人気ブログランキング |

エントリー車両紹介・№1 ~136/第8回あだたらカブミーティング

第8回あだたらカブミーティングに参加された皆さん、厳しい寒さの中、遠方よりのご来場誠にありがとうございました。

エントリーされた皆さんの愛機を紹介させて頂きます。まとめが遅くなって失礼しました。


撮影した画像の下に、「№お名前(敬称略)、地域車両カスタム箇所PRポイント等」について掲載します。
※記載誤り違い等ございましたらコメント欄よりお知らせください。




エントリー全車紹介 №1~№136(全217台中)



a0279883_23302235.jpg
1. たくみ 那須塩原市 プレスカブ/'96 CD50フォーク、アルミリム、LEDヘッドライト、メーターバイザー、MDレッグ、YBハンドル、全塗装、107cc 4速化
近所の解体屋さんで発見したミッションブローのプレスカブを全塗装、足周り変更、4速&107ccで組み付けした力作です。純正調に仕上げられセンスの良さが光るカスタム、ハブまで丁寧にブラックアウトされた足回りが主張し過ぎない中にも迫力を醸し出しています。




a0279883_23302863.jpg
2. カブ爺 仙台市 リトルカブ/'01 C90エンジン、4速化、ハイカム、フルLED化、補助灯、ナックルガード、カトレッグ、DXキャリア、Rウインカー移設
純正の佇まいを維持しつつ可愛い黄リトルをツーリング仕様へと昇華。「どこにでも連れて行ってくれる相棒」との事で大切にされています。



3. 北のカブ人 青森県むつ市 JA10/'15
本州最北カブミーティングを主催する方です、残念ながら今回欠場されました。


4. アカカブ 宮城県美里市 JA07/'12 白が眩しい爽やかカブ
※欠場されました




a0279883_23303425.jpg
5. RC42 福島市 C50行灯/'76 75cc、PC20
行灯が装着されているカブとしては最後のモデル。センターチョーク、モナカマフラーが特徴でタンク別体式のスタンダードタイプとしては初の丸型メッキミラーが採用されたモデルです。
今や'70年代の行灯やカモメは貴重な存在なので、グッドコンデョションなこの車両はぜひ末永く乗り続けて頂きたい(^^)




a0279883_23304679.jpg
6. イワガス 一関市 JA44 60th/'18
記念モデルのマグナレッドが鮮やかなJA44。オーナーさんはカブと同じ58年生まれということで同じ還暦に60周年記念モデルを購入されました!



7. カバ丸 山形県東根市 JA07/'09
※欠場されました

8. とく 高崎市 古カブ/'70
※欠場されました




a0279883_23305267.jpg
9. 梅津 郡山市 C50/'70?
「年式なりのやられて感」との事ですが、かなりのグッドコンディションです! 塗装艶、各部のメッキも綺麗!プラ&ゴムパーツも当時のまま残されており必見の一台!
稀少なFキャリア、センターキャリア、RキャリアはC100用を装着




a0279883_23310559.jpg
10. 平次郎 金山町 C65/'64
「古い」と謙遜されていますが、この車両はC100系の車台に初のOHCエンジを搭載した"C65"(販売期間6ヶ月!)その中でも初期ロットのA型、更に車体色がほぼお目にかかれない"オーリーブグリーン"です!
OHCの先行試験車両としての宿命を背負ったと言われるC65ですが、直後にニューボディ型('66年)に継承される長めのRショック、少し大き目のヘッドライト等が採用された意欲モデルでもあったと感じます。
オリーブグリーンのC65、実動車を見るのは初めてでした。C65マニア垂涎の逸品と言って間違いありません。




a0279883_23311179.jpg
11. キハラ 青森市 C50
ベースがC50という以外は「カスタムいろいろ」とのキハラさん、超長距離を毎回ご参加ありがとうございます。



12. はんちゃん 宮城県白石市 JA07PRO/'12
※欠場されました




a0279883_23311403.jpg
13. しょうちゃん 埼玉県戸田市 クロスカブ/'17
「特に自慢できる所はないです」との事でしたが、60歳の誕生日に娘さんからサプライズプレゼントされたというこれ以上ないエピソードをありがとうございました(^^)

 

14. 伊藤将紀 青森県五所川原市 クロスカブ/'13 自家塗装、マル秘チューンマフラー
※欠場されました





a0279883_23312307.jpg
15. 八馬力 江戸川区 クロスカブ/'15
「地味に目立たぬカスタムをコツコツの盆栽仕様」との事でしたが、ツーリングに適応させた考え抜かれたチューンの数々とお見受け致します。昨年のボスグレーメタリックだった車体色はブラックへと変更、深いグレーのアルミリム、Fブレーキパネルは何らかの車種のビッグパネル流用と思われます。Fバスケットは普段使いとカッコ良さを両立させた優れモノ。車体から服装まで黒基調の忍びのような出で立ちが迫力でございました。



16. 大場 八戸市 C50エコノミー/'83 106cc、快適ロンツー&通勤使用
※欠場されました


17. たか 日立市 C50/'99 キャンプ仕様
※欠場されました


18. マコッチ 郡山市 プレスカブ/'07 息子のお下がり中学校カバン
※欠場されました





a0279883_23313392.jpg
19. さばかぶ 多賀城市 C50DX/'81
C100フェイス、自家塗装のプラズマイエロー、カブラキット、ハンターカブ各キャリア、エンジフルカスタム、ヨシムラキャブレター、ワンオフ2本出しマフラー、ワンオフキャリア、リア14インチ化、アルミスイングアーム、etc.…
「自分の理想像のカブを自分の手で仕上げた」という、まるでカブ専門ショップのコンプリート車両のような完成度。様々な年代の方向性の違うパーツを使いながらも絶妙な雰囲気を保ったレトロトラディショナルカスタム、各部の加工・工夫にはセンスと苦労の跡が伺える意欲作です。
オーナーさんは20代!高齢化が進むカブ界に期待の新人の誕生です!




a0279883_23341860.jpg
20. yanagi 福島市 C50行灯/'76 旅仕様
「古いカブですが現役バリバリ遠乗りできちゃいます」というyanagiさんは"YMCF Cubサミット"の主催者さんです! 番号札と同じ"20"のポージングをありがとうございます(^^)
車両は行灯カブの最終型となるセンターチョーク式の'76モデル、年式からすると良好なコンディションです。この頃のFキャリアは色んな形状のものがあり見ていて楽しいです、Rキャリアはロングタイプ、そしてさり気ない?ローダウンはYMCFの流儀!



