人気ブログランキング |

カテゴリ:カブ( 76 )

カブ/ミッション4速化考察

 先日、黄色のトラッカー仕様のリトルを手放した際、降ろしたノーマルエンジンが手元に残りました。
カブ/ミッション4速化考察_a0279883_1485053.jpg

 未始動エンジンです、バラしたらガスケットもキレイに剥がれるかな?


 そして、未登録のカブが一台あります。
カブ/ミッション4速化考察_a0279883_1482863.jpg

 スーパーカブ90DX [HA02-21~]
 ・'96年式、ノーマル車両


 登録にあたり、エンジンの仕様をどうするか(ホンダさんゴメンなさい!)色々と考えておりました。
 そしてエンジン以上に重要視しているのが、ミッションを3→4速にすることです。

 そう、多くのカブ乗りにとって、4速化はある意味命題でもあります。
 通常のカブ(現行型は4速です)だと、50カスタムと、リトルのセル付き以外はほぼ3速ミッションです。

 カブのギアリングは非常に良くできており、3速であっても日本のほとんどの道路で不満が出ないように設計されています。
 カブの1速は長崎の坂道を荷物満載状態で登れることを前提にしてあります。カブ50の1速がローギャードなのはそのためです。
 2速はギア比が倍近く離れているのですが2速発進もでき、ちょっとした坂道ならパワーバンドを外さずに法定速度で走れる万能のギア。
 3速はこれまた1.5倍ほど減速比が離れているのですが、平地なら普通に免停になる速度域まで加速してくれる巡航のギアです。

 そう、3速と言えど日常使用におけるあらゆる状況をカバーできる設定となっているのです。

 しかし・・・、私の住む大玉村は面積の7割が手つかずの山林で、急傾斜地の宝庫、当然道路はアップダウンが激しい箇所が多く、カブの3速では失速する坂道ばかり。かといって2速にシフトダウンすると今度は完全に吹け切ってしまい、エンジンの美味しい部分が使えない事が多々あるのでした。
 かといって、ファイナルで2速ないし3速を坂道に合わせた極端なセッテイング
  例①:F16/R35 の2速を坂道用に合わせる仕様
  例②:F13/R40 の3速で坂道吹け切り仕様
 などを試しましたが、平地での走行においてだいぶ負荷が掛かっていたらしく、①のセッテイングでしばらく走っていたらエンジンが逝ってしまいました。(^^;

 なので坂道を無理なく走れる4速化はカブ90や多くのカブ乗りにとって悲願であり、配達バイクをスポーツ4miniに変える魔法でもあるのです。


 しかし、4速化についてはポン付けとは行かず、排気量に応じて多種多様な方法がありますが、満足のいくギア比を望めば望むほどそのハードルは上がり、最終的にはモンキー用のリターン式や社外の5速を入れる方もいるほどです。

 今回はなるべく純正部品を使用し、遠心ロータリー式も踏襲した4速化を目指し、こんなものを手に入れてみました。
カブ/ミッション4速化考察_a0279883_145957.jpg

 ダックス用 ロータリー4速と思われるミッションです。
  1速 13/35  2.692
  2速 17/31  1.826
  3速 20/26  1.300
  4速 24/23  0.958

 4速がオーバードライブな事を除けばまずまずなギアリングです。

 回す仕様のエンジンなら4速ギアを12Vモンキー用の
  23/24  1.043
 にするとつながりが良くて楽しいかもしれません。

 カブ90のノーマルミッションは
  1速 12/34  2.833
  2速 17/28  1.647
  3速 22/23  1.045


 私の中でベストと思うミッション(90cc前後の排気量で)は、
 CD90 ※12V以降
  1速 12/34  2.833
  2速 17/29  1.705
  3速 21/26  1.238
  4速 23/24  1.043
 です、カブ90の3速をちょうど良く4速に分けたようなギアリングで、3~4速が程良くクロスしており、85㏄で4速吹け切りができる絶妙な設定と言えます。


 同じCDでもCD50は
 CD50
  1速 11/36  3.272
  2速 16/31  1.938
  3速 20/27  1.350
  4速 23/24  1.043
 と、低速よりのセッテイングとなっています。このへんはメーカーが車両ごとにベストとなるよう研究を重ねてギア比を選択しているのが分かります。

