人気ブログランキング |

私達がカブに乗る理由


グローバルカブの登場から早2年、依然として巷のカブ人気は衰えを見せません。

私たちはなぜこんなにもカブが好きで カブに魅了され カブに乗るのか、改めて考えてみました。


スーパーカブ110('09~)の登場により、性能は飛躍的に向上しツアラー要素の高い乗り物へと進化を遂げました。
しかし依然として鉄カブの人気は高く、カブ乗りの愛車の多くを占める状況です。
私達がカブに乗る理由_a0279883_01425396.jpg
最新のカブが性能的にも最良のカブなのは間違いのないところですが、どうやらカブ好きが求めているのは性能ばかりでは無さそうです。



・デザインがカッコイイから?

最近ではカブの事をカッコ悪いという声を聞かなくなりました。
ちょっと前まではダサさの象徴のような存在だったと思います。
学生の時分は死んでも乗りたくないバイク(バイクとも呼びたくない存在)でした。
それが今ではおしゃれ感覚(レトロで可愛い)で乗る若者も多くなるなど時代の変化も感じます。(^^;



・荷物がたくさん積めるから?
確かに積めるほうだと思いますが、常にそんなに積んで走る人は多くないはず。
そして空荷のほうが乗り心地悪かったりします。



・燃費が良いから?
これは間違いないですね、FI以降の実燃費は更に向上しています。
しかしキャブ車だとPCXあたりとそう変わらないはず、ましてや走りや快適性では遠く及びません。
それでもカブで長距離ツーする人は多いですよね、燃費だけで選んでいる訳では無さそうです。



・頼りなく華奢なところ?
裏を返せば気軽に気楽に乗られるという美点にも。
車体の重さに気遣う必要はありませんね、立ちゴケの恐怖からも解放されます。(^^)
そして一見「この小さな車体がこんな走りを」という感動も。



・乗って楽しいから
この意見は多く、雨ガエルさんも提唱しています。
私達がカブに乗る理由_a0279883_1272962.jpg
名刺にも「楽しくなければカブじゃない。」と


また、自動遠心クラッチというところも手軽でありながら自分の意思で変速して走られるという楽しみがあるのだと思います。

私達がカブに乗る理由_a0279883_1331347.jpg
おそらくですね、法定速度内をアクセル全開にして楽しめるバイクはそうそうないと思います。
悲鳴を上げるエンジンを最適なギアにたたき込んで走る。その姿に感情移入してしまうのではないでしょうか。(^^)
「がんばれ~!」、「もう少しだぞ~」、「良く走ったな、ちょっと休むか」 のような(^^)

乗った時、操った時の楽しさ、これに魅了される人は多いでしょう。

フルサイズの大人が気軽に乗られて、遅いけどなぜか楽しい!
ちょっとイジれば性能向上、燃費も良く維持費も圧倒的に安い!

あら、もう乗らない訳が見つからなくなりました。(^^)



私は燃費の良さと必然性のあるデザインに惚れこんで買いましたが、いまではカタチそのものや誕生からの歴史なども興味対象です。
私達がカブに乗る理由_a0279883_1302561.jpg
デザインは特にタンクからフェンダーに続くラインが美しいですね、尻下がりのフェンダーはどう見ても遅そうですがそれがまたウットリです。(^^)



カブは積載性と燃費だけは良いかもしれませんが、充分な動力性能があるわけでもありません。
しかしこの一台で何とかなってしまうのもまた事実です。

・ツーリング →ついて行けます
・キャンプツー →かなり得意分野
・林道ツー →ほぼついて行けます
・ワインディング →ツイスティコースは意外と楽に走れます
・通勤通学 →得意分野
・街乗り →最適、タンデムも気軽
・配達業務 →右に出るものなし、そのためのバイク
・雨天時 →レッグシールドで足元汚れません
・圧雪凍結 →スタッドレス&スパイク、チェーンもあり


カブはバイクとして成立する最小単位の万能コミューターと言えるでしょう。

カブ乗りの皆さんはガマンして乗っている訳でもウケ狙いで乗っている訳でもなく、純粋に乗って楽しい使えるバイクだから乗り続けるのだと思います。

若干の流行りすたりはあれど、良い物は残るということは歴史が証明しています。


近年急速に高まりつつあるカブ人気、しばらくは過熱状態が続きそうです。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

by love_cub | 2014-05-29 01:45 | カブ | Comments(22)
Commented by マサタケ at 2014-05-29 09:52 x
あまりに私が書いたブログの様なんで笑ってしまいました、すみません。

バイクに乗り始めて20年程が過ぎた頃、ようやくカブ初体験。
それが今所有しているカブ110です。

完全にやられました(笑)

