人気ブログランキング |

スーパーカブ110(JA07)/クリア塗装修正

自家塗装にて"C110DX"化したスーパーカブ110(JA07)のクリア塗装の厚塗りをすることにしました。

a0279883_02075977.jpg
前回、YMCF Cubサミット2ndにてお披露目した際(↑上の状態↑)は、時間が間に合わずウレタンクリア2回塗りまででした。

a0279883_02111987.jpg
これはこれで近づかなければあまり分からないのですが、この距離でも"柚子肌"であることが分かりますし…


a0279883_02120343.jpg
隣に手本とした鉄カブ(C70DX)を並べるとこのとおり、塗膜の深みが違うのです。
奥の鉄カブの塗装を100点とすると、30点といったところです。

これを解消すべく、
・2回塗り →4回塗り
・塗りっ放し →コンパウンド仕上げ
の工程を実施することにしました。

a0279883_02244357.jpg
使用したのは「SOFT99 ボデーペン ウレタンクリアー」です。2液性のプロ塗装が手軽に再現できます。
本気の塗装の時は今まで板金屋さんに頼んでいましたが、今回はスキル向上と手間は掛かりますが安く済ませる為に自家塗装をしています。
このウレタンクリア1本で、JA07のサイドカバー左右でしたら3回ギリギリ塗られるくらいです。



早速、脱脂をし、前回の2回塗りの塗装の上に塗り重ねたところ…

a0279883_02174197.jpg
なっ、なんと、かなりの柚子肌に…。
この時点で心が折れ、拭き取ってしまおうという衝動に駆られましたが、グッとこらえました。
原因としては、脱脂が完璧ではなかったのだと思います。油分が残っていたことにより、クリアを弾いてしまったと考えられます。リカバリーするにはペーパーを掛けて均すしかない…。


a0279883_02174709.jpg
3日後、完全に硬化したところでペーパー#1500を掛けました。
1~2層目のクリアまで部分的に削ったと思います。色の塗装面とステッカーには到達しないよう慎重に水研ぎしました。
この時点では振り出しに戻った気持ちで不安がいっぱいでした。



a0279883_02180068.jpg
上記のペーパーをあてた状態から、3回塗りました。
さすがにクリアの乗りも良く、厚みのあるクリア層ができました。
なお、邪道ではありますが、私はこのウレタンクリアを吹くときは垂れる寸前まで追い込みます。表面張力で濡れて艶々になる状態まで(ホントに垂れ注意!)もって行くのです。本当は薄塗りで塗り重ねるのがセオリーですが、この2液性クリアに関しては、薄塗りだと粒子がいつまでも残ってしまい一体感が出ないイメージがあります。後述の磨き作業の容易さにも差がでます。(場合によっては磨かなくともある程度の仕上がりになるため、ズボラな仕上げも可能)


今回はコンパウンドで磨いてみました。

a0279883_02180644.jpg
まずは3000番で磨いたところです、この状態でもかなりの平坦性が出ました。



a0279883_02192304.jpg
続いて7500番で磨きが完了したところです、照明の違いで比較がし難いですが、更に艶が増しました。



a0279883_02194760.jpg
最後に9800番で磨いたところです、3000番と比べると明らかに艶が出ました。

磨き作業はこれにて完了、一時はどうなる事かと思った塗装失敗ですが、なんとかリカバリーできてホッと一安心です(^^)




続いてエンブレムの貼り直しをしました。

a0279883_02201826.jpg
実は前回貼った時、曲げ加工がいま一つで端が浮いていたので、ドライヤーで暖めながらサイドカバーの曲面に沿うように曲げました。(やけど注意!)


a0279883_02202408.jpg
曲げ完了後、両面テープを貼ります。
これは経験上、一枚物で貼ると強度が増します。



a0279883_02203126.jpg
サイドカバーの貼付け面をブレーキクリーナーで脱脂後、ペタッと貼り付けました。今度は端っこが浮いて引っかかることが無くなりました。


以上、品質向上という名目の"究極の自己満足"のための地味な作業でございました。







by love_cub | 2019-10-25 01:00 | カブメンテ | Comments(0)
<< スーパーカブ110(JA07)... 第8回あだたらカブミーティング... >>