人気ブログランキング |

第8回あだたらカブミーティング/事前エントリーについて

第8回あだたらカブミーティング(11月3日開催分)事前エントリーについて記載します。

受付期間:10月18日(金)20:00 ~10月31日(木)22:00
※誠に勝手ながらエントリー数が250に達し次第終了とさせて頂きます。会場のキャパシティ上限界の数値でございますためご了承願います。

※当日のエントリーも可能ですが、番号札を受け取るだけの事前エントリーをぜひご利用下さい。(^^)

申込みは ↓ こちら↓よりお願いします。
※必ず本記事後半の「第8回あだたらカブミーティングについて」の内容を了承のうえ、お申込み下さい
a0279883_02030670.png














また、↓こちら↓のURLからも同様の入力が可能です。
https://docs.google.com/forms/d/1ujnq8dWOTDoHFbo8Z0LSdvS22-8SqKZCyJU77HfiCRk/edit



※上記で起動しない場合は、こちら ↓ をコピー&貼り付けし、以下アドレスへお送りください。
―――――――――――――――――――――――――――――――
●名前(ハンドルネーム可):
●市町村:
●年齢層:10、20、30、40、50、60、70代
●カブ歴: 年、 台目
●車種:   (  年式)
●カスタム箇所
 ・
●自分のカブのPRポイント
 ・
―――――――――――――――――――――――――――――――
送信先:s_cub_akm@yahoo.co.jp (あだたらカブの会事務局:fjt)



スマートフォン及び携帯で送信の方で、迷惑メール防止の受信設定をされている方は、ドメイン指定解除等を行い受信可能にするか、キャリアメール以外のアドレスを記載下さい(yahooメール、Gmailなどのフリーメール)。

※申し込みをされた方へは、24時間以内にメールにて「エントリー番号」をお伝えしております。
※自動返信メールではございません、すぐには返信できませんので「届いていますか?」などの確認メールについては即座に回答ができません。
※24時間を過ぎても返信の無い場合は、この記事文末の ※事前エントリーの完了通知メールが… にてご確認頂くか、コメント欄よりお問い合わせ下さい。




↓参加される方は必ずお読み下さい、了承された方のみエントリーをお願い申し上げます

第8回あだたらカブミーテイング について
日時:2019年11月3日(日)10:00~ (受付は9:00~)
場所:大玉村ふれあい広場(安達郡大玉村大山字新田10)
「小さなカブで、大きな仲間の環を」の想いで始めたローカル・カブミーティングも第8回となります。
※参加記念品や抽選会等一切ございません。カブ好き同士が集まって親交を深める場の提供を第一に考えております。


・入場&参加料(エントリー料金)については、一切無料です。
・カブでの参加者については写真撮影&このブログ上で紹介という形式を取らせて頂いております。
・チャリティーバザー実施予定です。※カブやバイク関連で提供頂けるお品(※強制ではありません)があればご協力お願いします




≪エントリー可能な車両について≫

・ホンダが販売した「カブ」の名称を有する車両。CT、CA、タイカブ系もOKです。
 →カブ系統以外の4mini等(例:モンキー、ダックス、シャリィ、メイト等)はエントリー不可です、ご了承下さい。ご見学につきましては歓迎致します。
・公序良俗に反する改造車ではないこと。(例:整備不良車、耳をつんざくような爆音車両等は自走参加NGです)
・エントリー可否については主催者の判断とさせて頂きます。
※人に優しいカブの良さを広く分かってもらえるようなミーティングにしたいと思います。参加各位の大人な愉しみ方を期待致します。



≪チャリティーバザーについて≫
 カブやバイク関連のお品を持ち寄って頂き(強制ではありません、無償でご提供できる範囲で結構です)、オークション形式のチャリティーバザーを開催します。

・廃品ではなく、使用しないが欲しい人はいそうな品、困ったときはお互いさまの気持ちでご提供お願いします。
・1人1品で結構です。また、お持ち戴けなくとも参加は可能です。
・カブに積んで帰られる程度のもの(車両やエンジンなど大物はご遠慮ください)
・収益についは本ミーティングの運営経費と、未来のライダー達のために役立つ事に使いたいと考えております。