歴代20台近く乗ったバイクのどれよりも楽しいのです(^^)
確かに若い頃なら遅さに閉口して乗ることはなかったでしょうが、
結婚して子供もいる自分にはいい意味でのリミッターになっています。
更に遅いと思われているカブですがコーナーリングスピードははっきり言って速いですよね、
これはタイトな峠て痛快です。

のんびり走り峠ではスポーティーに走る、
そんな使い方が出来るカブは私にとって最高のバイクなのです(^^)

お互いに素晴らしいカブライフを満喫しましょう。
もちろん安全運転で!
Commented by love_cub at 2014-05-29 12:19 x
>マサタケさんこんにちは、
皆さん純粋に乗って楽しいバイクと感じているからカブは人気なのでしょうね、支持されるのにはそれなりの理由があります。
峠道の速さ(気軽さ?)には同感ですね、大型と変わらないペースで走れますし、それでいて疲労感はかなり少ないですよね。
しかしマサタケさんのカブは別格に速そうです!軽二輪ですからね、夢のカブの一つです!(^^)
Commented by yoshidon at 2014-05-29 19:28 x
実際乗っていてcubは楽しいですよね♪

おまけに実用性が高く、お財布にも優しいわけですから
どこえでも気軽に出かけられます。

流石に私のボアアップリトルでは耐久性が心配ですが
メンテに気を使って長生きさせたいと思います(^^;)
Commented by love_cub at 2014-05-29 20:34
>yoshidonさんこんばんは、
カブを離れると途端にカブのありがたみが分かりますよね、「あ~このツーリング、カブだったら良かった~」みたいに。(^^)
yoshidonさんのリトルは適度に上まで回しているので調子が良いのでは?熱い走りで車体のほうが先に音をあげそうですが。(^^;)
Commented by 官房長官 at 2014-05-29 20:43 x
カブの偉大さは今良く分かりますね^^
フルチューンすればする程ノーマルのバランスの良さが分かります!!

本当にミルスペックに適合するレベルですね♪
Commented by 雨ガエル1号 at 2014-05-29 20:59 x
こんばんは。

カブがお好きなことがよくわかる記事ですね!

そうなんです、カブは楽しくないと乗りません。
沢山乗ってカブの凄さ素晴らしさを広められたら嬉しいですね。


Commented by 百豚 at 2014-05-29 22:42 x
お晩でございます。今日も良い天気でした。
カブさんの良いとこは、誰にも似てないこと。気負わず付き合えること。最後まで使いきれる道具(もちろん手入れは必要ですが)であることだと思います。
うまく言えませんが、ずっと寄り添ってくれる雑種犬みたいな感じでしょうか。
Commented by kotobuki-0035 at 2014-05-29 23:13
香 です、こんばんは。いや~凄いっですね、その通りです。この言葉が取材の時言えてたら使ってもらえてたんでしょうね(ひと言だけでしたから(>_<))。カブは体の一部のような、生活にはなくてはならないような、何台あっても許される(これは言い過ぎ)。
やっぱカブなんですカブ。メイト、バーディーではだめなんです!
Commented by sirocub110 at 2014-05-30 01:49 x
京セラの稲盛さんが「値決めは経営である」
と仰ったようにちょっとカブの価格を調べてみると。。。

私が小学校5年(1967)に買ってもらったサイクリング車は3万円弱で
その5年後(1972)弟がフラッシャーやブレーキランプ装備の自転車は5万2000円でしたね 
(兄弟で価格に開きがある場合は はっきり覚えています・・)(´ε`;)

1966年のC50は57000円 1969年のC50は60000円
この頃高度経済成長の真っ只中にも関わらず
実質値下げとも見られるような価格設定には頭が下がります

宗一郎さんの「お客様に喜んでもらおう 便利に使ってもらおう」
という哲学が見えますね

最近ホンダの価格設定が低価格に向かってるような気がしますが・・

しかし価格が安いだけでは売れ続けることが不可能です
壊れないこと のって楽しい 弄れる 少々メンテナンス忘れても走ってくれる 
ワイディングの下りなら軽自動車や250ccスクーターをカモれる(笑