21. GUTTI 大玉村 リトルカブ ノーマル
※欠場されました


22. みかん 千葉県八千代市 C90/ みかん箱風キャリア
※欠場されました


23. ふな吉 多賀城市 スーパーカブ/'02 自分なりに乗りやすく
※欠場されました




a0279883_23342603.jpg
24. ガンビー山本 八王子市 AA01/'07 クロスカブ110用マフラー、秋田風防、マーブル柄の箱
「何でもないカブですが、マフラーが微妙に長かったり、東京都民なのにステッカーは関西系だったりサイドカバーのデカールが珍しかったりチグハグ感を楽しんでます(笑)」と、かなり個性的なカスタムを施されております。
車両はタペットカバーから察するにFIエンジンに切替わった直後のC50DXでしょうか、風防のスラント角がキツそうに思いましたが、伏せる時のためにダブルシートをフリーにしてあるのですね、速そうな感じが醸し出されております。サイドカバーグラフィックは30周年モデルのラインにも似て確かにカッコイイ!




a0279883_23343341.jpg
25. カズ 米沢市 JA07/'11 マフラー、補助灯
白を基調にR箱、ショックなどをカスタム、スクリーンは風防効果がかなりありそう、NA-01マフラー(JA07用は生産終了)も良い色に焼けています!




a0279883_23343961.jpg
26. あぺ@Apeago 東京都 CT110(国内)/'82 他車流用タンデムステップ、CT90キャリア
現在では珍しい国内版のCT110をシックな色調に全塗装、持ち手が後ろ側にある希少なCT90キャリア、通称リアバンパーと呼ばれるこのパーツにはタンデムステップがあったのですね!
スカジャンはカブ50周年記念の非売品で、当方の会長とペアルックでした(^^)



27. Tsubasaba 相馬市 リトルカブ/'99 放置車レストア、70カスタムEg
※欠場されました


28. バイクの源さん 福島市 MD90/'93 荷物満載、キャンプOK
※欠場されました




a0279883_23344574.jpg
29. ふくろー 仙台市 リトルカブ/'97 85cc、マフラー、キャブハンドル周り、Rキャリア&BOX、チェンカバー、インナーメッシュケース
「旅から街乗り、通勤までこなしてくれます!赤いので郵政カブと間違われますw」 ふくろーさんのリトルは初期モデルのレッド、可愛い外見にブラックアウトされたマフラー等が渋い!





a0279883_23345400.jpg
30. ジャムおじ 須賀川市 JA44ストリート/'19 EXCELリム、モリワキメガホン、タケガワサス、クロスカブシート、C125エンブレム、アルテック75LBOX
「すっきりキャンプ仕様」との事ですが、販売間もないストリート110にエキセルリムを組むなど早くもベスパンさん流のカスタムが施されています。ストリートは足回りがブラックなので黒リムがひと際映えます。




a0279883_23350143.jpg
31. しげ2010 いわき市 クロスカブ50/'18 マフラー、エンジンガード取付
「クロスカブ50であることがポイント」というオーナーさんの言葉通り、14インチのクロスカブは足付きや取り回しの面での優位性を活かした隠れた名車だと思います。OFF走行に備えたエンジンガードも理に適っており、カブライフを愉しまれておられます。



32. ぬまじい 埼玉県鴻巣市 C90M3/'76 唯一のセルダイナモ付カモメ90
※欠場されました


33. ケン坊 埼玉県加須市 C50H/'87 イイ音、ハンドル乗りやすい
※欠場されました


34. ゆーた 埼玉県東松山市 AA01/'92 フロントの角
※欠場されました




a0279883_23353707.jpg
35. きてぃ 厚木市 リトルカブ/'06 足回り強化、過積載、夜間&ロング対応
各所にリボンをあしらうキティ調に加えスクリーンもキティ型など、総キティ化?が特徴の御車両、この過積載状態でかなりの長距離走行をされることからメカニカルメンテは抜かりなしと見ました。カブのPRポイントとして挙げて頂いた「ナチュラルエイジング」ですが…ご自身へのご回答でしたか…
ネームプレートには「談合坂54 高橋美優」とありましたが、…済みません、調べてもどちらも分からずじまいでした(^^;)




a0279883_23354358.jpg
36. ね~もっと! 小野町 スーパーカブ50/'17 ステッカーチューン 黄色で可愛い
現行モデルの50(AA09型)を原付2種登録されておられます。ミニキャブトンマフラー、スクリーン等をカスタム、BOXの色目も合わせてあります。




a0279883_23355401.jpg
37. むだかび 福島市 JA07PRO 外装をプコブルーに交換、スモークテール、ステッカーペタペタ
「良く走る良い子です」とのむだかびさんの110PRO、こちら側からは見えませんがサイドバッグとして装着したランドセルには「息子さんにおねだりしたリコーダー」が装着されます。




a0279883_23374939.jpg
38. あおカブゴン吉 宮城県栗原市 JA44/'18
まだカスタム途中とのことですが、スクリーン、ナックルガード、前後収納とツーリング快適仕様にされております。



39. ダカワ 栃木県小山市 スーパーカブ90 フレームがリトルカブ、マフラー取付けがメガネレンチ
※欠場されました




a0279883_23375128.jpg
40. しばた いわき市 C90DX
グラフィックとFビッグドラムから'98~'00頃のカブ90と思われます。ローダウン、ブラックアウトされた足回り、RPMマフラー、お洒落なシートなどでロング&ローな印象に。エンジン換装もされております。




a0279883_23380120.jpg
41. 土屋 山形県寒河江市 JA10クロスカブ/'15 124㏄化、外装関係、自作パーツ他
ハーレーのヘッドライトとパニアケースでカブ界のハーレー仕様を目指したとの力作車両、黒と黄色のカラーコーディネートも完璧です。


42. 鈴木 千葉市 JA42PRO/'18
※欠場されました


43. ムロ 埼玉県鶴ヶ島市 カスタム50/'87
※欠場されました


44. JunZ06 郡山市 C70DX/'98
※欠場されました


45. Toshi 宮城県大河原市 AA01
※欠場されました


46. しおじぃ 二本松市 リトルカブ/'13
※欠場されました




a0279883_23380346.jpg
47. グッジョブかず 山形県寒河江市 C50/'87 107cc4速エンジン、秋田風防、ヤフオクマフラー
「一見普通のカブに見えて、意外と攻められる仕様」とのコメント通り、軽量な旧式のカブに107㏄+4速エンジンは峠でも相当なペースで走られると思います。