≪お願い及び禁止事項≫ ダメ!絶対!
・会場の芝生内ではエンジンOFF、押し歩きをお願いします。
・会場内での事故、転倒などについては一切自己責任でお願いします。
 ※特に小さいお子様がバイクに近づくと大変危険です、保護者の方におかれましては、目を離す事の無いよう願い致します。
喫煙は指定された場所(トイレ前、直売所奥の軒先)のみとし、吸い殻のポイ捨ては絶対にしないでください。
・本ミーティングに便乗した許可なき販売行為、宣教活動、他ミーティングの開催に関しては禁止します。

以上が守られない場合、退場及び以後は出入り禁止とさせていただきます。
このミーティング会場を借りるための最低条件につき、ご理解をお願い申し上げます。




※事前エントリーの完了通知メールが戻って来てしまった方、問い合わせ等のあった方について以下に掲載しますのでご確認下さい。

・9月22日 6:31 送信の「はんちゃん」さん、№12です。
・10月18日 20:12 送信の「Y子」さん、№113です。
・10月19日 18:22 送信の「こばけん」さん、№116です。




# by love_cub | 2019-10-18 19:59 | あだたらカブミーティング | Comments(3)

スーパーカブ110(JA07)/腰上メンテ

a0279883_09481222.jpg
先日購入し、DX化したJA07のエンジン(腰上)を点検するため分解してみました。


a0279883_04395171.jpg
a0279883_04400003.jpg
基本的な構造はプレス構造の鉄カブ(またはキャブレター)時代とほぼ変わりがないため、違和感なく作業が進みます。



a0279883_04401109.jpg
サービスマニュアルには、燃料ポンプのコネクターを外し、バッテリの-極を外す~と記載がありましたので、そのようにしてみました。
※結果的にこの作業は不要でしたが、恐らく分解中にメインキーをONにしてしまった場合、ガソリンが噴き出し火災となる可能性がある事から、念には念を入れたマニュアル表記なのだと思います。



a0279883_04401853.jpg
ヘッド周りをクリアにしました。
キャブレター時代と違うのは、センサー類が多いので気を遣うことくらいでしょうか。



a0279883_04402418.jpg
あらかじめエンジンオイルを抜きます。
先日クラッチを交換(遠心&チェンジの両方)したので、走行距離200km程度にも関わらずかなり汚れていました。



a0279883_04404695.jpg
タペットカバーを外します。
ローラーロッカアームが見えます。鉄カブ時代と違い結構メカメカしい構成です。
タペット調整の際はここまで外さなければならないので、結構手間ではありますが、カバー全体が外れるのでシックネスゲージは入れやすく、感覚はつかみやすいと思います。




a0279883_05274557.jpg
タペットカバーのノックピンが入る部分からカムシャフト循環用のオイル孔まで詰りが無いか確認します。
異常なしでした。この後洗油でキレイにしました。



a0279883_04405408.jpg
カムシャフトを摘出、カム山の摩耗もなく、ベアリングもガタつきが無く再利用可能です。
このあたりはローラーロッカアーム構造が効いているのかなと感じます。



a0279883_04410081.jpg
燃焼室の状態、5万kmオーバーにしてはカーボン蓄積も少なく、燃焼状態は良好です。
この後、ケミカルで燃焼室とマニホールド内のカーボンを落とし、バルブ擦り合わせを行っております。
※スパークプラグは電極が丸まっていたので直前に新品交換したものです。



a0279883_05265511.jpg
バルブ周りのパーツを外したところ、
傘部やステムへのカーボン付着も極少でした。ローラーロッカーアームのアタリ面も綺麗でスムーズに回ります。




a0279883_04410979.jpg
シリンダーを抜き取ります。
割とキレイな状態のピストンが出てきました。
この後、クランクシャフトのガタを点検したところ問題無しだったので、ひとまずホッとしました。いきなり腰下まで分解だと結構ヘビーなので良かったです(^^;)



a0279883_04413162.jpg
摘出したピストン
これは排気側ですが、アタリ面に縦キズがあります。ピストン自体も摩耗が見られます。走行距離(5万2千km)を考えると妥当なところではないでしょうか。
ピストンリングは全て正常に機能しており、圧縮抜けやオイル上がりの痕跡もみられず、再利用可能な状態でした。


a0279883_04423176.jpg
ピストン裏側も綺麗な状態で、オイル孔は正常に機能、焼け過ぎた跡も無く想定内の燃焼状態を保っていたようです。


a0279883_04424977.jpg
シリンダー内壁
排気側に爪で感じる程度の縦スジがあり、クロスハッチは消失していました。
吸気側にも縦スジはありましたが、排気側からすると少な目でした。


a0279883_04431363.jpg
今回は自家製ホーニングを試してみたく、こんなものを購入
ブレーキシリンダーホーニング(32~89mm) お値段は1千円程度!

