人気ブログランキング |

カテゴリ:メンテ/C65( 7 )

C65/フェンダー溶接


再生作業の止まっていたC65、久々に再開です。

a0279883_22084314.jpg

リアフェンダーの割れ、この損傷のためフェンダーがぷらぷらしていました。



いつも出入りしているK田板金屋さんに持ち込んで溶接してもらいました。

a0279883_22085683.jpg

適当な手術台に乗せられるC65のフレームくん。
ちょっと白っぽいのはサビ防止にプラサフを薄く塗布しているためです。



a0279883_22091180.jpg
社長、お願いします!
a0279883_22090474.jpg
きゃーっ! 穴開かないかな?


電気溶接でガッチリ接着&肉盛りしてもらいました。

a0279883_22235244.jpg
a0279883_22093504.jpg
見た目はどうあれ、強度は確保することができました。
溶接さえしてもらえればカタチはある程度整えられます。


こちらは気長気長にやりますので、更新はあまり期待しないでください。(^^;



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-06-10 19:00 | メンテ/C65 | Comments(4)

C65・サビ落とし2

今日は暖かくなりましたね、先週までの寒さがうそのような陽気です。
週末もこのくらいの気温で天候も良ければと思うのですが、また来週末崩れそうな予報です。

さて、しばらく更新をしておりませんでした。
仕事と様々な行事が重なり身動きがとれませんでした。

カブいじりもほとんど出来ず、フラストレーションが溜まりまくりです。(^^;)
どこかで発散せねば・・・。


a0279883_18513184.jpg

唯一、C65のサビ落としの続きをしました。
リアフェンダーの破損部分を重点に下地出しをしました。

こうして骨組みだけになったカブを見ると、つくづく華奢だな~と感じます。
この軽さと繊細さが魅力ですよね。(^^)
エンジンもあのサイズにメカが凝縮されていることを考えると、発売当初は未来から来た乗り物だったんでしょうね。

a0279883_18514423.jpg

素地調整だけで既に3時間以上掛かっています。

補修方法はいまだに妙案が出ませんが、気長に色々と試したいと思います。(^^)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-03-24 19:04 | メンテ/C65 | Comments(6)

C65・フレームサビ落とし


'65年式の C65、私の手に負えそうになかったのでしばらく放置しておりましたが、細々と再生してみようかと思い立ちました。

a0279883_19114466.jpg

≪レストアの方向性≫
・外観:極力ノーマル
 (レッグ&フェンダーレスでC105H風に)
・エンジン:6V (88㏄ →72~75㏄)

a0279883_1985677.jpg

私にも再生可能な範囲でやりたいと思います。
トレイル仕様、ロード仕様、どちらも似合いそうです。

気長にイジってみたいと思います。(^^)


とはいえ、真っ先に状態を把握しなければならないのがフレームでした。
a0279883_19123534.jpg

≪問題点≫
・サビがヒドい
・フェンダー穴開き
・フェンダー折れ曲がり

メインフレームは修正無しでイケそうですが、フェンダーはかなり補修が必要な状態です。

a0279883_1913395.jpg

穴開き部分は強度が不要な場所なので何とかなりそうですが、折れ曲がり箇所は補強が必要です。
これは私の技術では無理なので、板金屋さんに相談することにします。

レストアの最深部となるフレームの補修、まずは状態を確認するためにフレームのサビを落としてみることにしました。


a0279883_19583836.jpg

これに備え、今回グラインダーを新調しました。
回転数が可変、サンディング作業にも対応するグラインダーです。

a0279883_1959364.jpg

初売り特価で5千円でした。(ケー○ーD2オリジナル品?)
今まで使っていたグラインダーに比べ、軽量スリムタイプで長時間の作業も楽になりました。
今後も何かと役立ってくれることでしょう。(^^)

ワイヤーカップ(真鍮製)を取り付けてひたすらサビを落とし、素地を出すことにします。
一定の負荷がかかると回転数がアイドル状態になる安全機能付きです。

a0279883_201856.jpg

メインフレームは、パッと見は問題無かったのですが、下側はかなり腐食が進んでおり、部材が侵食されアバタ状になっておりました。
穴が開くほどひどくはありませんでしたが、土に還る準備は進んでいたようです。(^^;)


いよいよ問題のフェンダー部をあらわにしてみます。
穴空き箇所付近にグラインダをあてると・・・、
ぁあああぁっ・・・!