 CDのミッションも軸受ベアリングを変えれば使えたと思いますが、CD90のミッションは人気につき、中古でもお値段は結構します。


 
 今後、エンジンの仕様を含めて色々検討して行きたいと思います。 



↓ 役に立った時だけ押してください。(^^)
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-07-18 02:30 | カブ | Comments(4)

カブメンテ/スロットルスペーサー

 カスタムリトルですが、先日のツーリングで気になったことがありました。

 それはアクセルの戻りが悪いことでした。

 原因は分かっており、アクセルグリップとハンドルスイッチの接触による引っかかりでした。

 グリップゴムとの摩擦程度なので、それほどシビアにならなくても良いのですが、やはり 「スパッ」 っと戻らないと気分もイマイチでした。

 なのでちょっと日曜工作の範囲で、間に挟むスペーサを自作することにしました。

 使用したのは透明な塩ビの箱、材料費としては0円です。

 これをハンドルスイッチ側の大きさに合わせて外周を切り出し、中心部をハンドルグリップの径22㎜に切り抜き、ドーナツ状にします。


カブメンテ/スロットルスペーサー_a0279883_0191781.jpg

 アクセルグリップを取り外します。
 エアーがある場合は、「ピゥッ」と内側にひと吹きすると瞬間的に隙間ができて簡単に取り外せます。


カブメンテ/スロットルスペーサー_a0279883_0205661.jpg

 切り抜いた自家製スペーサを入れます。


カブメンテ/スロットルスペーサー_a0279883_0244741.jpg

 再度グリップを挿入して完成、ハンドルスイッチとアクセルグリップが直接触れることが無くなりました。 もちろん今度は 「スパッ!」 と戻ります。

 スペーサは市販品を買っても600円くらいですが、この程度なら自作したほうがお得だと思います。(^^)



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-07-02 00:26 | カブ | Comments(4)

カブメンテ/メーターギア

 黄色のリトルカブカスタムですが、完成後の試走で気になっていたことがありました。

 それは、スピードメーターの表示が体感速度と合っていないという事でした。
カブメンテ/メーターギア_a0279883_22312123.jpg

 1~2~3速とシフトアップし、「このくらいで60㎞/hかな?」
 と感じたところでメーターを見ると・・・。
 なぜか50㎞/hくらいしか出ていないのです。

 あれ?おかしいな・・・、
 体感的には60㎞/hくらいなのに・・・。

 更にメータ読みで60㎞/hまで上げると、エンジンがかなり勇ましい音になってきます。 そう、パワーピーク付近(7~8千回転)まで回転数が上昇している感覚なのです。

 う~ん、気のせい・・・じゃないな!
 乗りながら原因を探りました。


 メーター本体は新品、回転数の入力も規格で決まっている。
 メータワイヤーも新品。
 という事は・・・、メータギアのあるFハブ?

 あ!そうか、本来リトルカブ(14インチ)なのに、17インチを履かせているからでは?
 ・14インチ 外径517 外周1,624㎜
 ・17インチ 外径567 外周1,781㎜

 同じ距離を走ってもメータ読みが 1,624/1,781 ≒0.912なので、
 60㎞/h走行時にも 約54.7㎞/hの表示になっていたようです。


 別の日に会長のCT110と並走させてもらい確認したところ、
 ・CT110 60㎞/h
 ・リトル改 54㎞/h

 と、やはり実走においてもメータ誤差があることが判明しました。
 やっぱり体感速度ってあてになるものですね。


 前の所有者がメータギアのあるFハブのパネルはそのままに、ホイールのみ17インチにしただけのようです。


 これはいけないということで、まずは17インチ用のFハブのパネルを入手することに。
カブメンテ/メーターギア_a0279883_22421319.jpg

 手に入れたのは同年代のプレスカブ用のパネルです。

 ブレーキは同径で、メータの差し込み口もネジ式ではなくボルト留めのニュータイプのものです。

カブメンテ/メーターギア_a0279883_22452037.jpg

  左:リトル/14インチ用
  右:プレス/17インチ用
 外見上の違いは無さそうです。

カブメンテ/メーターギア_a0279883_2247398.jpg

 パネル内側を見てみると、白い樹脂製のピニオンギアの奥に、メータワイヤーと同調する金属製のスパイラルギアが見えます。
 おそらくこのギア比に違いがあるのだと思いました。 

