日土曜の朝です。


 しかし・・・、 そう、肝心の「音」です。
 おそるおそるクランキングしてみると・・・。
 「ドウルルゥ」 ・・・え?

 「ドウルル・・・、ドロオオン!・・・ ドロロワオォォオン・・・ ドロオオオォォ・・・」

 ・・・やっぱりというか、・・・まぁ、こちらはあまり期待していなかったんですけどね、想像以上に大きかったので・・・。爆音で間違いございませんでした・・・。
 音だけ聞けば690ccくらいのバイクが来たと錯覚します。

 やはりカブの音は、
 「トトトト・・・、トゥルルゥー」

 または、せめて・・・、
 「ブルン、ブィーーーン」

 くらいでなくては、この歳になると照れてしまいます・・・。

120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_11354999.jpg

 とりあえず、装着して試走した訳です。

 試走なので、エアクリ(BOXチューニング)のまま、MJもいじりません。
 走りだしてすぐ分かります、もの凄く回るし、4速の登りでもパワーバンドに入れば加速していきます。
 「バララアァァァーン、ドロロオオォーー」
 タコメーターも、楽々11,000rpmまで飛び込みます。いつの間にか“ぬわ5”㎞/h! 下りならもっと出そうです。
 むしろ軽二輪に近いのでは? これでパワフィル装着したら・・・。
 

 でも・・・、


 これは・・・、


 ・・・カブじゃない。


 ・・・レースならありでしょう。でも、日常的に乗られるバイクでは無くなりました。

 なので、
120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_12315347.jpg

 戻しました。

120805/水本レーシング カブ用Nマフラー_a0279883_12321467.jpg

 ・・・やっぱり平和なマフラーがいいです。


 こうして壮大な無駄遣い劇が幕を閉じたのでした・・・。

 このインプレ公開したら、ヤ○オクでも値段がつき難いと思われます。 しばらくは寝かせておきますか・・・。

 水本レーシング カブ用Nマフラー 品質・性能ともに間違いの無いマフラーでした。
 水本レーシングさん、今回も無理を訊いてくれてありがとうございました。


 ※このインプレはあくまで私個人の見解です、もちろん音の好みには個人差があります。
by love_cub | 2012-08-05 12:59 | カブ | Comments(4)

120804/tassa@会津藩さん来訪

 この日は、あだたらカブの会に初のお客さまがご来訪されました。

 以前よりこのブログで交流頂いております“tassa@会津藩”さんより、ご来訪頂けるとのご連絡があり、会長とお待ちすることに。

120804/tassa@会津藩さん来訪_a0279883_1840584.jpg

 この日は4台ある原付二種のうち、CT110で来られました。CT110といえば当方のcubmo会長も2台所有しており、あいさつもそこそこに早速CT談義が始まってしまいました。

 tassaさんは、日頃トライアスロンで鍛えられており、その身体は美しく引き締まっており、年齢よりずっと若さを感じさせる方でした。

120804/tassa@会津藩さん来訪_a0279883_4564788.jpg

 CT110の他にもカブ70が2台!、CD90を所有されており、日頃よりツーリングで県内のみならず各県まで足を延ばすこともしばしばだそうです。
 
 また、かの有名な“水戸藩カブ”のイベントにも毎年参加されているとのことで、tassaさん曰く「300㎞までは長距離ではない」そうです。いえいえ、充分長距離ですよ、カブでなくとも。

 クルマもホンダ・ビートをお乗りの、自他共に認めるホンダマニアです。ビートでは各地のオーナーズミーティングにも参加されるなど、こちらも行動派な一面が伺えます。


 穏やかな物腰の中にも信念の強さを感じさせる方でした。そうですよね、トライアスロンという自分との闘いのような競技を趣味にお持ちなのですから。


120804/tassa@会津藩さん来訪_a0279883_4592554.jpg

 tassaさんは、自分で実際に見聞きして確かめたい性分もあり、今回もtassaさんから積極的にお話を頂き、ご来訪頂くことになりました。

 私たちあだたらカブの会は、発足間もない会であり、特別な知識も車両も持ち合わせていません。あるのはカブが好きという想いだけです。

 今回、私たちがtassaさんとの出会いで得るものは多くありましたが、tassaさんが私たちから得たものはあったのだろうか・・・と、会長と考えてしまいましたが、

120804/tassa@会津藩さん来訪_a0279883_458558.jpg

 「カブつながりで合う事ができただけでも良かったんだよ。カブが無かったらお互い合う事は無かったんだし。」と会長。そこだけは二人とも納得しました。


 残念ながら9月2日のあだたらカブミーティングには、他所でマラソン参加をされるとのことで欠場となるそうです。

 しかし、今後とも交流を続けていくことを確認し合いました。

 tassa@会津藩さん、本日は大玉の地まで足をお運び頂きありがとうございました。
by love_cub | 2012-08-05 05:08 | 一般ミーティング | Comments(2)