サビの結晶のような状態でしたので、サビとも鉄ともつかない物体が飛散し、いつまで経っても地金が出てきません。
a0279883_2014589.jpg

傷口が広がりました、さすがにこれ以上はマズいと思い中断しました。(^^;)

もっと当たりの優しいモノで再チャレンジしたいと思います。


1時間半ほど作業しましたが、天候が荒れて来たので(C65の怒り?)作業を中止しました。

a0279883_204481.jpg

フェンダー裏などサンダーが届かない箇所も多く、エアリューター用のカップも用意して対応したいと思います。

a0279883_204223.jpg

ある程度素地が出たら板金屋さんに持ち込んで相談したいと思います。

折れているフェンダー部ですが、端部の処理を見ると、鉄板をカールさせて強度を出しているようです。
単純に溶接しただけでは強度は出せません。

素人考えでは、
・裏側にアーチ状の補強板を溶接
・モール状の金属で挟んで溶接

のどちらかをすれば良いかなと考えております。

しかし、板金屋さんがサジを投げたら・・・、
自分でやるしかないですね、電溶できるかな・・・。(^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-03-10 20:09 | メンテ/C65 | Comments(8)

C65・エンジン分解

C65に搭載されていた不明エンジンを分解してみました。
a0279883_11142437.jpg

不明としたのは明らかにC65の物ではないクランクケース、一次側ハンドクラッチ仕様だったからです。

検証しながらの分解につき、今回画像が限りなく地味です。(^^;)

a0279883_11183461.jpg

ヘッドはHM表記のあるホンダ製、スキッシュエリア(外径47㎜)のある、バルブも大きめの物です。
※47㎜ということは、41.4㎜ストローク換算で72㏄、これが現在で言うところのビッグバルブヘッドなのでしょうか。


a0279883_1121367.jpg

ピストンはオイルで滲んでいました。
白煙の原因はシリンダー側にあるようです。

12Vでは見られない、極端なペントルーフ型、形状もスキッシュエリアギリギリの47㎜から立ち上がります。
バルブリセスもかなりエグられています。


a0279883_11242484.jpg

シリンダーを外してみると、タテキズがしっかりと確認できました。
オイルリングが機能していないような気もします。 ※ピストンと同じくらいの径でした。

a0279883_1125619.jpg

特に下側(排気側)の痕跡が深いです、再利用はできませんね。


a0279883_11264832.jpg

ピストンは52㎜でした、デカいです。(右は50㏄ノーマル)
ストローク41.4㎜換算で88㏄、限界ボアですね。
シリンダーはアルミ製、薄く物凄く軽量です。純正の1/3程度かな?


a0279883_11323412.jpg

カムシャフトを取り出してみました、なんと!ベアリング軸受けじゃ無い!

a0279883_1133553.jpg

軸受け部にスパイラルの溝が切ってあり、そこにオイル孔があり潤滑する仕組みです。
なるほど~、6V機関って初めてバラしましたが、これでも大丈夫なんですね。シビれます。
しかし・・・、軸受けもロッカーアーム面も結構カジっておりますぜ・・・。(^^;)


a0279883_11351359.jpg

フライホイールを外すと、コイルとポイントが。 CDIじゃないんですね。(^^;)
昔乗っていたシャリィは6VでもCDIだった気がするが・・・、色々あるのかな・・・。

a0279883_1138894.jpg

フライホイールの内側の軸がカム形状になっており、そこでポイントを開く構造です。
なるほど、無駄がない・・・。 このメカニカルさ、好きかも。(^^;)

ちなみにこのフライホイールは固定進角です。 可変進角だとこの内側にガバナーが付くようです。

a0279883_11405459.jpg

進角は30度、低回転は捨てているようですが、まず普通に使えるくらいでしょうか・・・。


クランクはどうやらLクランクと言われる種類のようです。


う~ん、ヘッドは使えそうですが、ベアリング軸受けじゃないところは気になるし・・・、
かといって、コンロッド長も違いそうなので最近のシリンダーキットがポン付け出来るとも思えない・・・。

正直、6Vエンジンの事は全く分からないので、4miniに明るい諸先輩方に色々と助言を頂こうか・・・、それともバラすべきでは無かったのか・・・。(^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-02-01 11:53 | メンテ/C65 | Comments(6)

C65・エンジン降ろし

今日は気温がやたらと高く、春先を思わせる陽気ですね。
しかし天候は雨・風・雪と、バイクを乗るには適さないのでバイクイジリをしました。

a0279883_13562046.jpg

C65、レストアの方針どころか、レストア or 売却すらも決まっておりませんが、ひとまずエンジンを降ろして各部の点検をすることにしました。

エンジン自体は貴重なC65のものでは無いので(多分)、車体に積んであっても全く価値がありません。

おまけに白煙を吐くエンジンなので、ピストン&シリンダーが逝っているはず・・・。
a0279883_140023.jpg

マフラーを外すと早速オイルが垂れてきています・・・。 2st並みの白煙はこのせいか・・・。
a0279883_14205196.jpg

スポカブのマフラー内径は22㎜でした。 この時代はビッグバルブなのでピッタリの仕様ですね。
この内径のマフラー、作ってくれるメーカー無いかな?
ちなみにカブ90の規制前(~'98)マフラーは18㎜くらいでした、こちらは明らかに低速向けなんですよね。(^^)