これでシリンダー内壁に消失してしまったクロスハッチを再現させようとする狙いです。



a0279883_04431778.jpg
ドリルに装着し、早速シリンダーに挿入
※シリンダー内にはエンジンオイルを塗布、砥石もしばらくオイル漬けにしておき、不要なキズが付かないようにしました。
ドリルの回転速度に指定があるので注意です。(遅すぎてもスジが付かないし、速すぎてもキズが深まる)
なるべく斜めにスジがついてクロスハッチ状になるよう、引き上げながらと、押し下げながらで作業しました。


a0279883_04434113.jpg
デフォルトのクロスハッチのように斜めにクロスした綺麗なクロスハッチとはなりませんでしたが、ある程度オイルが付着できる溝はつけることができました。
これが吉と出るか凶と出るか次回バラした時に判断したいと思います。(一番良いのはシリンダー交換ですが、今回はお手軽再利用の検証をしたかったのです)



a0279883_04435214.jpg
分解は続き、フライホイールを外します。
プーラーが無かったので新たに購入しました、これはデイトナ製のハンドル付きのもの。他メーカーでも「M28×P1.0 メネジ」の表記があればOKです。
お値段は1,500円。ただし、開度の大きめ(35ミリあります)のモンキーレンチ等が無いと押さえられませんのでご注意下さい。



a0279883_04445199.jpg
カムチェンの駆動周りが見えてきました。
オイルポンプのスプロケット(正式には:カムチェンガイド・スプロケット)は摩耗も少なく再利用可能でした。
余談ですが、最新のJA44型だとこのスプロケはなく、クランクから直接オイルポンプ側のギア駆動に変更されています。エンジンは日々進化を遂げていると感じます。



a0279883_04450580.jpg
カムチェンテンショナーのローラの摩耗状況(右が新品)
全体的な摩耗と、山の片減りが見られます。



a0279883_04451719.jpg
カムチェンテンショナーのプッシュロッドヘッドゴムの摩耗
鉄カブ時代から、どうしてもここは溝状に摩耗してしまいます。定期交換パーツ扱いという事なのでしょうか、確かに交換自体は容易なのですが…。


a0279883_04451124.jpg
テンショナースプリングは新品と比べても自由長に変化がなく再利用可能でしたが、パーツは見込みで発注していましたので交換しました。



a0279883_05492653.jpg
カムチェンテンショナ・ロッド
オイル汚れのような引っかかりがありましたので、ピカールで研磨してキレイにしました。



a0279883_05493259.jpg
タイミングチェンは僅かですが伸びておりましたので、念のため交換しました。



a0279883_05493736.jpg
チェン周りを組み付けた状態です。
ここだけを見ると鉄カブ時代と同じ構成であり、カブのDNAを色濃く継承していると感じます。



a0279883_05494777.jpg
ピストンは3,000円だったので新品にしました。5万kmおつかれさまでした。
リングセットも同様に新品交換です。



a0279883_05494190.jpg
ピストンピンも交換しました。
それほど摩耗している訳ではありませんが、それなりにキズはあります。不要なチカラが作用した痕跡です。
このあたりのパーツは馴染みというか、ピストンが新品ならそれに合わせてセット交換がベターと思います。



a0279883_05495483.jpg
シリンダーと組み合わせます。
ピストンリングコンプレッサー(赤い帯状の工具)があったので使用したところ、すんなりと入りました。
これはストレートさんで買ったのですが、値段(500円程度)の割には優れモノです(^^)
ちょうどカブ110のピストンにピッタリな50mmがあります。



a0279883_05500312.jpg
カムチェンガイドローラの新旧比較です。シリンダー側壁のボルトでとまっているアレですね。


a0279883_05500994.jpg
タテにしたところ。こちらはかなり摩耗していたのが分かります。



ここからは急ぎ足で組み立てたので写真があまりありません。



a0279883_05501525.jpg
バルブスプリング
規定長は分かりませんでしたが、インナー・アウターともに短くなっていました。
当初のJA07はバルブスプリングは1巻きのみでした、インナー・アウターの2巻き仕様なのは対策品となります。
※パーツリスト、サービスマニュアル共に初版は1巻き仕様が記載されております。



a0279883_05503336.jpg
今回交換した主なパーツ群
これらを交換したからと言って劇的な変化が体感できる訳ではありませんが、次の5万kmを安心して乗るためにはこのタイミングで交換するのがベターと判断しました。
そして確実に消耗度合いはキャブレター時代より少なくなっていると感じます。※特にカム周りはローラーロッカアームが効いていると思います。



