人気ブログランキング |

<   2012年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

第2回カブミーティングin須賀川その③

その③です。
我がクラブの会長NA氏が来たので、2人でカブを物色に。
NA氏はCT系が好みなのでCT中心に品定め、唯一のCT50を目にすると「おぉ~」と見入ってしまいました。
第2回カブミーティングin須賀川その③_a0279883_1752446.jpg

実はNA氏もCT50を3年前から所有しており、かなり綺麗な部類なのですが、会場のCT50とは細部(メーターとか?)が若干異なるようで、あれやこれやと眺めておりました。余りにも凝視していたので、他のお客さんからCT50の質問を受けるはめに…。しかしオーナーに代わって答えるなど、オーナー不在で盛りあがるあたりは、いかにもカブ好き同士の会話だなと思いました。
他にもCT110が数台、CT仕様も何台かあり、人気の高さが伺えました。
第2回カブミーティングin須賀川その③_a0279883_17525527.jpg

しかしこの日は暑い!少し風があったので蒸し暑さは無いのですが日陰にいないと陽射しで焼きあがってしまいます。

NA氏はカブPRO110に興味があったらしく、オーナーさんをつかまえてあれこれ質問していました。プラスチックな質感で敬遠していましたが、質実剛健な造りのPRO仕様がすっかり気に入ったようで、「実用で乗るならこれだな」と納得。実際、郵政仕様と同じ造りのようなので、昔でいうとMDが一般人にも買えるような感じでしょうか。燃費も普通に60㎞/Lは走るようですし、人気があって当然ですね。ちなみにNA氏は郵便配達(バイト)でMD50を乗っていた過去もあります。
第2回カブミーティングin須賀川その③_a0279883_17545539.jpg

そんなこんなでもうコンテスト表彰の時間に。
順位ではなく、各部門賞のような感じで表彰が続いていきます。C100賞、あんどん賞、CT賞、…。
そしてついに“リトルカブ賞”、こんな賞があったとは!私のリトルも対象となります。そして呼ばれた番号は“018番”、なんと私でした。
表彰の様子をビデオ撮影していた私は動揺し、一眼レフを首からぶら下げ、ビデオを片手に持ったままステージへ、NA氏に撮ってもらえば良かった!
確かにリトルカブはエントリー数が少なく(4台?)競争率は低かったのですが、それでも他の方のリトルのレベルは決して低くなく(yoshidonさんもリトル!)、たいへん嬉しかったです。
手間とお金を惜しみなくつぎ込んだ努力が報われた瞬間でした。

帰り際、矢吹会長さんが、「○○村△△△のリトルがんばれ!」とエールを送って下さいました。本当に気さくな会長さんで、この方の人柄があるからカブ主会の皆さんがついてくるのだなと思います。
こうしたミーティングは人を引き付ける力がなにより大切なものだと確信しました。
うちのクラブもミーティング開催を目標にがんばります、矢吹会長さん本日はありがとうございました!

カブに夢中でお腹の空くのを忘れていました、yoshidonさんに誘って頂き、須賀川でラーメンを食することに。
Yoshidonさん、さん、マルコメさん、NA会長、私と、すべてyoshidonさんつながりで出会った5人で市役所近くの「かまや食堂」へ。初めてでしたが、とても美味しいラーメンでした。午後3時でも満員なのが人気の高さを伺わせます。

帰り道は5台でショートツーリング。Yoshidonさんの先導でバイパスは避け、農道中心のカブにはおあつらえ向きのコースでした。
カブ3台が先行し、マルコメさんCD50、さんXJR400Rのマスツーリング。マルコメさんのみ50㏄ということで、免停にならないギリギリの速度で走りました。私のリトルはエアクリーナーの不調だったため、60㎞までが丁度良いスピードでした。
私は子供がまだ小さく育児専念のため、ここ3年くらい日中のツーリングをしておりませんでしたため、この僅かな時間でもとても楽しかったです。

途中のパン屋「森のくまさん」で、NA会長が突然寄って行きたいとのことで皆さんとはお別れしました。この日は会長の奥さんの誕生日だったそうで、何か買っていきたいとのことでした。皆さん突然すみませんでした。特にyoshidonさん、美味しいラーメンとツーリングコースを紹介頂きありがとうございました!