 一応カブ50用のピニオンギアも注文していたので、今回外したものと比べてみると・・・、
カブメンテ/メーターギア_a0279883_22532456.jpg

 左:カブ50用 19丁
 右:リトルカブ用 17丁
 と、ギア比に違いがある事が判明しました。

 これでインチ径の差を補正しているのですね。

 このピニオンギアだけを交換すればOKかな?とも思いましたが、取り付けてみると動きが渋くて使えませんでした。
カブメンテ/メーターギア_a0279883_22554084.jpg

 19丁のほうが目が細かいので、スパイラルギアとの噛み込みが合わないのです。
 ちなみにスパイラルギア単体でのパーツ供給は無く、パネルAssyでの交換が必要となります。

 なので、今回はパネル丸ごとを交換することで対応しました。

 交換後は体感速度との違和感もなく、指針もオドメータも正常値に戻りました。

 
 今回は知っていてもあまり役に立つ機会は無いと思われる、メータギアについてスッキリさせてみました。

 
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-06-29 23:13 | カブ | Comments(6)

カスタムリトル/シェイクダウンへ

 6月9日(日) 夕刻、
 組み上げ後初となる、カスタムリトルの試走行へ出掛けました。
カスタムリトル/シェイクダウンへ_a0279883_136834.jpg

 エンジンオイルも新しくしました、アイドリングも安定しています。


カスタムリトル/シェイクダウンへ_a0279883_1391043.jpg

 スプロケは F15、 R37 の組み合わせです。
 若干ロングですが、リアスプロケはちょうど持ち合わせがあったもので (^^)
 

カスタムリトル/シェイクダウンへ_a0279883_143169.jpg

 大玉路を行きます。
 エンジンは快調なのですが、このマフラーだと低速トルクが薄いです。上は回るのですけれどね。
 ツーリングや街乗り向けではありません。 音も大きめなので気を遣ってしまいます。

 スプロケの組み合わせは良いようです、3速60㎞/h巡航が無理なくできる程度です。


 平地走行テストの後、まだ明るかったのでみちゆへ向かうことに。
 岳温泉側から登り、ワインディングに差し掛かるところで青いRX-7が・・・、そう、yoshidonさんでした。
 yoshidonさんも気付いてくれました、この日の朝にもCBでお会いしたばかりでした。
 

カスタムリトル/シェイクダウンへ_a0279883_1474060.jpg

 日も暮れかかっておりましたが、みちゆにはバイクも10台くらい停まっていました。
 ハーレー、TW、NSRの方とお話しをしました。 初対面の方でもカブだと話し掛けられやすいかもしれませんね。


カスタムリトル/シェイクダウンへ_a0279883_2154719.jpg

 最後まで話をした方のNSR、一見ノーマルの最終型ですが・・・、かなりヘビーなカスタムが施されておりました。
 特にカウルは前から見るとワイド&ローで迫力があります。 フォークも剛性管があり、ブレーキも見るからに効きそうです。 他車流用パーツもありますが、非常に綺麗に仕上げられています。
 年式からすると程度も極上ですね、大切に乗っておられるようです。


 ・・・と、試走行の結果、マフラーを選び直すことにしました。 見た目は気に入ってるのですけどね、このマフラー、 でもやっぱり走りやすく静かなほうが良いですね。(^^)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-06-12 02:34 | カブ | Comments(4)

カスタムリトル/完成へ

 今朝は天候が良くなかったので朝駆けは無しとし、カブいじりをしていました。

 先日エンジン換装をしたカスタムリトルですが、ひとまず仕上がりました。
カスタムリトル/完成へ_a0279883_1028546.jpg

カスタムリトル/完成へ_a0279883_10282030.jpg

 以前はクランクカバーまで黄色 でしたので、ちょっと落ち着いた感じに。
カスタムリトル/完成へ_a0279883_9525134.jpg




カスタムリトル/完成へ_a0279883_9201658.jpg

 ステムカバーをリトル純正としました、スリムさは無くなりましたがカブらしさはupしました。



カスタムリトル/完成へ_a0279883_9223758.jpg

 スキッドプレートを装着、車体に合わせ黒塗装です。
 ただ、このマフラーだとエキパイ位置が低いため、あまり意味が無いのですけれどね。(^^)