48. HAGI 宮城県柴田町 ハンターカブ
※欠場されました




a0279883_23381262.jpg
49. 玉根 SDX/'82
「ノーマル命」の玉根さん、第6回にはリトルカブSpl'05でお越しでした。今回も稀少な角目最初期モデルのSDX(可倒式タンデムステップから90SDXと思われます)でのご来場です。




a0279883_23381860.jpg
50. ゆたか 埼玉県加須市 リトルカブ/'04
中華110ccエンジン、YSSフロント・R強化サス、LEDヘッドライト、水本スーパーミドルマフラー、ダンロップTT900、C100純正ミラー、旭風防クリアバイザー、東京堂Fキャリア&ベトキャリ、東京堂ダブルシート、48LリアBOX、C90スイングアーム(自家塗装)、etc…
「街乗りからツーリング、キャンプ、ワインディングまで何でもこなす1台」とのコメント通り可愛いリトルを外見そのままでこれでもか!のハードチューン、水本ミドル管もイイ色に焼けてます!




a0279883_23385614.jpg
51. 夏平太 JA45クロスカブ/'18 レッグシールド仕様
「自身初のエンジンチューン」をされた現行クロスカブ110でお越しの夏平太さん、レッグシールドが違和感なく収まり実用度、旅の快適度がアップしています。




a0279883_23390256.jpg
52. 佐藤 日立市 JA44_60th/'19
「ゆっくりのんびりだっていいじゃないか☆カブだもの♪」がモットーの佐藤さん。そうです、カブの楽しみは千差万別、自身の好きなカタチでカブライフを楽しむのが一番!



53. ごま 藤沢市 HA02改/'88
※欠場されました




a0279883_23391680.jpg
54. 小林まさはる 宮城県亘理町 C90M/'70
「もうすぐ製造より50年のカブだから、ヴィンテージの仲間入り」
重厚感のあるラージケースセル付のC90M、カタログ上の知識はありましたが実動車は御車両以外には見たことがありません。Fハブはアンチリフト機構付き、ほぼ当時のオリジナル状態を保っています。




a0279883_23392206.jpg
55. ジェイド 福島市 リトルカブ/'02 マフラー、風防、Rボックス、キタコ75cc、ハイカム、ドライブスプロケット16T
「定番の黄色リトルカブ」をシンプル&スタイシッシュにカスタム。Rフェンダーは大胆にカットも、Rボックスが雨水の跳ね上げ防止の役目も?





a0279883_23412255.jpg
56. yabuki 394 須賀川市 JA44 60周年記念車/'18 アルミボックス、ショートバイザー、グリップヒーター、ミラー、パワースタンド
「アルテックのアルミボックスでスッキリカッコ良く乗る!」のとおりキャンプしていたら画になる一台、稀少な記念モデルを惜しみなく多数カスタムされています。Rフェンダーにチラッと見えるのはマッドガードでしょうか。
当日は大量のパンの差し入れとお手伝いまでありがとうございました。




a0279883_23412996.jpg
57. a-1 小野町 C50カスタム/'02 マフラー、キャブレター、リアサス
「これからゆっくりとカスタムしていきたい」とのカブ歴1年未満のa-1さんですが、水本スーパーミドルを入れているあたり充分にツウで渋めカスタムがキマッています!
スクリーンも角目と調和のとれたチョイスだと思います、追加メータは電気式タコでしょうか、早くもカスタムワールドに足を踏み入れておられるようです(^^)



58. アフリカ 本宮市 クロスカブ/'15
※欠場されました




a0279883_23414765.jpg
59. ほしおとうと 郡山市 JA10/'15 
「恩人(ガーさん)から譲り受けた排水管収納BOX!」がポイントというほしおとうとさん、ガーさんの人柄が偲ばれます。私たちにとってもガーさんはずっと参加して頂き「時間と場所の提供だけで充分ですよ~」とミーティングを精神的に支えてくれた恩人です。ご参加ありがとうございます。




a0279883_23415401.jpg
60. フカセ セイジ 山形県中山町 クロスカブ110くまモンバージョン/'19
CT110で参加の予定でしたが、発売間もない「くまモンバージョン」でお越しのフカセさん、早くもレッグシールドやスクリーン、ハンドルカバーなどをカスタムされています。



61. Abe-so 大玉村 C90M ※撮影なし

62. T-TAKEDA 大玉村 JA45/'19 ※欠場




a0279883_23421179.jpg
63. cubmo リトルカブスペシャル/'05
淡いブルーの「プコブルー」が初めて採用されたのがこの'05リトルカブスペシャルです。レトロモダンな雰囲気を醸し出すサイドカバーやブラウンベージュのグリップとシート、立体エンブレムはこのモデル特有のもので、セル付、セル無し合わせて2,000台というレアなモデル。
cubmoの車両は走行290km!の極上車として譲り受けたものです。(経緯はこちらにて) 主に年一回のあだたら健康マラソン大会での先導車両として活躍するのみで、程度はかなり良いです!




a0279883_23421659.jpg
64. T-ken 大玉村 CT110/'93 オープンタイプチェンカバー、サブタンク、センタースタンド
現在ほど知られた存在では無かったCT110を'05頃某オークションにて入手、コツコツ補修しながら山菜狩りポイントまでのスクランブラー仕様に仕上げました。
スポーク錆々、サイドウォールひび割れ、フォークブーツ破れ、Rサススカスカの超ずぼらな状態ですが、こんな状態で酷使されるのがカブ本来の姿かもしれません。林道での速さはピカイチ!




a0279883_23422839.jpg
65. fjt 大玉村 JA07/'09 全塗(缶スプレー)、ベトキャリ、PRO用Rキャリア
JA07で往年のDX系統カラーを再現すべく、JA07生誕10周年とカブ70没後20年となる今年、個人的使命感から製作した一台。 ※製作経緯はこちら
'90年代後半のC70/90DXを参考にしたカラー及びエンブレムを使用しました。




a0279883_23423318.jpg
66. koikeya 郡山市 JA48/'19 スクリーン、BOX



67. ふみちょ 福島市 C90/'94
※欠場されました


68. たけにゃん 小野町 C50/'80
※欠場されました


69. あきら 本宮市 C50
※欠場されました




a0279883_23424908.jpg
70. かぶよし 福島市 C50 ボアアップ、UPマフラー
「オフロードも楽しめるカブ」を目指しているかぶよしさん、前後キャリアが独特でカッコイイ! 可倒式ミラー、トレールタイヤ、UPマフラーが本当にOFF走ってる雰囲気を匂わせます。