パンを買ったあとは原付とは思えない走りでNA氏の家まで。
そこでお茶を飲みながら会長がひとこと。「すごかったな、行って良かった。あの規模は無理でもオレ達もカブミーティングやるべ」と決意を新たにしました。

そして、保留になっていた当クラブの正式名称を「あだたらカブの会」とすることに。
会長が常々「クラブ名でどんな団体か分かるもの」と言っていたので私も異議はありませんでした。T-ken副会長には後日承諾を頂くことにし、第2回カブミーティングin須賀川に参加したこの日、当クラブの名称が正式に決定しました。

いつの日か安達太良山のふもとでカブミーティングを開催することを夢見て…。
by love_cub | 2012-05-29 17:57 | カブミーティング | Comments(6)

第2回カブミーティングin須賀川その②

その①からの続きです。

まだ開会30分前ですが、エントリーは着々と30台を超えています。
そろそろ一列目が終わるころです。
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_6223153.jpg

こちらは特別展示車両2台の紹介です。
スミマセン、車種が分かりません。スポカブのYパーツ仕様でしょうか?
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_622546.jpg

こちらはモペット仕様のようですが、私は見たことがありません。こういったカブが販売されていたことも知りませんでした。ヨーロッパ仕様なのでしょうか。勉強不足でした。
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_624839.jpg


右、フルカウル仕様、カブ好きでなければカブとは分からないですね。個人的には左のC100は好みでした、キレイにレストアされた車体に90カスタム?のセル付エンジンが乗っています。
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_6393457.jpg

こちらは牛乳屋さんとプレスカブのカスタム仕様とアイスキャンディー屋さん、なんと実際にアイスキャンディーが入っています!来場者に振る舞っていました。私の息子も頂きました、アイス屋さんありがとう!
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_639507.jpg

こんなカブも…バハ仕様? もの凄くオフに強そうです。
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_6403420.jpg

ミリタリー仕様?のハンターのようなカブです。マットな塗装も迫力です。
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_646227.jpg


11:00過ぎ、当クラブの会長NA氏登場です。100番台になる直前でした。
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_6484844.jpg

既に来ていた私の家族もNA氏にごあいさつ。この日はカブのTシャツを着せました。
第2回カブミーティングin須賀川その②_a0279883_21562446.gif


その③につづく~
by love_cub | 2012-05-29 06:50 | カブミーティング | Comments(0)

第2回カブミーティングin須賀川その①

会場の愛親会館(須賀川市中曽根)は、初めて行く場所でしたが、あらかじめ地図情報でポイントを予習しておきました。
→R4と安積バイパスとの合流地点から4㎞、○亀製麺の交差点を左折
→道なり進み、橋を渡ると左側が会場。
道路もスムーズに流れ、40分くらいで到着しました。

受付へ誘導され、ドライブスルー感覚でエントリー終了、開会1時間前なのに私は「018番」でした。
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20493199.jpg

第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20472734.jpg

展示場所へ案内され整列させると、スタンドがめり込まないよう板を敷いてもらいました。こういった細やかな心配りは嬉しいところです。

私のところに、須賀川カブ主会の会長、今回のカブミーティングの主催者でもある矢吹会長が気さくに声を掛けに来てくださいました。名刺を頂き、あいさつをすると、「ふむふむ、カブ90のエンジンを4速化して積んだ2005年限定車のリトルカブですね、地元にカブの会を立ち上げたみたいですね、知ってますよ~」
…。突然の言葉に唖然となってしまいました。続いて「ブログでチェックさせて頂きました」との言葉に、嬉しいやら恥ずかしいやらで頭が真っ白になってしまいました。会長さん恐れ入りました…。
既にエントリーを済ませたyoshidonさんにもお会いしました。Yoshidonさんは「010番」、私と同じリトルカブでのエントリー。どちらも限定車です。
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20505998.jpg