カスタムリトル/完成へ_a0279883_9233782.jpg

 依然としてメーカー不詳のマフラーですが、内径・溶接痕・各部の仕上げなどから水本レーシングさんのワンオフ物かと思います。(想像です)
 音は重低音で耳障りなものではありません。



カスタムリトル/完成へ_a0279883_9264118.jpg

 メーターはDaytona製の140㎞/hスケール(φ60㎜)に、インジケーターを配置しただけの簡素なものにしました。 


 今月予定している当会の林道ツー、セローで行く予定でしたが、仕上がってみるとこれでもいいかな?と思い始めました。


 これからオイル交換をして、明日はいよいよシェイクダウンといきたいところです。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-06-08 09:39 | カブ | Comments(2)

カスタムリトル/エンジン換装

 黄色いカスタムリトルの仕様変更をしました。

 元々のエンジンを降ろし、ストックしてあった80㏄エンジンに換装しました。
カスタムリトル/エンジン換装_a0279883_10165819.jpg

 黄色いクランクケースのほうが今回降ろしたエンジンで、実は未始動エンジンです。 チューニングベースに適すると思いこちらをストックすることに。

 新たに積んだエンジンは、腰下はC50ノーマル3速、腰上はJUNの80㏄シリンダーキット、ハイカム、強化スプリング。
 ヘッドはノーマルなので出力はそこそこですが、充分な動力性能です。 回転は軽く上まで伸びるので、カブ系に適したエンジンといえます。

 キャブはHA02(カブ90)ノーマル用です、加速の立ち上がりは穏やかですが、その分街乗りやツーリングではこちらの方が扱いやすく実用向けと言えます。チョークレバーも使えます。
 燃費も以前のリトルに積んでいた時は街乗り45、ツーリング55㎞/Lくらい走りました。

 CDIもHA02純正です、進角するのでチューニングエンジンに使用しても伸びは悪くありません。


カスタムリトル/エンジン換装_a0279883_1018481.jpg

 2年間眠らせていたエンジンですが、キック1発で始動しました。 
 ほんとにメンテ要らずですね。(^^)


カスタムリトル/エンジン換装_a0279883_1028321.jpg

 配線処理も完了、電気系統にも異常なしです。
 しかし正直、コネクター類全てをこのライトケースの中に収めるのは厳しいものがありました。 配線の取り廻しが一番時間がかかったかもしれません。

 
 スプロケは15-38くらいがベストかな? 3速の守備範囲が広いので、ギア比は入念に選びたいと思います。 

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-06-03 00:00 | カブ | Comments(8)

スーパーカブ/企業コラボTシャツ

 ユニクロで企業コラボTシャツとして、Hondaシリーズの新作が出ました。
スーパーカブ/企業コラボTシャツ_a0279883_2492395.jpg

 そう、スーパーカブがデザインされたものです。
 この他もう1パターンあり、スーパーカブは3種類です。  価格は990円

 C100、行灯、かもめと、歴代モデルが描かれたモノは、最後の2008は50周年記念モデルで、FI化されエンジンが黒くなっているところも忠実に再現されていたりします。(^^)

 他のデザインは ユニクロのホームページ でご確認ください。


スーパーカブ/企業コラボTシャツ_a0279883_2464128.jpg

 5月31日のチラシに掲載されており、思わず買ってしまいました。

 自分で作るより安くて品質も高いのは確かなようです。(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-06-02 10:07 | カブ | Comments(4)

カスタムリトル/第3回東北カブミーティングin須賀川へ


 黄色のリトルカブですが、先ほどなんとかカタチになりました。
カスタムリトル/第3回東北カブミーティングin須賀川へ_a0279883_1543923.jpg

 ナンバー登録も済んでおり、この車両で参加したいと思います。

 思った以上に配線処理に時間が掛かってしまいました。

 やり残した所は色々とあるのですが・・・、キリが無いので・・・。



 フロントフェンダーが無かったので、今回自作してみました。

 用意したのはホームセンターで売っているアクリル板です。
カスタムリトル/第3回東北カブミーティングin須賀川へ_a0279883_1595947.jpg

 まずはカタチを決めます。 


カスタムリトル/第3回東北カブミーティングin須賀川へ_a0279883_22547.jpg

 カッターで厚みの1/3ほど切れ目を入れ、パキッっと折ります。
 バリの処理はヤスリでOKです。


 真っすぐで良い場合はこれで終了なのですが、今回曲げ加工をしました。
カスタムリトル/第3回東北カブミーティングin須賀川へ_a0279883_233750.jpg