71. くろさわ 八戸市 70カスタム
※欠場されました





a0279883_23425549.jpg
72. すーちゃー 南相馬市 JA10PRO/'16 パニア&トップケース、スクリーン、ナックルガード、弁当キャリア、etc.…
一見クロスカブのインチダウン版かと思いましたが実はJA10PROでクロスカブ化を実現、かなりの高積載ですがさすがはPROまだ余裕がありそう! 黒での統一感もGOOD!




a0279883_23461354.jpg
73. ゆーぱぱ 福島市 プレスカブ/'08 
「出来るだけ軽量化した山道アタック用のカブ」とのことで、フレーム以外の全てに手を加えられた通称"山カブ(ヤマカブ)"、ベース車両は'08プレスカブでFIエンジンをキャブレター110㏄へ換装、ブロックタイヤ、ナックルガード、可倒式ミラー、前後スタックベルト、アップマフラー、etc.…
山走りに特化させたカスタムで、ヘビーデューティーなプレスカブの使途としてはピッタリ!そしてこのセイシェルナイトブルーは山中にも映えるセクシーな塗色です(^^)



74. ※欠番




a0279883_23461739.jpg
75. ボッコレ親父 南相馬市 C70カスタム/'99 スクリーン、ハンドガード、グリップヒーター、補助灯、モナカマフラー、タケガワショック、Rボックス
稀少なC70カスタムの最終型!を快適ツーリング仕様へと手を加えておられます。




a0279883_23462727.jpg
76. ヨッシ 福島市 C90 F周りCD系、エンジンCD90、ワンオフキャリア、etc.…
純正パーツを使用したF周りテレスコ化のお手本カスタム、CD90エンジンを移植しハンドクラッチをそのまま使用可能にしています。CD90のギア比は程よくクロスしており、市街地~峠道を気持ち良く走られるミッションの筆頭、カブとCDのいいとこ取りのカスタム!


77. テッシン 本宮市 プレスカブ
※欠場されました




a0279883_23463203.jpg
78. たなか 棚倉町 スーパーカブ50ストリート/'19
受注期間限定のストリートの中でも数が少ないと思われるストリート50はかなりの稀少車両と思います。カスタム箇所については特になしとの事でしたが、スポークラップ、黒マフラーガードで足回りを引き締められています。サドルバッグとレザーの服装の相性もワイルドでイイ!



79. 71S 藤沢市 クロスカブ110/'18
※欠場されました


80. 塩分 郡山市 C50/'87
※欠場されました


81. タゲにゃん 小野町 C50
※欠場されました




a0279883_23463967.jpg
82. にょっん 川口市 C50カスタム/'97 プレスカブFキャリア、アップマフラー、Rショック、ダブルシート用キャリア、牛乳石鹸ボテ箱
稀少な牛乳石鹸の箱、Fキャリアには携行缶を搭載し重量バランスも良好、腹下アップマフラーひとつで一気にレーシーな雰囲気を醸し出しています。




a0279883_23464256.jpg
83. サトさん@カブ街ろまん 岩手県北上市 C125/'18
岩手県北上市で開催されるカブミーティング「カブ街ロマン」の主催者であるサトさん、ピカピカに磨き込まれたC125でのご参加です(^^)



84. くさまゆ 須賀川市 JA10/'17
※欠場されました




a0279883_23472988.jpg
85. 組ちょ。 つくば市 JA44_60th/'19 キャストホイール、ディスクブレーキ化、Rショック、ピリオンリート
一見ノーマルかと思いきやFディスク、キャストホイールなどかなりのカスタム!ご自身も還暦との事で60周年記念のカブと一緒にサイドカバーの「祝還暦」でお祝いされています(^^)




a0279883_23474438.jpg
86. さいとう 川俣町 JA07/'10
車体はシンプル、リアBOXはステッカーチューンと、JA07の素性の良さを活かして愉しまれています。




87. はるパパ 越谷市 JA10/'12
※欠場されました


88. はるママ 越谷市 JA44 60th/'19
※欠場されました




a0279883_23475802.jpg
89. まろん 大玉村 JA44/'18 武川ボンバーマフラー、旭風防シールド、メッキメーターリング、ホムセン箱、F旅キャリア、弁当キャリア、etc.…
今後はキャンプツーリングに備えたパーツを取り入れる予定のまろんさん、カブの持つイメージを保ちながらカスタムされています。フロントの旅キャリアや弁当キャリアは使い勝手が良さそうで私も検討しております。久々の大玉村人の登場に嬉しくなりました、今後ともよろしくお願いします(^^)



90. Dai900 茨城県石岡市 JA10クロスカブ
※欠場されました


91. 森口 高萩市 JA45くまモン/'19
※欠場されました




a0279883_23480513.jpg
92. 長官 会津若松市 JA07 125cc、i-map
静午前(注:静御前ではない)と命名されたJA07は、午前様に帰っても近所迷惑にならない所からのネーミングです。
エンジン中心に色々とカスタムされておりますが…やはり長官さんといえばDOHCを搭載した"マカブ"を連想する方が多いため、このJA07も超弩級のカスタムに邁進されることを期待してしまいます(^^)



93. IWANUMA BASE 宮城県岩沼市 JA10PRO
※欠場されました


94. KUMI 宮城県岩沼市 JA44 60th記念限定車/'19
※欠場されました


95. ロバ 江戸川区 JA10クロスカブ/'14
※欠場されました


96. 自宅警備隊 UETCHYさん 中野区 JA07/'09
※欠場されました


97. 芝の隆 品川区 JA07/'11 ディスクブレーキ化
※写真撮影漏れ失礼しました。ディスクブレーキ化と荷物が積めない完全遊び用カブとの事でした。


98. もう中 福島市 リトルカブ
※欠場されました




a0279883_23524948.jpg
99. 梶原 石巻市 C50 テレスコ化
一瞬CT110と見紛う完成度の高いカスタム、ベースがC50とは中々気付けません。
「結構良く走ります!」とPRポイント通り、一次側ハンドクラッチ、足回りチューニングなど、意のままの操作を重視したカスタム。様々なパーツを組合せながら自然に見せる加工技術はさすがです。





a0279883_23525759.jpg
100. かっしー父 茨城県龍ヶ崎市 JA44/'17
ノーマルとの事でしたが、Fバスケット&Rボックス、スクリーン、ハンドカバー等々、普段使いからロングツーリングまで快適に楽しめるカスタムが施されております。
純正タスマニアグリーンメタリックが美しい。




a0279883_23530908.jpg
101. かっしー母 茨城県龍ヶ崎市 JA44 60th/'19シーシーバー風ピリオンシート、インナーメッシュ、スクリーン
レッグシールドには"バイク好きおくさん"直筆と思われるカブ菌イラストが光ります!