補器類・センサー類を取り付け、ドキドキの始動の瞬間!

a0279883_18575942.jpg
セル一発であっけなく目覚め、即座に慎ましいアイドリング音を奏で始めました。
やっぱりFIはイイな…と感じる瞬間でした。セルやキックは一発始動が理想ですネ(^^)



a0279883_09473845.jpg
さて、試走行を…(ボディパネルが無いのはクリア塗装中のためです)
a0279883_09481222.jpg
a0279883_09493754.jpg
オイル漏れもなく、正常に組み付けができてホッとしました(^^)

慣らし状態ではありますが、10%勾配もさほどの負荷も感じなく駆け上がる(この時、ギアは3速:50~60km/h)、カブ110の潜在能力はかなり高いと感じます。




a0279883_00192952.jpg
100km走行後、帰ってすぐにオイル交換、
だいぶ汚れていました。最初に入れたオイルは「Gulfブレイズ」10W-40、鉱物油100%ながらJASO:MAです。
カブのような旧式のエンジンにはシール部への攻撃性が少なく、マッチングは良いと思います。
※ただし、適合として「125~400㏄までのスポーツバイク」及び四輪(低年式車、旧車、輸入車)とありますので、カブ110には排気量の面でややNGではありますのであくまで自己責任で。
入れた感じは鉱物油らしく、安定感のあるまったりとした回り方が身上で、100%化学合成油のようなシャープな吹け上がりは期待できません。「ホンダ ウルトラG1」や「ヤマルーブ スタンダードプラス 10W-40」より安価で同等性能であるため、空冷エンジンのセロー225をメインに数年前から使用しております。

なお、交換後のオイルはワコーズ「プロステージS」10W-40を入れてみました。




今回、スーパーカブ110の腰上をメンテして思ったことは、旧世代のカブチューナー達の考える理想的なチューンナップをメーカーが実現してくれたのだなと言う事です。
プライベーターではオフセットクランクやローラロッカアームといったエンジンの根幹に関わる機構の変更はまず無理ですからネ。ピストンに関しても従前のノーマルとは違った垢ぬけた形状をしています。各部の精度も高く、エンジンマネジメントはCPUが各センサーからの情報を的確に判断し最良の燃焼状態を実現するといった、出力向上と品質向上を高次元で融合させた究極の心臓部と言えます。

…ただ、今まで乗って思うのは、110であればもっとトルクがあっても…、もっと突き抜けるような回り方をしても…、という事です。
アイドリング音を聞いていても、どこか無理に抑えているようなフン詰まりの音がします。吸気側か排気側か…(おそらく両方だとは思いますが)
この抑えられた部分を解放することでスムーズな吸排気の流れとなり、無理なく本来の性能を発揮できるとしたら…その方が良いのではないかと感じます。
セロー225の場合もそうでしたが、あえて出力を抑える方向で年々デチューンを繰り返していた事実があります。

今後、手を加えるのであれば、現在の静かで振動の少ないジェントルさは維持したいので、マフラー交換は考えておりません。(もし換える場合でも音量は同等なもの)
あくまで毎日の通勤にも使える全天候型街乗り&ツーリング対応の「大人の万能バイク」を目指して検討をしたいと思います(^^)






# by love_cub | 2019-10-18 00:35 | カブメンテ | Comments(2)

第8回あだたらカブミーティング(11月3日)開催について

今回の台風19号の接近を受け、第8回あだたらカブミーティングは日程を変更し、11月3日に開催することで決定しました。

時系列で追いますと、以下のような経過でございました。

・10月10日 台風19号の影響は免れない事から、10月13日の中止を決定
・10月11日 10月13日→11月3日への日程変更を発表
・10月12日 台風19号の襲来
・10月13日 台風が去り、被害の全容が徐々に明らかになる