 アクリルヒーターが無いので、ホットプレートで代用しました。
 ピンポイントで曲げたかったので、タイヤレバーに熱を集中させます。
 アクリルは180℃前後で変形します、変形したらすかさず水で形状を固定します。


カスタムリトル/第3回東北カブミーティングin須賀川へ_a0279883_265711.jpg

 ちょっと荒っぽいですが、イメージしたカタチになったのでよしとします。
 写真はタイラップ用の穴を開けた後です。



 朝になったら洗車して、出発の準備をします。

 では、本日行かれます方、会場でお会いしましょう(^^)
by love_cub | 2013-05-19 02:11 | カブ | Comments(2)

リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて

 いよいよ今度の日曜日は 「第3回須賀川カブミーティングin須賀川」 ですね。

 さて、以前購入していた黄色いリトルカブですが、コツコツと作業をしておりました。
 主要なところはほぼ終わったので、あとは丸一日あれば配線関係も仕上がると思います。

リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_23194090.jpg

 外観はトラスフレームとシートカウルが特徴となります。


リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_23312497.jpg

 現代版 C105Hをイメージして作成したのですが、シティ・トラッカー風になってしまいました。
 やっぱりオリジナルはカッコ良過ぎです。



リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_23335896.jpg

 ホイールは 14→17インチへ、 タイヤはブロックパターンです。


リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_2336554.jpg

リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_23365620.jpg

 これによりセンタースタンドを リトル用 →普通のカブ用 に変更、だいぶ高さが違います。


リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_2339943.jpg

リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_23391397.jpg

 サイドもパワースタンドに交換、不整地でも安心して停められます。
 スイングアーム取り付け部分を塗装しました。


リトルカブ・トラッカー仕様/須賀川カブミーティングへ向けて_a0279883_23415048.jpg

 ウインカーはステーを作成し、取り付けしました。


 ハンドルはバーハン仕様とし、おさえ込みやすいポジションとしました。

 マフラーはアップタイプが理想なのですが、なかなか良いものがありませんね・・・。



 須賀川カブミーへこれで参加するかどうかは今週の仕上がり次第で、当日の朝決めたいと思います。
 当日行かれる皆さん、会場でお会いしました際にはよろしくお願い申し上げます。

 まずは登録しなくちゃ!



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-05-14 23:54 | カブ | Comments(13)

開催迫る! 第3回東北カブミーティングin須賀川

 先日、須賀川カブ主会の会長、ベスパンの矢吹さんがポスターを届けに来て下さいました。
開催迫る! 第3回東北カブミーティングin須賀川_a0279883_0142285.jpg

 第3回東北カブミーティングin須賀川
 ・とき: 2013年 5月19日(日) 10:00~
 ・場所: 愛宕町愛親会館(須賀川市柳山186)
 ・参加資格: カブなら何でもOK!
 ・参加費: 1台500円
 ・愛車コンテストや抽選会があります!


 詳しくは ライダーズナビのページ をご覧ください。


 当会の渡辺宅に来て頂いたのですが、ちょうどその時カブツーをしており、お会いすることができませんでした。 せっかく来て頂いたのに申し訳ありませんでした。 奥様とタンデムで来られたとのことです。

 
 開催まであと10日です! きっと今頃は準備で多忙を極めていると思われます。



 このポスターは、ご存じ バイク好きおくさん の描いた作品でもあります。
 一見写真を加工したようにも見えますが、ちゃんと描かれております。
 さすがですね~(^^)

 左の青い110のものは、あまりにも写真のように見えるためボツになった初期案とのことです。


 そして、このキャラ は会長であるベスパンの矢吹さんです。
開催迫る! 第3回東北カブミーティングin須賀川_a0279883_03791.jpg

 幼稚園児の息子も 「ベスパンさんがいるよ!」 と、一目で言い当てました。 こんなにデフォルメしてあるのに、特徴をとらえて描くのはさすがとしか言いようがありません。


 カブミーの日時はお忘れなく!
 年に一度のカブの祭典です、有名ブロガーさんたちも勢揃いしますよ! 

 カブ好きの皆さん、会場でお会いしましょう(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2013-05-09 00:56 | カブ | Comments(2)