Yoshidonさん、ホンダ50周年の記念モデルで初期型C100カラーです。外見はC100ミラーとレッグシールドのバンド程度に見えますが、エンジンは75㏄ボアアップ、メーターもカブ90の80㎞/hメーターに換装されております。レッグシールドの独特の青味がなんともいい味です。
しかし、エントリー済のカブを見ると、貴重なヒストリックカブのオンパレード。そのほとんどがナンバー付きの実動車のようです。

このCT50は貴重さもさることながら、車体の程度も良く何枚も写真を撮ってしまいました。隣のサビのカタマリのようなC100もいい味出しています!
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20524330.jpg

スポカブ(青)と、CM90? どちらもキレイ過ぎです。
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20525594.jpg


第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20531249.jpg
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20533558.jpg


主催者側のカブはエントリーせず、別の場所に停めてありました。これがまたスゴい!
個人的に一番気に入った「ダートカブ?」
カブのダート仕様は結構見ますが、どうしても「色モノ、ゲテモノ」扱いされることが多いのに、このカブはカッコいい!リアタヤの迫力と、本当にダートを走っている雰囲気が最高です。色もガンメタなところが良いですね。私も次に目指すとしたらこの路線でしょうか。
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20543760.jpg

こちらももう一台の「ダートカモメ」と、会長さんのカブと思しきブルーメタリックの「カモメ90」、貴重なカブを大切にのっていらっしゃいます。
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20544290.jpg

第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20545787.jpg
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_2055191.jpg

赤カブ(だと思う)のハンドル部分をリトルに変えてあります、違和感なく収まっている!木箱もいい感じです。
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20551443.jpg

そうじ屋さんのC100、何度かエンジンを掛けていましたが、一発で掛り非常に元気でした。
第2回カブミーティングin須賀川その①_a0279883_20553640.jpg

どれもストーリー性とこだわりが感じられてカッコ良すぎです。
あらためて層の厚さを感じさせられました。

次に続きます。
by love_cub | 2012-05-28 21:11 | カブミーティング | Comments(4)

加速の谷が…

給油を済ませR4バイパスをひた走ると、ここで今更ながら加速がスムーズでは無いことが判明。

4速で顕著に分かるのですが、60㎞/h近辺(6,200rpm)まではスムーズに加速するのですが、一度トルクの谷が訪れハーフスロットルではその先加速しません。フルスロットルにするとゆっくりと加速し、66㎞/h(7,000rpm)を超えた時点で更に力強く加速するという2段ロケット?的な加速です。
最初は60㎞/h以上出すとエンジンに負荷がかかると直感し、ゆっくり走っていました。昨日の時点では何も異常を感じなかったのに…。違う点といえばカットしたレッグシールドを着けただけです。

もしかすると、エアクリーナーの吸い込み口がレッグで覆われてしまったか?あり得ることです。レッグシールドはリトル純正、エアクリーナーはカブ90用。エアクリーナー容量はリトル純正の2倍ほどあります。吸い込み口の位置も違うため干渉している可能性は大きい。しかし、今ここで店を広げるとエントリーが遅れてしまう…。

そんなことを考えているうちに須賀川着いてしまいました! ま、これは明日以降のお楽しみということにして、今日はカブミーティングを楽しみたいと思います。
by love_cub | 2012-05-28 12:09 | カブ | Comments(2)

道の駅つちゆ~朝のひと走り

5月27日、第2回となる「CUBミーティングin須賀川」の日です。
当日の朝、K原氏と道の駅つちゆで待ち合わせをして走る予定でしたので、6時前に到着しましたが、相方の姿はまだありません。コーヒーを飲んでしばらく待つことに。
バイクも数台来ていました。
既にyoshidonさんがいらしたので、カブミーティングについてお話させて頂きました。開会の10時くらいに行く予定だと話したら、「その時間だと混雑で大変なことになりますよ」とアドバイスを頂いたので、急遽予定を早めて家を8時に出ることにしました。
その後寝坊したK原氏も到着しましたが、カブミーに向かうため7時には家に戻ることに。
家では既に家族が食事をしていました。本日は一家4人で参加することにしています。
長距離なのでいつもはタンデムする長男をなだめて妻の車で来るように説得、一足先に会場へ向かいました。
by love_cub | 2012-05-28 12:07 | SRX-6 | Comments(0)