・・・もう無心でバラしましたので経過写真はございません・・・。


a0279883_1431092.jpg

とりあえずエンジンを降ろして清掃してみました。


a0279883_14131284.jpg



a0279883_14133419.jpg

フェンダーは補強するしかないのかな・・・、 触ると傷口が広がります・・・。(^^;)



a0279883_14142478.jpg

50年前の車体といっても、最近までの鉄ボディのカブとほとんど同じ構成なのはスゴいですね・・・。
そして、明らかに古カブのほうが細部の造りが丁寧です。
リアウインカーの配線も表に出ないような取り回しや、タンクの組み方やホースの取り回しも整然とされています。
溶接痕も非常に綺麗に仕上げられています。 この頃のカブが長寿なのはこうした仕立ての丁寧さによるところが大きいのかもしれませんね。 さすが made in japan


今度はエンジン開けてみたいと思います。(^^)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-26 14:28 | メンテ/C65 | Comments(10)

スーパーカブ・C65

先日手に入れた C65、外見のみチェックをしてみました。

a0279883_1711685.jpg

a0279883_17114484.jpg

見た目はサビサビ、レッグやFフェンダーはなく、スポーツカブのものと思われるマフラーが付いています。

a0279883_17171112.jpg

ブロックタイヤなどから、一見C105T風にも見えます。


a0279883_17192473.jpg

テールはおむすび型の三角テールです。 この時期のC100系共通でしょうか。

a0279883_17465415.jpg

そしてフェンダーの穴、このあたりは鉄とサビの判別が難しい状態です。(^^;)
また、フェンダーに歪みもみられました。 修復できるのかな・・・。



a0279883_1722955.jpg

フロントエンブレムはC65特有の 65の文字が赤で強調されたもの。

a0279883_1722561.jpg

車台番号でも辛うじてC65であることが確認できました。
C65-C~

C100と共通ボディとなるこのC65は、わずか半年間だけ 1年間という短期間の販売でした。
 '64年12月 C65-A
 '65年 4月 C65-B、C
 '66年 1月 C65-D
 '66年 5月 C65-E(ニューボディとなる)

と、アップデートを矢継ぎ早に繰り返していたようです。
やはりOHC初搭載とあり、問題点も多かったのでしょうか。
※上記と併売し、C65Mと呼ばれるセル付モデルも存在したようです。

私の個体は C65-C なので割と後期の型番。 性能も比較的安定して来た頃のモデルでしょうか。

a0279883_1734162.jpg

ハーネスにも 1965年製の証しが残されておりました。


a0279883_17354182.jpg

燃料タンクとボディの色がが違います、タンクのシールが Cub50 なことから、タンクはC100のものでしょうか。


a0279883_17373451.jpg

ブレーキワイヤーは固着、握ると引きずりっ放しです。
あれ?ワイヤーは最近のものと共用部品かな? 試す価値はありますね。


a0279883_17382762.jpg

タンデムステップは原付二種につき、標準で装備されます。

a0279883_17391822.jpg

原付二種のコーションプレートはネック部にありました。これもオリジナルのようです。


a0279883_1739494.jpg

エンジンはオリジナルではなく、一次クラッチの結構古いモノが載っていました。
それにしてもスポカブのマフラーは太いですね~。

a0279883_1741470.jpg

エンジンの刻印は無しです。 古い機種だと刻印されたプレートが貼られていると聞いた事があります。
おそらく剥がれてしまったか、無番のクランクケースかどちらかですね。



a0279883_1744255.jpg

メータは100㎞/h表示です、指針はオレンジ、小振りでカワイイです。
ちなみにハンドル幅はだいぶ狭いんですね、乗った感じはコンパクトで面白いです。
私のリトルカブのハンドル幅が66㎝ですが、このC65は57㎝と、10㎝近く狭いです。
しかし、この狭さがボディの華奢さと見事にマッチしています。


a0279883_17443151.jpg

エンジンは現状でかかる状態ですが、結構な白煙が上がります。
寒さではなく、オイルの香ばしい臭いです。(^^;)



車両年齢49歳、このまま走る事は可能ですが、少なくともボディをシャキっとさせてから乗りたいですね。

色々と妄想を膨らませてレストアするか、深みにハマる前に手放すか、も少し考えたいと思います。


↓役に立った時だけお願いします。
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-12 18:00 | メンテ/C65 | Comments(8)

衝動買い C65

昨日から厳しい寒さですね、
今朝はクルマのドアが張り付いて開きませんでした。

さて・・・、新年早々衝動買いをしてしまいました。

a0279883_18442043.jpg

a0279883_18443772.jpg

C65と思われる車両です。

車体はフェンダーに穴が開いていたりと、かなりボロボロです。


完成イメージが描けたら手を付けたいと思いますが・・・、あまりにも手が掛かりそうなので現時点では売却も含め検討中です。


天気の良い時にでもじっくり診てみることにします。 (^^;)


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
by love_cub | 2014-01-10 18:51 | メンテ/C65 | Comments(6)