以降、ブログの更新をしておりませんでしたが、変更後の日程において開催すべきかどうか協議を続けて参りました。
ミーティング会場である大玉村の被害は土砂崩れ数ヶ所と、他の被災された市町村と比べると大きな被害は免れました。ミーティング会場も無事であり、開催については問題無く実施できるところでございます。
ただ、隣の本宮市が河川の氾濫による増水被害が甚大であり、その結果福島県でも最多の7名の方が亡くなられました。あらためて亡くなられた方のご冥福と被害に遭われました皆様の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

被害の状況が明らかになるにつれ、各方面でイベント事の自粛や規模縮小での開催が目立ち始めております。当会においては、このような状況での開催に対し、はたして参加者の皆さんはじめ近隣の方々からの理解が得られるのかという葛藤がございました。
数日先の状況が見通せる訳ではございませんが、ミーティングを開催する2週間後においてはある程度の復旧がなされる事を希望し、現時点においては予定通り開催する方向で考えております。

開催に際しては賛否両論あると思いますが、私共のカブミーティングは東日本大震災(特に原発事故災での風評被害)で打ちひしがれた当事者として、一瞬だけでも気持ちが明るくなるのであれば、「いい歳した大人が変なことをやっているな~」と、話のネタにしてもらえるのであればという思いで始めた経緯がございます。
今回は当事者という立場からの開催ではございませんが、被災から復興を願う気持ち、支援を続ける気持ちは今後も共にあります。それは当初から私共のミーティングに参加されている皆さんも同じ気持ちであると考えております。

当カブミーティングはバカ騒ぎをするお祭りでも爆音を競い合う場でもございません。カブという共通の趣味を通じた参加者同士の交流がメインの静かなミーティングの場の提供に過ぎません。その上でカブが人間に最も近い乗り物のひとつであること、社会的に愛される存在であることを、カブに興味のない方にも広く知ってもらう場であると考えております。

以上長くなりましたが、11月3日の第8回あだたらカブミーティングについては開催予定である事、事前エントリーについても予定どおり10月18日20:00より再開する事をあらためてお知らせ致します。







# by love_cub | 2019-10-17 23:52 | あだたらカブミーティング | Comments(0)

スーパーカブ110(JA07)DX化計画

a0279883_14575014.jpg


遅ればせながらFIカブを購入しました。
a0279883_11475187.jpg
スーパーカブ110(JA07)'09
近頃は中古相場もこなれてきましたので、良い出物が無いかチェックしておりました。
そこで手に入れたのがこの走行5万2千kmのワケあり車両でした。

≪訳ありの内容≫
・遠心クラッチが滑って進まない
・前ブレーキ効かない(ドラム&シューの減り、レバーピボット部摩耗)
・ミラー欠品
・メータワイヤー&スロットルワイヤ破断寸前
・球切れ(メータパネル、前照灯、ストップランプ、ウインカー)
・Fブレーキスイッチ故障
・センタースタンド折れ
・ブレーキペダル折れ寸前
・ハンドルウェイト飛び出し
・シート補修
・チェン&スポークだるだる
・エンジン内部の詳細不明
・各部キズ&サビ
…ま、今回は教材としての購入という理由もありますので…(やせ我慢)

はっきり申し上げます、多少値が張ってもキチンと整備された程度の良い110を買いましょう(^^;)
普通に走るようにするだけでかなりのパーツ代(クラッチ2万、エンジン2万、補修パーツ3万)がかかりました…。

実はデビュー当初からJA07には興味があり、購入に踏み切ろうか迷っていた時期がありました。
カブ90の正常進化モデルで、オフセットクランク、ローラーロッカアームなど、メカ的にもマニア心をくすぐる内容でした。
しかし、いざ実車を目の前にすると、プラスチッキーな外観に購入意欲がダウンし、いつしか「鉄カブで110を凌駕したる!」みたいな気持ちが芽生えチューンナップに励んだ時期もございました。…幼かったです(^^;)
速く、静かで、燃費の良い110の性能は、50年続いた鉄カブの歴史を一瞬で置き去りにするだけのインパクトがありました。
「これはもう軽二輪、いやカブの皮をかぶったバイクだ…」そんな風に思ったものです。※カブもれっきとしたバイクですけどネ、あまりにも遅いのがカブのイメージでしたもので(^^;)