第3回朝ツー

本年第3回目の早朝ツーリングを招集しましたが、昨日の雨で欠席者が続出です。
第3回朝ツー_a0279883_8525258.jpg

直前まで行くと言っていたWT氏も寝坊かな?何せこの日の集合時刻は5:30でしたので厳しかったかな?
集合場所のローソンで10分待ちましたが誰も来ないので一人で気ままな走りに出掛けました。
母成方面へ行く予定でしたが、おそらく峠は天候不順&路面ウエットなので、平場を軽く流してから岳温泉経由で道の駅つちゆへ行くことにしました。
途中の路面はウエット区間は無く、天気も回復傾向なので走るには最適といったところです。
道の駅に着くと、バイク駐車場には常連さんの姿が…。
アフリカツインさんと、エボⅩの方(名前分からなくてすみません)がいらっしゃいました。どちらもyoshidonさんのブログを介してと、遠巻きに面識はあったのですが、直接お話するのは初めてでした。
アフリカさんはやはり明日の須賀川カブミーティングに行かれるようで、ついカブの話で盛り上がってしまいました。
エボⅩさんも「カブ買おうかな~」と、私のリトルに興味を示して下さいました。
アフリカツインさんから伺ったところ、明日の須賀川ミーティングには水戸藩カブはじめ、遠方からもエントリーがあるとのこと。カフェカブや東○堂のモ○モトカブ祭りの常連さんもお出でになられるのでしょうか。
何より福島県でそういったカブのミーティングがあるのは嬉しい限りです。明日が待ち遠しい!
本日は妻が早番のため、7:00に帰りました。お二人さんとは今後もお会いすることがあると思います、今後ともよろしくお願い申し上げます。
by love_cub | 2012-05-26 09:08 | ツーリング | Comments(2)

セッティング/マフラー

先日、ノーマルエアクリーナーでは息継ぎが出たので、対策を考えておりました。
まぁ、8割はエアクリーナーの容量不足と吸気の流れがスムーズでは無いことと思います。
では排気側の原因は無いのか?このマフラーはHA02-1900~のものなので、まだエアクリーナーの容量も大きかった時代なので、抜け自体は悪くないと思います。
セッティング/マフラー_a0279883_1102517.jpg

しかし、ふと気になったことが。ポート径との段差です。
排気ポートはΦ22~23㎜あります、かなり大きいです。これに比べマフラーの入り口はΦ19㎜で、溶接時の肉盛りでもっと狭いところも。
これは原因にならないだろうか?思い立ったらもう手にはヤスリを持っていました。
セッティング/マフラー_a0279883_193686.jpg

なるべく段差なくΦ22→Φ19㎜になるよう、なだらかにしてみました。
試走してみたいところですが、路面はまだ濡れており、明日のお楽しみに取っておくことにします。
by love_cub | 2012-05-26 01:11 | カブ | Comments(0)

スプロケ16丁

ほぼ完成したプコブルーですが、昨日の試走の時に気づいたことがありました。
「思ったほどスピードが乗らない…」
タコメーターと照らし合わせてみると、4速80㎞/hで9200rpmと、だいぶローギャードでした。伸びが物足りない訳です。
現在F15×R36の組み合わせです、80cc3速の時は若干ロングながら街乗りに丁度良いくらいでした。
今回のエンジンはあまり高回転が得意ではなく、トルクでかせぐタイプなので、ギア比はもっとロングでも良いようです。
迷わずFスプロケを15→16丁へ変更することに。これで理論上1.07倍となり、同じ9200回転なら85㎞/hとなるはずです。
スプロケ16丁_a0279883_0532215.jpg


仕事帰りに南海部品で購入しました。南海オリジナル製品ですが、肉抜きもしてあり精度も悪くありません。価格も1千円くらいと妥当なところです。
by love_cub | 2012-05-26 00:55 | カブ | Comments(0)