102. ちゃっぷりん 須賀川市 JA44
※欠場されました


103. やしま 群馬県桐生市 リトルカブ/'07
※欠場されました


104. もーたん 郡山市 JA07/'11
※欠場されました




a0279883_23532501.jpg
105. 遠藤 仙台市 C50/'90
チョッパー風のカスタム、各部をブラックアウトし凄みのある雰囲気に。ベースはセル付エンジンとアンチリフト機構からC50カスタムと思われます。




a0279883_23532840.jpg
106. ケンジジ 郡山市 クロスカブ/'15 モリワキメガホン、東京堂スロットルボディ
ボスグレーメタリックのクロスカブはそれだけでメカニカルな雰囲気でカッコイイ、シンプルにカスタムされています。




a0279883_23534040.jpg
107. yoshidon 二本松市 リトルカブスペシャル/'98 88㏄、BVヘッド、PC20、90用マフラー
最近同じ色を見なくなったという20年前の限定車を大切に乗られております。見た目フルノーマルですが動力性能をバランス良く強化されています。




a0279883_23534981.jpg
108. うみこ 二本松市 ドリームスーパカブ125typeX シングルシート&キャリア、リアサス、スクリーン、Fブレーキ強化
ノーマルで速いというこの車両は、タイ生産のDream110-iをベースとした125㏄強化版。タンデムステップがフレーム付けだったり、シフトポジションインジケータが付く異国情緒溢れるモデル。





a0279883_23540500.jpg
109. 伊藤晴風 仙台市泉区 C50行灯/'77 スクリーン、Fキャリア、R大型キャリア
近県カブミーティング快適仕様との行灯カブはセンターチョークとなる後期型、鮮やかなフィールドグリーンはオリジナル状態を保っています。この年代のカブを大切に乗っているのってカッコいいと思います(^^)




a0279883_23541112.jpg
110. きくひろ 那須塩原市 クロスカブ110/'19 吸排気系、リアサス、etc.…
外見はナックルガードやメータバイザーでカスタム、鈍く光るエキパイが走りを期待させます。自作のギアポジションランプを装着されているとの事で是非見たかった!




a0279883_23543216.jpg
111. ちゅうたろう 大田原市 C50カスタム スクリーン、ナックルガード、KYBショック、etc.…
台風の影響を受け参加見送りの連絡を受けていたちゅうたろうさんですが駆けつけて下さいました。KYBショック、M35など通好みのカスタム。




a0279883_23571901.jpg
112. ぢょん 大田区 C125/'18 マフラー、リアボックス、ショック
純正風に塗装されたリアBOXが目を惹くC125、車両との一体感が出ています。アップタイプのマフラー、赤いスプリング、ソリッドなショートミラーなどのパーツを選択することでC125らしからぬレーシーさを演出されています。



113. Y子 船橋市 リトルカブスペシャル/'02
※ミーティングに向かう途中のマシントラブルにより残念ながら欠場されたと伺いました、今回で2度目とも…。次回こそは無事ご来場されます事を心よりお待ち申し上げます。


114. ヨシ 長井市 JA10
※欠場されました




a0279883_23572598.jpg
115. アルゴ 郡山市 C50カスタム/'90
これから見た目を変えていく予定との事で、レッグシールドカット、パワーフィルターに留めておられます。




a0279883_23573259.jpg
116. こばけん 郡山市 C50/'83 スプロケット変更
Rショックが長めになった初期のC50DXと思われます、無骨なエンブレムがカッコイイ!「純正ボディカラーと所々ある錆がいい感じの破れ感」が気に入っているとの事です。塗装の状態も良くまだまだ現役で活躍されますことを希望します!




a0279883_23573943.jpg
117. イットウ 二本松市 CM90/'64
OHV時代の最終期、スーパーカブの上位クラスとして登場したCM90、後の90系統の祖先となるモデルであり、C100系統との違いを明確にすべく"スーパー"の文字を冠しない「カブCM90」が正しい呼称。大きく立派な車台にC200系統のラージケースと呼ばれるエンジン、5.5Lタンク、太めのタイヤ等を装着、僅か1年でOHCエンジンを搭載したCM91型(こちらも希少車)へ移行するため現存数は極めて少ない。
オリジナル状態をしっかりと維持されております。良い物を見せて頂きました。




a0279883_23574335.jpg
118. 百豚(ひゃくとん) 仙台市青葉区 C70DX/'93 Fカビィサス、YSSショック、ウオタニコイル、元・秋田風防
自身のカブを「偉大なる日用品」とユニークな形容をする百豚さんの70DXは、形見分け以来大切に乗られているオンリーワンな一台です。
前回からの変更点としては…、マフラーがスラッシュカットタイプになったのと、風防のカタチが変わっている所かな? 塗色の「アドベンチャーブルーメタリック」は渋めのブルーで旅するカブに似合っています。




a0279883_23575585.jpg
119. たけのこ 仙台市泉区 CT110P/'11 エイプ用キックペダル、ヘッドライトガード、ブッシュバー、専用KYBショック、「郵政シートでお尻が痛くない」
CT110のポストオフィスモデルは国内仕様と同じ副変速を持たないタイプ、飛び出して高めの位置にあるメータ、大き目のサイドカバー、上下に薄めのテールランプなどが特徴、Fウインカーの位置もハンドルではなくヘッドライト側になるのですね。あまり流通していな希少なCT110です。カッコイイ!(^^)




a0279883_23581725.jpg
120. ケンケン 郡山市 JA44/'19 モリワキマフラー、アイリスBOX、オリジナルファッションバー、ナビ、ナックルガード
前回までは12インチ仕様の超カスタムオレンジカブで参加されていたケンケンさんですが、「安心してロングツーリングに行きたくて…」との事で増車されたそうです!NICEな判断だと思います(^^)




a0279883_23582392.jpg
121. サトウ いわき市 JA07
JA07後期型で一番人気のバージンベージュ、各所をバランス良くカスタムされています。赤いヘッドカバーがさり気なくてオシャレ!座り心地の良さそうなシートもロンツーの必需品ですね。




a0279883_23583836.jpg
122. ピカ 二本松市 AA04 マフラー、ボアアップ、ハイカム等
エンジン周りはタケガワフルカスタムというメーカー謹製チューンナップ、車体周りは黒で統一し、この迫力のシャークマウス!(もちろん左側も)、さながら米空軍F-4ファントム!