今回、入手した目的は2つありました。
一つはFIカブに触れ、自身のメンテスキルを向上させるという自己研鑽?のためです。
今後避けては通れない新世代のカブを知るための第一歩とするための、教材の意味合いもございます。

二つ目は理想のJA07を仕上げてみたかったことです。
どうしても好きになれなかったプラスチッキーな外観、それは塗装が施されていない練り物の色である事。そして鉄カブ時代にあった「DX」"デラックス" の設定が無い事でした。
110に移行する直前の鉄カブ「50/70/90」には、DXというグレードがありました。(70と90の丸目はDXのみ)
年代にもよりますが、'90年代ではSTDタイプに比べ主に以下の点がグレードアップされていたと記憶しております。
・メタリック塗装の設定
・Fキャリアが標準装備
・左右ミラー(50STDは右ミラーのみでした)

特にメタリック系の塗装では綺麗さと力強さを兼ね備えた色が多く、DX系の証として相応しいものでした。
中でも私が最も気に入っているのが…
a0279883_14334991.jpg
タスマニアグリーンメタリック
'90後半から使われ始めた深みのあるグリーンメタリックで、カブ90では最終型となる'07年まで採用されました。
この色が110には採用されなかったのが悲しかったのです。(現行型JA44では復活しています!)

a0279883_14415972.jpg
現行型スーパーカブ110(JA44)の「タスマニアグリーンメタリック」
※デザインとしてはこの最新型よりも、スリムなJA07型のほうが個人的には好みです(^^)

そう、このタスマニアグリーンメタリックを纏った「DX」を、JA07型で再現したかったのです。
奇遇にも2019年は、JA07誕生から10年、そして鉄カブの雄、カブ70DX没後20周年であります。
DXマニアの私がやらなければ誰がやるのか?※多分誰もやらないでしょう(^^;) …そんな想いが使命感を駆り立てました。
名付けてスーパーカブ110DX」化プロジェクトが発動したのです。


で、結論から申し上げますと完成しました。
※あまりにも地味な作業の連続で、出口の見えない状況だったため、作業過程は写真収めておりません…。

a0279883_14575014.jpg
スーパーカブ110DX
 ※架空の名称です!ホンダさん見逃して下さい
対比しやすいよう、ノーマルの110と並べてみました。


a0279883_15005799.jpg
横から、レッグシールドの色の違いも分かりますでしょうか。
クラッチカバーもシルバー&ウレタンクリアを塗りました。
※このコスタブルーの110はリアキャリアだけ社外品を装着したものです。


a0279883_15040807.jpg
後ろから。
ウインカー本体とテールランプの枠をシルバーに塗り、DX調にしました(^^)

a0279883_15491900.jpg
これはメッキ調塗料を使用しましたが、少し塗膜が弱いので、素直に明るいシルバー&クリアの方が良かったと思います。
テールランプの台座(元々は黒)もグリーンに塗ってあります。(奥はC70DX)



a0279883_15050516.jpg
ノーマル側から
ステムカバーがレッグシールドと同色となるだけでだいぶ印象が変わります。


a0279883_15062888.jpg
エンブレムは当時('90年代)の物を使用しました。※既に廃番です
a0279883_15342487.jpg
エンブレムはステムカバーの曲面に沿うようドライヤーの熱風で曲げました、これが地味に大変でした(^^;)
右は今回参考にしたC70DX('98)


a0279883_15093573.jpg
レッグシールドの指定色は「ココナッツホワイト」なのですが、この色は純正色としては販売されておりません。
このレッグシールドだけは板金屋さんに外注しました、同じ色のレッグシールドを持ち込んで、「これと同じ色に塗って下さい!」とお願いしたところ、見事に要望に応えてくれました(^^)


a0279883_15132615.jpg
タスマニアグリーンメタリックの魅力といったら、この深みのある綺麗なグリーン
今回は純正色の缶スプレーで塗りました、全部で8本くらい使いました(1本2千円位)
ちなみに塗るときは2回塗りを推奨します、最初3回塗りしたところ、濃く(暗く)なりすぎて綺麗なグリーンが出ませんでした。缶にも2回塗りと書いてありました。
一回目塗った時に薄くムラになった部分を見極めて、厚塗りしないのがキレイに色を出すコツのようです。(失敗した私が言うので間違いありません)
更にその上に2液ウレタンクリアを吹きました、こちらは2回塗りでは塗膜が薄いため、3回以上塗らないと艶が感じられません。使用本数は10本くらいでした。