スムージング

仕上がったリトルカブスペシャル(2005年プコブルー)ですが、私が購入した時は小サビがびっしりでした。
屋外に長く置かれたらしく、特にリア周りは完全に塗装が劣化し、磨きだけでは再生不可能でした。
ここはやはり「K田板金」にお願いすることに。
フレーム、スイングアーム、タンク、キャリアとそれぞれに塗ってもらうことに。下地処理もお願いしました。

塗ってもらう際に、リア周りのスムージングをしました。
スムージング_a0279883_0354234.jpg

スムージング_a0279883_0361791.jpg

比較用に通常のリトルの画像(下)です。

カブのアイデンティティーの一つ?でもあるプレス時の溶接跡を無くすのは少し抵抗がありましたが、やってみることに。
ウインカーの配線もフェンダー内側を通して更にスッキリさせようと思いましたが、耐久性を考えてそちらは断念。
さて、塗装の仕上がりですが、新車状態と較べると塗装の平坦性は劣りますが、色合わせは完璧で満足な仕上がりです。クリアーも厚めに塗ってもらいました。
納期は指定せず空いた時間でやってもらったので、仕上がりまでに1ヶ月半かかりましたが、お安く仕上げてもらいましたので感謝しきりです。

塗ってもらっている間に、ショートパーツの注文、ステップやスタンドの塗装、ボルト類の磨きを行いました。
特に磨きに関しては経験が無く、色んな方法を試しました。
一番効率的だったのは、スポンジホイールで傷を付けないようにサビを取り、そのあとフェルトバフを使い研磨剤で磨く方法でした。
最初手だけで磨いていたときは手荒れやマメとの格闘で、果てしない旅の始まりだと思いましたが、機械はホント使いようですね。
by love_cub | 2012-05-26 00:39 | カブ | Comments(0)

第2回朝ツー

5月19日の話ですが、早朝ツーリングを開催しました。
5:45 PLANT5 のGS集合でした。
時間通りに来たのは
私:SRX-6
SS氏:ST250
の2台、次の集合場所のN市役所に向かうことに。
そこで
K原氏:ボルティ
S藤氏:Ninja250
が合流、この日集まったのは4台でした。
第2回朝ツー_a0279883_25947.jpg

天気も良かったのでスカイラインを目指すことに、安全運転で向かいました。
途中、道の駅つちゆには常連さんは誰もおらず、さらに上を目指して走り、野地温泉側からゲートを目指そうと走っていると徐々に視界が悪くなり、引き返そうかと迷いが生じました。
途中でつちゆの常連さんyoshidonさんのFD、アフリカツインさんとすれ違いました。「あぁ、きっと彼らも天候が悪くて引き返したんだな…」と、マイナス思考が頭をよぎり、野地温泉駐車場で引き返すことにしました。
後でyoshidonさんのブログで知ったのですが、浄土平まで上ると天気が良かったようです。ちょっと勿体無かったです。
時間的にもこれ以上足を延ばすことができなかったので、道の駅つちゆでコーヒータイムにすることに。
第2回朝ツー_a0279883_2254985.jpg

まだ早い時間だったためか、私たちの他にはバイクが2台程度でした。
Ninja250のS藤氏はバイク歴3年目ですが、朝ツーには1年目の時から参加頂いておりました。
本日は同僚のATOMOさんが二日酔いのため欠場でしたが、それでも参加してくれたのには嬉しかったです。
バイクの腕前も上達し、乗る姿もさまになっていました。これからもご一緒いただければと思います。

7:20頃解散としましたが、K原氏がボルティのオイル交換をして欲しいというので、手持ちのオイルを入れてあげました。
ボルティはドレンボルトと同じ径のボルトがもう一つあり、どちらを外すか迷いましたが、前側の「目玉焼きの目玉」というこうが判明。←オーナーでないと分からない?
もうひとつのボルトはカムチェーンテンショナーのようです、外すとバネが飛び出してくるようです。調べて良かった!
K原氏は子どもの相手が得意で、私の子二人もなついており、作業中は子どもの相手をお願いしました。
須賀川のカブミーティングも参加するように伝えましたが肝心のカブが無いようで…。
by love_cub | 2012-05-25 02:42 | ツーリング | Comments(2)