昨今 化石燃料の枯渇が叫ばれています

世界中の人達の半分がカブに乗れば未来は明るい(*^^)v
  
Commented by love_cub at 2014-05-30 03:47
>官房長官さんこんばんは、
長官さんのようにヘビーチューンした方ほどノーマルの奥深さが分かるかもしれません。(^^)
み、ミルスペックですか、華奢な車体からはイメージできませんが、品質の高さと素性の良さはまさにミルスペックですね(^^)
Commented by love_cub at 2014-05-30 03:54
>雨ガエル1号さんこんばんは、
雨ガエルさんに影響を受けてカブに乗り出した方は数知れずでしょうね、まさに走るカブの伝道師です。(^^)
単一車種でこんなにもファンの多いバイクも他にありません、ブログを通してカブ乗りの連帯感が高まると嬉しいですよね。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by love_cub at 2014-05-30 04:03
>百豚さんこんばんは、
~雑種犬のくだりはナイスな例えです、愛犬と来るかと思いましたので。(^^)
でもそこがカブらしい例えで心に残りました。
百豚さんのカブさんはカブとして一番熟成された時期の70、生涯寄り添える相棒ですね。またお会いした時はよろしくお願いします。(^^)
Commented by love_cub at 2014-05-30 04:10
>香さんこんばんは、
何台あっても許される・・・人もおりますが、ちょいグレーゾーンかな(^^)
メイトやバーディ、否定するわけではありませんし、カブより優れている部分もありますが、やはしカブが無かったら出なかったバイクです、その意味でも56年前にあの姿で登場したカブは偉大ですよね。
ミーティングの準備でお忙しくなりますね、応援していますので頑張ってください。(^^)
Commented by love_cub at 2014-05-30 04:28
>sirocub110さんこんばんは、
自転車並みの価格設定は凄いですね、当時の販売網は自転車屋が主だったと思いますので、手の届く価格設定だったんですね。当時のホンダの経営戦略は伝説ですね。
確かに近年はグローバル化による車種の整理や低コスト化が感じられますよね、現在のカブの評価がなされるのはまだまだ先ですが、生き残ってほしいと思います。
ホントに化石燃料はカブだけっていう法律があればエネルギー消費は1/10に抑えられることでしょう。(^^)
Commented by べんぞう at 2014-05-31 07:22 x
こんにちは(^.^)
僕がカブに興味を持ち調べ始めた時、世の中にこんなにカブが走ってる事に愕然としました。新聞配達や郵便屋、警察から農家のおっさん、そして趣味で乗ってる方、そして福島は意外にもカブで盛り上がっている事を知りました。
まだカブ歴半年、経済性を重視しパワーを妥協して選択した訳では無いですが、カブの楽しさを表現するには僕は未だ未だ経験不足、日々この優しい鼓動に癒されながら乗っています。
Commented by love_cub at 2014-05-31 08:22
>べんぞうさんこんにちは、
福島のカブブームは事実ですね、ミーティングの多さ(発端はベスパンさん)もありますし、カブをツーリングに使うブロガーさんの影響も大きいと思います。
カブの楽しみ方は千差万別、どんな使い方にも適用するカブの潜在能力に気付かされるとハマりますね。(^^)
「たかがカブ」と思われがちですが、かなり奥深い乗り物です。
Commented by ライ・スケ at 2014-06-01 04:12 x
おはようございますぅ~♪
バイクは、カブに限らず乗ること自体が楽しみですが、弄り、乗り、壊し、直しと自分で手を掛けてやるのも楽しみですぅ~♪
カブに始まりカブに終わる、を実感しておりますぅ~
Commented by love_cub at 2014-06-01 09:14
>ライ・スケさんおはようございます、
カブは自分でできるメンテナンスも楽しみの一つですね。
自ら手掛けたバイクなら愛着もひとしおです。
お互い今後も楽しいカブライフを送りましょう。(^^)
Commented by Kamezy at 2014-06-04 21:19 x
初めまして!
亀レスですが、当方も、この庶民の為に生れ、庶民と共に歩み、庶民の生活を支えてきたこのスーパーバイク、大好きで御座いまする。www
Commented by love_cub at 2014-06-05 04:52
>Kamezyさん初めまして、
コメント、いつでも大歓迎ですよ!
ホントにこんな原付一台にどうして夢中になってしまうのか、正にスーパーバイクですね。(^^)
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by 木村工業 at 2014-06-08 01:07 x
いつもカスタムの参考、カブの楽しい内容を読ませて頂いてます!!
この記事すげー共感できました(º∀º)
僕もバイク大好きで、色々所有してますが、圧倒的にリトルカブの出動率が高いんです!
その中の理由が書かれていたのでビックリと嬉しい気持ちになりました!!
そして今バイク店が捨てると言ったスーパーカブを買取り修理してます。
全塗装も終わり少しずつ組み立ててます!!
このスーパーカブでいつかカブカフェに参加したいです!!
皆さんに見て頂いても恥ずかしくないカブで参加したいです!!
同じカブ乗りとしてこれからも大切に、安全に、楽しく乗りましょう!!
ブログ更新楽しみにしてます(º∀º)
Commented by love_cub at 2014-06-08 08:41
>木村工業さん初めまして、
カブを実際に持っているとその良さに気付きますよね。最小限のバイクでありながら、最大限に楽しめます。
捨てられる運命のカブをレストア中なんですね、限られた資源の有効活用、私も賛同致します。頑張ってください。(^^)
自分で組み上げると愛着もひとしおですよね、カフェカブ参加も応援しています。
ブログ更新は遅れがちですが、今後ともよろしくお願いします。(^^;)
<< yoshidonさんのカブツー... 第11回西会津ふるさとなつかし... >>