工程としては、
ペーパー#240~600 →プラサフ →ペーパー#1500 →塗装1~2回目 →クリア1~2回目 →ペーパー#1500 →クリア3~4回目 →目立つところのみコンパウンド#3,000〜7,500~9,800
といった感じです。
特にペーパー掛けは果てしない作業でした…指紋が無くなります(^^;)

キレイに仕上げるコツとしては、
★下地処理と脱脂をおろそかにしない(脱脂剤より台所洗剤と自然乾燥が○)
★塗装するときの気温と湿度に気を払う(早朝や雨天時は避ける)
★完全に乾ききってから次の工程に入る(失敗してもグッと我慢の子)
★缶スプレーは人肌に温め、良く振ってから吹く
a0279883_15185076.jpg
サイドカバーは時間の都合でこの時はクリア2回塗りでした。そのため他と比べると艶が浅いです。
→※現在は4回塗り重ねました。

a0279883_15395180.jpg
メインのステッカーは、ステッカー製作会社へ手持ちの70DX用を原版として送り、同じサイズ&色で製作してもらったものです。
a0279883_15362999.jpg
結構なお値段でしたが、精度の高い仕上がりに満足しております(^^)



a0279883_15245975.jpg
リアフェンダーのみ他のプラ部分とは違う材質(柔らかい)で、塗装のノリが悪かったです。
ちなみに△マークはカブ70DXの当時物です。110用は黒の縁取りがあるタイプですがこれは白のみ。マークの上からクリアを吹いて一体感を出しています。



a0279883_15282069.jpg
Fフォークも塗りました。
フェンダー先端の原二マークはシールを貼った上からクリアを吹いてあります。(カブ70、90と同じ仕上げ)
a0279883_15334713.jpg
鉄カブ時代はボトムリンク式なので、この部分もボディ同色なのでこだわってみました。
あと、Fキャリアもシルバーに塗ってあります。



a0279883_15371421.jpg
もう誰も気付かないレベルですが、スイングアームもボディ同色に塗りました。
ここまで来るともう意地だけです(^^;)



a0279883_15393329.jpg
シートも当時物のC70DX用です。
既に絶版のため、程度の良い物(これは奇跡的に未使用品)を探すのに苦労しました。



a0279883_15522916.jpg
全体的にぱっと見「カブ90(70)か~」と思わせる仕上がりになったのではないかと思います。


意地で短期間(約1ヶ月)で仕上げ、YMCFカブサミットに間に合わせましたので、詰め切れていない部分もありましたが、現在もコツコツ修正しております。

何よりキズだらけのままだと気分がノリませんでしたが、仕上げてからはハンドルを握るのが楽しくなりました。メタリックの艶を見てはメットの下でニヤリとする自分がおります(^^)


今回は決して性能アップや速くなることのない、安心安全な自己満足カスタムスーパーカブ110DX」化計画の顛末について報告致しました。






# by love_cub | 2019-10-12 16:44 | カブメンテ | Comments(10)

日程変更について/第8回あだたらカブミーティング

第8回あだたらカブミーティングですが、当初予定していた2019年10月13日」開催分につきましては中止と致しました。
しかしながら当会としては再開催の方向で協議をし、新たに日時を定め開催する事にしましたのでお知らせ致します。


第8回あだたらカブミーティング
・とき:2019年11月3日(日)10:00~(受付9:00開始)
・場所:大玉村ふれあい広場(大玉村大山字新田10)

★既に事前エントリーを済ませている方について
→番号はそのままとします、台風起因でキャンセルの申し出をされた方についても番号は復活致します。 ※日程の都合上参加ができない場合はご連絡下さい。

★再度事前エントリー受付はしないのか?
→以下日程で再開致します。本記事とは別に事前エントリーについてアップいたします。

第8回あだたらカブミーティング、事前エントリー日程

受付期間:10月18日(金)20:00 ~10月31日(木)22:00

※誠に勝手ながらエントリー数が250に達し次第終了とさせて頂きます。会場のキャパシティ上限界の数値でございますためご了承願います。



以上、現時点での決定事項についてのお知らせでございます。





# by love_cub | 2019-10-11 18:30 | あだたらカブミーティング | Comments(8)