a0279883_23584501.jpg
123. aqua 福島市 JA45クロスカブ/'19 Rサス、風防、電源、Rボックス
「いじり過ぎないカッコ良さ」が身上のaquaさんのクロスカブ、カスタムパーツが主張し過ぎないよう、シンプル&スマートにまとめられています。





a0279883_00001563.jpg
124. 赤い稲妻 葛飾区 JA07PRO/'12 マフラー、エアクリーナー、エンジン、etc.…
珍しいカブPROのホイール17インチ化、どんな乗り味か興味が湧きます。鮮やかなレッドはプロ塗装でしょうか。





a0279883_00002569.jpg
125. かわいあつし 仙台市 JA45クロスカブ/'18 メーター、マフラー、アンダーガード、Rサス、スクリーン
エンデュランスのカスタムパーツを多用してまとめたという現行クロスカブ、このゴツいアンダーガードがあればOFFもイケそうです。



126. サンクラ 西東京市 C70DX/'92
※欠場されました


127. カニカマン 神奈川県大和市 JA07/'09
※欠場されました




a0279883_00003691.jpg
128. ろーりんぐ 郡山市、リトルカブ/'04 キタコキャブトンマフラー、センターバッグ、etc.…
「20歳の頃から乗っている相棒」との事で、ご自身はカブ歴7~8年の20代!
一通り手の加えられた黒/銀リトル、車体色を考えたパーツ選びでスッキリされています。センターバッグは一度使ったらやめられない便利さ(^^)





a0279883_00004240.jpg
129. Nao 会津若松市 C90カスタム Fフェンダー
「オリジナルのスタイルながら渋く」の想いでカスタムされているNaoさん、ベース車両はエンブレムとガード付マフラーから'98頃思われます。Fフェンダーを大胆にカット!





a0279883_00010055.jpg
130. 瑞古 町田市 Wave125i/'16 JWLサイレントマフラー、YOKOアルミリム(チューブレス化)、2ピストンキャリパー、キタコエアロバイザー(LEAD125用)
「純正のスタイルが好きなので崩さないようにカスタムしています」との瑞古さんが乗るのはWave125i(Helmet-in:※シート下にメットインスペース)、数あるカブ派生のバイクの中で最も進化した一台、強力な動力性能と高燃費、先進装備併せ持つ正に夢のカブ。そこから更に自分好みにカスタマイズされています。





a0279883_00010670.jpg
131. カタナ乗り 新潟県聖籠町 JA10/'16 カタナのメータバイザー、ナックルガード、バンクキャリア、Rボックス、etc.…
基本ノーマルのツーリング仕様との事でツーリング快適化カスタムをされています。





a0279883_00011257.jpg
132. 一風 千葉市 JA10/'12 ナックルガード、ベトキャリ、Rロングキャリア&ボックス
キャンプ用品を積んでもまだ余裕があるのは車格のあるJA10の成せる業。



133. しょうつき 立川市 C50カスタム/'02
※欠場されました





a0279883_00011832.jpg
134. だにお 仙台市 クロスカブ110/'17 ゴリラ燃料タンク、大型Rボックス、Fサイドボックス
「たくさん荷物を積んで (合計約100L収納)、たくさん走れる (航続距離約700km)」仕様との事です。タンクが違和感無く収まっており、Fサイドボックスと併せ低くかつ重厚な印象を作り出し、さながら重爆撃機といったイメージ。タンク下のスペースも有効活用。
補助灯にアンダーガード、アップマフラー、これは災害時に物凄く活躍してくれそう!




a0279883_00013920.jpg
135. SALT 宇都宮市 JA44/'18 武川キャプトンマフラー、クリアテール&ウインカーレンズ
「Simple is Best」が身上のライトチューン、Z2ミラー、ライトバイザーなど、基本を崩さないカスタムを愉しまれています。




a0279883_00015268.jpg
136. さかな 宇都宮市 JA07/'12 ナナカンパニーNA-01、ミニモトリアショック
「カブ歴0年0ヶ月と1日!」…という事は乗りたてほやほや? 最初のカブにJA07のベージュ、nana管を選ぶあたり素人とは思えません。エンブレムは現行型をペタっとされています。



ひとまず以上が事前エントリーされた皆さんとなります。(136台/217台中)
続きはまた後ほど…。

※記載誤り等ございましたらコメント欄よりご連絡をお願いします。



にほんブログ村



# by love_cub | 2019-11-24 00:15 | あだたらカブミーティング | Comments(13)

第8回あだたらカブミーティング/終了・御礼

2019年11月3日(日)、第8回あだたらカブミーティングは無事終了致しました。
a0279883_17555148.jpg
台風19号により中止となった10月13日より日程を変更しての開催でございました。改めまして被災されたました皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
また延期をしたことにより都合が合わず参加ができなくなりましたカブ好き皆さんにおかれましては誠に申し訳ございませんでした。


a0279883_17562212.jpg
エントリー総数は217台を数え、過去最高となりました(ただし、事前エントリーの方54人が来られませんでしたので、実際に会場に来られたのは163台でございました)。北は青森県、西は滋賀県よりご参加頂きました。
当日の早朝の気温は5℃と、冬を思わせるほど冷え込みました、未明より福島県大玉村に向かわれた皆さんは本当に過酷な条件下での走行であったと思います。

a0279883_17574424.jpg
そんな皆さん一人ひとりがの想いが集まって、このミーティングが成立しております。そんな想いをしてわざわざ大玉村に集まり、会場を盛り上げてくれる根っからのカブ好きの方々ですので、終始和やかな雰囲気で終えることができました。


a0279883_17565951.jpg
本ミーティングが皆さんの交流の場となることができたとしたら幸いでございます。


チャリティーバザーにつきましても、皆さんより善意のお品のご提供が多数ございました、誠にありがとうございます。
また、バザーの趣旨をご理解のうえ寄付の気持ちを込めて購入をして頂きました皆さんにおかれましてもありがとうございます。
バザー収益額は過去最高の64,169円となりました。こちらにつきましては、運営費用を差し引いた額を未来のライダーのためにという事で現時点では一時預かりというカタチを取らせて頂きます。



ミーティングにおかれましては皆さん最後まで秩序ある行動をありがとうございました。
a0279883_17571649.jpg
本日、改めて会場の点検及び清掃をしましたが、ゴミや吸い殻などは一切ございませんでした。
また、ミーティング中においては「エンジンOFF」&「押し歩き」を一人ひとりが気に掛けて頂き遵守して下さいました。通りかかった人々からはカブを愉しむ大人の集まりとして認識されたと感じております。

また、当日は早朝よりお手伝いを頂きました皆さん誠にありがとうございます。
おかげでスムーズに会場設営&撤収ができました、ここに改めて感謝申し上げます。


当日の内容は徐々にこのブログ上に掲載して参りますので気長にお待ちいただければと思います。
a0279883_17560814.jpg
最後まで皆さんに支えられたミーティングとなりました、ご支援・ご協力、誠にありがとうございました。 

あだたらカブの会 一同


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ

# by love_cub | 2019-11-04 18:36 | あだたらカブミーティング | Comments(16)

第8回あだたらカブミーティング/当日の流れ

第8回あだたらカブミーティングの、当日の流れについて記載致します。


とき:2019年11月3日(日)10:00~
場所:大玉村ふれあい広場
参加、入場料:無料


スケジュール目安
9:00 受付
10:00 開会宣言
10:45 チャリティバザー
12:00頃 閉会

300 m
  • 地図
  • 航空写真
  • 地下街


a0279883_07080396.jpg






≪受付について≫

★カブで参加の方 ※カブで来たが見学のみも可能です。その際は受付不要です、「★見学でお越しの方」項目を参照下さい
①受付をする
②ステージパネル前で愛車撮影
③車両を駐車する(到着順に所定の場所へ停めて下さい)
④バザーのお品(賛同いただける方)のご提供 ※強制ではありません


★見学でのお越しの方
・受付なし →上図を参照頂き、広場内の駐車区画へ停めて下さい。
※直売所側の駐車場(アスファルトの箇所)への駐車はご遠慮下さい。



≪バザーについて≫
バザーの品は無償提供とし、収益金はミーティング運営経費を除き「未来のライダーたちへの投資」という趣旨にご賛同頂ける方をもって実施します。

・カブ好きバイク好きが興味を示すようなお品をお願いします。※明らかな不用品は受付致しません
・カブに積んで帰られる程度の物をお願いします。
・ヘルメットやウェア等、直接肌に触れるお品は、未使用又はクリーニング済みの物でお願いします。
・落札にならなかった場合の返品は致しません。
バザー品の提供が参加要件ではございません、廃品ではなく自分は使用しないが利用価値はある品、困ったときはお互いさまの気持ちでご提供お願いします。



現在までのバザー及び運営費の収支について
第2回ミーティング時(この時がバザー初開催)
収益 56,598円
経費  8,934円(印刷、番号札、ステージパネル製作費用等)
差引 47,664円 →日本赤十字社の東日本大震災義援金と、大玉村社会福祉協議会へ、それぞれ23,832円ずつ募金

第3回ミーティング時
収益 44,685
経費 19,971(番号札、ステージパネル製作費用、ミネラルウォーター、雑費等)
差引 24,714 (残額:24,714

第4回ミーティング時
収益 38,670
経費 22,911(番号札、ステージパネル製作費用、ミネラルウォーター、雑費等)
差引 15,759 (残額:40,473

第5回ミーティング時
収益 13,670
経費 29,115(番号札、ステージパネル製作費用、ミネラルウォーター、音響機器、雑費等)
差引 △15,445 (残額:25,028

第6回ミーティング時
収益 17,510
経費 40,969(番号札、ステージパネル製作費用、ミネラルウォーター、音響機器、雑費等)
差引 △23,459 (残額:1,569


第7回ミーティング時
収益 44,458
経費 26,510(番号札、ステージパネル製作費用、音響機器、雑費等)
差引 17,948 (残額:19,517

※賛同されます方、あらためましてバザーへのご協力をお願い申し上げます。



エントリーの条件禁止事項等については、こちらの記事の後半部分「↓参加される方は必ずお読み下さい~」以降をご参照願います。

念のため…抜粋です

≪お願い及び禁止事項≫
・会場の芝生内ではエンジンOFF、押し歩きをお願いします。
 ※理由なき空ぶかし、周りの方に威圧を与える行為等につきましては、退場及び出入禁止とさせて頂きます
・喫煙は指定された場所(トイレ及び直売所脇等)のみとし、吸い殻のポイ捨ては絶対にしないでください。
・本会場での許可なき販売行為、宣教活動、他ミーティングの開催は硬くお断りします。


あだたらカブミーティングは参加者相互の交流の場です。カブ好きが集まりお互いのカブをリスペクトし合う、そんな素敵な時間と場所の提供を第一と考えております。
こちらで取り立ててイベント的な催しは用意してございません。また参加記念品もございません。このため純粋にカブが好きという方以外には全く楽しめない内容であります事をご了承のうえでご参加をお願いします。
唯一ミーティング参加の証として写真を撮影をさせて頂き、それを本ブログ上で掲載するという形式をとっております。※こちらにつきましては承諾頂けない場合は撮影若しくは掲載は致しませんのでお申し出下さい。
運営につきましてはできる限りの事は致しますが、参加される皆さんの自主的な行動により秩序が保たれているところが大きいです。この点につきまして誠に感謝に堪えません。このミーティングの開催を通じてスーパーカブの魅力を通りかかった一般の方にも認識してもらうことができるよう、カブが社会に優しい乗り物であることを分かってもらえるよう、あらためて皆さんのご協力をお願い申し上げます。


当日参加される皆さま、どうぞお気を付けてお越しください。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


# by love_cub | 2019-10-30 07:00 | あだたらカブミーティング | Comments(2)

スーパーカブ110(JA07)/塗装完了

スーパーカブ110(JA07型)の"DX仕様"の塗装作業が完了しました。

a0279883_02023090.jpg
前回からの変更…としては、サイドカバーのクリア厚塗り&コンパウンド磨きです。



a0279883_02023794.jpg
塗装面の柚子肌もほぼ解消しました。



a0279883_02022474.jpg
実はキャリア類を更新しました。
・Fキャリア …ステンレス製(アウトスタンディング)
・センターキャリア …(〃)
・Rキャリア …JA07郵政カブ用(ベスパンさんより頂きました)





また、細かい所ですがこんなパーツも交換をしております。


ステップゴム
a0279883_02032230.jpg
ステップゴムはJA07純正(下側、袋に入っているほう)も取り寄せたのですが、鉄カブ用(上側)のほうがレトロでしっくり来るのでそちらを採用しました。




ジェネレータカバーのキャップ(真ん中の大きいほう)を交換しました。
a0279883_03463836.jpg
JA07純正は大きなマイナスドライバーみたいなモノで回すようになっていますが、なかなかこのサイズのドライバーやコインはなく、回す時にナメってしまい苦労した(最終的にタガネの要領でショック与えて回しました)ので、JA10以降の六角レンチで回すタイプに変更しました。

a0279883_03464647.jpg
サイズはどちらも30ミリで問題ありません。
a0279883_03560882.jpg
同時にパッキンも交換しました。

a0279883_03465336.jpg
取り付けは六角レンチ(10ミリ)でしたが、手持ちが8ミリまでしかありませんでしたので、新たにソケットのコマを買い足しました(^^;)
そう考えるとマイナスのほうが良かったのでは?とも思いました、確かにマイナスキャップのほうがJA07らしくて良かったかもしれませんが、確実に回せることを考えるとこちらのほうが良いと思います。

a0279883_03470205.jpg
取り付け完了、目立たない感じになりました。




a0279883_02023090.jpg
これにてひとまずDX化は完成、今後はメンテした腰上(ピストン交換、自家製ホーニング)の調子を見ながらインプレを続けて行きたいと思います。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


# by love_cub | 2019-10-30 06:00 | カブメンテ | Comments(0)

スーパーカブ110(JA07)/クリア塗装修正

自家塗装にて"C110DX"化したスーパーカブ110(JA07)のクリア塗装の厚塗りをすることにしました。

a0279883_02075977.jpg
前回、YMCF Cubサミット2ndにてお披露目した際(↑上の状態↑)は、時間が間に合わずウレタンクリア2回塗りまででした。

a0279883_02111987.jpg
これはこれで近づかなければあまり分からないのですが、この距離でも"柚子肌"であることが分かりますし…


a0279883_02120343.jpg
隣に手本とした鉄カブ(C70DX)を並べるとこのとおり、塗膜の深みが違うのです。
奥の鉄カブの塗装を100点とすると、30点といったところです。

これを解消すべく、
・2回塗り →4回塗り
・塗りっ放し →コンパウンド仕上げ
の工程を実施することにしました。

a0279883_02244357.jpg
使用したのは「SOFT99 ボデーペン ウレタンクリアー」です。2液性のプロ塗装が手軽に再現できます。
本気の塗装の時は今まで板金屋さんに頼んでいましたが、今回はスキル向上と手間は掛かりますが安く済ませる為に自家塗装をしています。
このウレタンクリア1本で、JA07のサイドカバー左右でしたら3回ギリギリ塗られるくらいです。



早速、脱脂をし、前回の2回塗りの塗装の上に塗り重ねたところ…

a0279883_02174197.jpg
なっ、なんと、かなりの柚子肌に…。
この時点で心が折れ、拭き取ってしまおうという衝動に駆られましたが、グッとこらえました。
原因としては、脱脂が完璧ではなかったのだと思います。油分が残っていたことにより、クリアを弾いてしまったと考えられます。リカバリーするにはペーパーを掛けて均すしかない…。


a0279883_02174709.jpg
3日後、完全に硬化したところでペーパー#1500を掛けました。
1~2層目のクリアまで部分的に削ったと思います。色の塗装面とステッカーには到達しないよう慎重に水研ぎしました。
この時点では振り出しに戻った気持ちで不安がいっぱいでした。



a0279883_02180068.jpg
上記のペーパーをあてた状態から、3回塗りました。
さすがにクリアの乗りも良く、厚みのあるクリア層ができました。
なお、邪道ではありますが、私はこのウレタンクリアを吹くときは垂れる寸前まで追い込みます。表面張力で濡れて艶々になる状態まで(ホントに垂れ注意!)もって行くのです。本当は薄塗りで塗り重ねるのがセオリーですが、この2液性クリアに関しては、薄塗りだと粒子がいつまでも残ってしまい一体感が出ないイメージがあります。後述の磨き作業の容易さにも差がでます。(場合によっては磨かなくともある程度の仕上がりになるため、ズボラな仕上げも可能)


今回はコンパウンドで磨いてみました。

a0279883_02180644.jpg
まずは3000番で磨いたところです、この状態でもかなりの平坦性が出ました。



a0279883_02192304.jpg
続いて7500番で磨きが完了したところです、照明の違いで比較がし難いですが、更に艶が増しました。



a0279883_02194760.jpg
最後に9800番で磨いたところです、3000番と比べると明らかに艶が出ました。

磨き作業はこれにて完了、一時はどうなる事かと思った塗装失敗ですが、なんとかリカバリーできてホッと一安心です(^^)




続いてエンブレムの貼り直しをしました。

a0279883_02201826.jpg
実は前回貼った時、曲げ加工がいま一つで端が浮いていたので、ドライヤーで暖めながらサイドカバーの曲面に沿うように曲げました。(やけど注意!)


a0279883_02202408.jpg
曲げ完了後、両面テープを貼ります。
これは経験上、一枚物で貼ると強度が増します。



a0279883_02203126.jpg
サイドカバーの貼付け面をブレーキクリーナーで脱脂後、ペタッと貼り付けました。今度は端っこが浮いて引っかかることが無くなりました。


以上、品質向上という名目の"究極の自己満足"のための地味な作業でございました。







# by love_cub | 2019-10-25 01:00 | カブメンテ | Comments(0)